トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 遺跡トピックスNo.0268日本最古級のウマ-塩部遺跡(しおべいせき)〔甲府市〕

更新日:2016年2月25日

ここから本文です。

遺跡トピックスNo.0268日本最古級のウマ-塩部遺跡(しおべいせき)〔甲府市〕

甲府市の遺跡

(甲府城関連・曽根丘陵公園を除く)

  • 0016岩清水遺跡-古式須恵器-
  • 0042円楽寺-六角堂-
  • 0044円楽寺-六角堂石塔群
  • 0197円楽寺-行者堂と富士山-
  • 0061富士見一丁目遺跡-田んぼ-
  • 0361富士見一丁目遺跡-プラ箱-
  • 0086山梨の遺跡展2007特集-
  • 0087山梨の遺跡展2007特集-
  • 0140榎田遺跡-壷型土器-
  • 0205榎田遺跡-スプーン状土製品-
  • 0255榎田遺跡-装飾器台-
  • 0321榎田遺跡-甑-
  • 0152八幡神社遺跡-発掘調査速報-
  • 0162八幡神社遺跡-発掘調査速報2-
  • 0191八幡神社遺跡-整理調査速報-
  • 0207八幡神社遺跡-整理調査速報2-
  • 0223八幡神社遺跡-整理調査速報3-
  • 0185米倉山B遺跡-須恵器-
  • 0222米倉山B遺跡ー「貸泉」-
  • 0309米倉山B遺跡-二重口縁壺-
  • 0187上野原遺跡-古道‘中道往還’-
  • 0393上野原遺跡-水煙土器
  • 0238音羽遺跡-転用硯-
  • 0266音羽遺跡-磨製石鏃-
  • 0246菖蒲池遺跡-弥生時代のお墓-
  • 0021塩部遺跡-人形木製品-
  • 0268塩部遺跡-日本最古級のウマ-
  • 0381塩部遺跡-戦争遺跡-
  • 0383県指定史跡加牟那塚古墳
  • 0402大坪遺跡-調査速報-
  • 0411久保田・道々芽木遺跡-

672年に起きた壬申の乱では「甲斐の勇者(かいのゆうしゃ)」という騎兵が登場したり、720年頃に書かれた『日本書紀』には「甲斐の黒駒(かいのくろこま)」として朝廷に良馬を献上していたと記載されているなど、古代から名馬の産地として知られていた山梨県。

さらに武田信玄が率いて戦国時代最強と恐れられた「武田騎馬隊(たけだきばたい)」と、山梨県とウマの関係って古くて深いものだったんですね!

今週のトピックスは、そんな山梨県とウマのルーツについて少し触れてみたいと思います。

遺跡トピックスNo.0268日本最古級のウマ

文献資料によると3世紀末に書かれた『魏志倭人伝(ぎしわじんでん)』(280~290年頃)には、3世紀末の日本にはウマ、ウシ、ヒツジなどはいないと記録されています。この記録が正しければ3世紀末以前にはウマはいなかったことになり、現在ではウマは大陸から北九州地域へ持ち込まれたとする説が有力です。

考古学的資料としては4世紀になると馬具(ウマにつけた飾り具)などが見つかり、古墳時代になるとウマは軍事力と権力を示すものとして、権力者が所有するようになったと考えられています。

山梨県では『日本書紀』の記載(文字史料)だけではなく、実際の存在する考古遺物として「日本最古級(古墳時代前期後半・4世紀後半・古墳時代前期第3四半世紀)のウマ」が甲府市塩部遺跡の方形周溝墓(溝を四角形に掘り、その内側に土を盛って作られたお墓)から出土しています。

ちなみに日本の土は“酸性土壌(さんせいどじょう)”であり、古い時代の有機物(骨や木材など)が残りにくい特徴があります。では、なぜそんな悪条件下でも塩部遺跡のウマは現代まで残ったのでしょうか?

答えは、水分を多く含んだ湿地だったからと考えられています。

湿地や井戸跡など遺物の周りを水が密閉する状態だと土に分解されにくいのです。下の出土状況写真を見ると、土が湿っているのがわかります。

さらに歯の表面はエナメル質でできていて人間でも動物でも体内で一番かたい部分であり、骨よりも歯の方が残る確率が高くなるのです。

これらの偶然が重なった結果、現代にまで消失することなく残ったのです!

shiobe_uma

〈写真左:ウマの上顎歯合計12本〉〈写真右:4世紀後半の遺物とウマの下顎歯合計10本〉

分析の結果から体高(脚の先から肩までの高さ)が約125cmと、当時としては大きなウマであることが推定され、歯の摩耗が少ないので若くて大きな良馬が埋葬されたことが判明しました。

このウマの歯は上のあごの歯と下のあごの歯に分かれていますが同一個体であり、噛み合った状態から土に埋まっていく過程で離れた可能性が高いことがわかりました。そして1本だけの遊離歯(離れた状態の歯)だと後世の混ざり込みの可能性がありますが、塩部遺跡のように上顎歯12本(左右の第2前臼歯~第3後臼歯)と下顎歯10本(左右の第3前臼歯~第3後臼歯)とまとまった状態で出土しているので、後世の混ざり込みの可能性が極めて低いことが、塩部遺跡のウマが年代が正確な「日本最古級のウマ」の出土例とされる最大の根拠になりました。

遺跡名:塩部(しおべ)遺跡

所在地:山梨県甲府市塩部

時代:弥生時代後期~古墳時代前期、奈良・平安時代

調査機関:山梨県埋蔵文化財センター

報告書:山梨県埋蔵文化財センター調査報告書第123集塩部遺跡1996年発行

塩部遺跡に関するトピックス→No.0021

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

 

 

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について