トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0361プラ箱でつくったお米の量と県内の最も小さな区画された水田

更新日:2015年12月14日

ここから本文です。

遺跡トピックスNo.0361プラ箱でつくったお米の量と県内の最も小さな区画された水田

 

甲府市の遺跡

(甲府城関連・曽根丘陵公園を除く)

  • 0016 岩清水遺跡-古式須恵器-
  • 0042 円楽寺-六角堂-
  • 0044 円楽寺-六角堂石塔群
  • 0197 円楽寺-行者堂と富士山-
  • 0061 富士見一丁目遺跡-田んぼ-
  • 0361 富士見一丁目遺跡-プラ箱でつくったお米の量と県内の最も小さな区画された水田-
  • 0086 知ろう山梨の歴史!山梨の遺跡展2007特集-
  • 0087 知ろう山梨の歴史!山梨の遺跡展2007特集-
  • 0140 榎田遺跡-壷型土器-
  • 0205 榎田遺跡-スプーン状土製品-
  • 0255 榎田遺跡-装飾器台-
  • 0321 榎田遺跡-甑-
  • 0152 八幡神社遺跡-発掘調査速報-
  • 0162 八幡神社遺跡-発掘調査速報第2弾-
  • 0191 八幡神社遺跡-整理調査速報-
  • 0207 八幡神社遺跡-整理調査速報2-
  • 0223 八幡神社遺跡-整理調査速報3-
  • 0185 米倉山B遺跡-山梨最古の須恵器-
  • 0222 米倉山B遺跡ー「貸泉」-
  • 0309 米倉山B遺跡-二重口縁壺-
  • 0187 上野原遺跡-古道‘中道往還’-
  • 0393 上野原遺跡-水煙土器
  • 0238 音羽遺跡-転用硯-
  • 0266 音羽遺跡-磨製石鏃-
  • 0246 菖蒲池遺跡-弥生時代のお墓-
  • 0021 塩部遺跡-人形木製品-
  • 0268 塩部遺跡-日本最古級のウマ-
  • 0381 塩部遺跡-山梨県内の戦争遺跡-
  • 0383 県指定史跡加牟那塚古墳-古墳のデータと石室-
  • 0402 大坪遺跡-調査速報-
  • 0411 久保田・道々芽木遺跡-
 

0361稲01

プラ箱でこんなに稲が育ちました

(写真は埋蔵文財公開活用事業の稲刈り体験の様子です)

稲刈りは、石包丁を使って穂首刈り(ほくびがり)で行いました。

プラ箱で稲ができるまでの記録

平成24年

5月8日 プラ箱に入れる土を確保し、プラ箱に詰める。

6月7日 プラ箱に水を入れ、土を安定させる。

6月8日 プラ箱に稲の苗を5本ひと束で箱の長い方に4か所、計8か所に植える。

0361稲02 0361稲03

(写真左は、6月13日 写真右は6月25日の稲の成長状況)

17日間で、こんなに育ちました。毎日水をあげて、肥料もあげました。

0361稲040361稲05

(写真左は、7月6日 写真右は7月18日の稲の成長状況)

7月6日 今年は暖かかったせいか、稲はすくすくと延びこんなになりました。

成長してくると、水を吸い上げる力が増えて、水が不足がちになりました。

毎朝、水を入れました。

田んぼでしたら、水を取り入れる口から豊かな水が入ってきますが、プラ箱だと水が淀(よど)んでしまいます。

そこで、数日が過ぎた頃、プラ箱の中の水をこぼして新しい水を入れてあげました。

7月18日 プラ箱に隙間なく、稲は更に延びました。プラ箱の高さよりももっと育ちました。

初めてプラ箱に苗を植えてからこの間、肥料を2回ほどまきました。

午前中は写真の場所だと木の影になってしまうので、日当たりのよい場所へ移動しました。

毎日水をあげ、よく見ると田んぼの中に生えている草なども出てきました。

7月下旬ころには、土用干しもしました。

0361稲060361稲07

(写真左は8月8日、 写真右は8月22日撮影)

8月8日 スズメに食べられないように、稲に網をかけました。

でも、その必要はありませんでした。この周辺にはスズメがいませんでした。

台地上の周辺では、網をかけているところはほとんどありませんでした。

しかし、台地の下では網をかけているところがありました。

中には、田んぼの周辺だけ糸を巡らせていた田んぼもありました。

その理由は、田んぼの一番端は何もないためスズメが飛びながら稲の粒を食べてしまうからなのだそうです。

この頃になると、稲の葉にくるまって虫が入ってきます。そしてバッタは草につかまって上手に葉っぱを食べます。

上の写真左は、24箱のプラ箱で育てている稲の状況です。

8月22日 稲は、プラ箱からはみ出て、根はしっかりと張っています。

あまりうれしいことではありませんが、稗(ヒエ)も元気に育っています。

0361稲080361稲01

(写真左は8月22日 稲の花が咲いた 写真右は9月30日 稲刈り体験の様子)

お米の収穫はどれくらい?

さて、お米はどれくらい収穫(しゅうかく)があったのでしょうか

籾(もみ)で4.3kg採れました。これを精米(せいまい)にかけたら何と3.2kgになりました。

3200gをプラ箱24箱で割ると、1箱で133g実りました。この数字が多いのか少ないのかはわかりませんが、6月~10月下旬まで5カ月かけて、プラ箱米をつくりました。


  富士見一丁目遺跡は弥生時代末~古墳時代初頭の遺跡ですが、このプラ箱水田よりも小さいですからお米がとれる量も少なかったものと思われます。

ですから、このプラ箱でつくったお米は結構貴重なお米だと思います。

皆さんもご飯を食べる時は、一粒残さずにお米を食べていただきたいなと思いました。

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について