トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0245唐松遺跡

更新日:2017年5月17日

ここから本文です。

遺跡トピックスNo.0245唐松遺跡で見つかった「炉」のない家

甲斐市の遺跡

0218金の尾遺跡-土偶-
0228金の尾遺跡-紡錘車-
0273金の尾遺跡-4号住居-
0398金の尾遺跡-県内最古のガラス玉-
0245唐松遺跡-炉のない家-
0363唐松遺跡-炉と土偶-
0253竜王2号墳-馬具にみる古代の技術-

0245-03

この写真は、唐松遺跡3号住居跡です。地面を掘りくぼめてつくられた家の内側に、7つの大きめの穴があります。この穴は、柱があったと考えられるものです。縄文時代中期後半の家の跡ですが、この時期の家には、ほぼ中央に石囲炉(いしがこいろ)をつくるのが一般的です。

しかし、この3号住居跡には炉がありませんでした。

唐松遺跡(からまついせき)

0245-01

遺跡名唐松遺跡(からまついせき)

所在地山梨県北巨摩郡双葉町宇津谷(現)甲斐市宇津谷

調査の原因山梨県住宅供給公社による宅地開発事業

発掘調査平成4年(1992)11月4日から12月24日

平成5年(1993)5月6日から平成6年(1994)1月9日

調査面積約7,000平方メートル

遺跡の標高380m前後

報告書山梨県埋蔵文化財センター調査報告書第111集唐松遺跡

唐松遺跡は、双葉唐松団地建設事業に先立って発掘調査されました。遺跡の内容は、縄文時代中期の家の跡11軒と土坑100基が見つかりました。

今回紹介するのは、3号住居跡と4号住居跡が重なり合った家の3号についてです。

唐松遺跡3号住居跡について

3号住居跡の時期は、縄文時代中期後半で、今からおおよそ4000年前のものです。家の形は楕円形をしたもので、長径8m、短径約6.5m、深さは35cm程度で、炉は見つかっていません。

柱の穴は7本で、ほぼ円形に配置されています。家の北側そして西側の5本の柱の穴は壁に近寄っています。柱の穴の直径は最も大きなもので70cm、最も小さいものは50cmです。床面からの深さは深いもので50cm、浅いものでは10cm程度です。

0245-06

唐松遺跡4号住居跡について

4号住居跡の時期は、縄文時代中期初頭で、形態は円形の家です。家の直径は5.4m、深さは35cm、炉は家の中央に深鉢形土器を埋め込んでつくられています。

0245-04

家に「炉」がない?

唐松遺跡で見つかった家の跡は11軒ありますが、3号住居跡がつくられた中期後半の家は、この1軒だけしか見つかっていません。調査区外に存在している可能性もありますが、それよりも炉のない家がこれしかないというのも不思議です。

さて、炉のないこの住居は、家といえるのでしょうか?私たちの家には台所があり、炉ではないのですがガスコンロを使って煮炊きをしています。もし、このコンロがなかったとしたらまるでバンガローのようです。

このバンガローには、台所がついていませんからコンロはありません。寝泊まりするだけの家ですから、煮炊きをする場所は屋外です。今なら屋根付きの台所がありますが、縄文時代の頃はどのようだったのでしょうか。雨が降っている日は、食事を抜いていたのでしょうか。

それともご近所に行って一緒に食事をとっていたのでしょうか。

 

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について