トップ > 県政情報・統計 > 知事 > 前進!やまなし こんにちは。知事の長崎です。 > 知事の動き > 火山灰堆積時における車両走行等の体験事業~火山灰の上を走ったらどうなるか~

更新日:2021年11月4日

ここから本文です。

火山灰堆積時における車両走行等の体験事業~火山灰の上を走ったらどうなるか~

画像1

画像2

令和3年11月4日(木曜日)午後1時30分~富士北麓公園大駐車場

改定版富士山ハザードマップでは富士山噴火による被害想定がこれまでと大きく変わったことを踏まえ、県民の皆様に富士山噴火によるリスクを正しく理解してもらい、避難行動を検討するきっかけにつなげていただけるよう、本日、火山灰堆積時における車両走行等の体験イベントを開催しました。長崎知事は「富士山噴火の防災対策推進には、噴火リスクを正確に知ることが何より重要となります。特に、火山灰が堆積した道路では車両スタックにより、走行への著しい制限が想定されます。皆様には火山灰による車両走行への影響を実際に体験いただき、今後の防災対策に反映いただければと存じます。県では、現在、避難計画の改定作業を行っており、今回のイベントにより得られた知見についても、しっかり反映させていきたいと考えております。」と話しました。

山梨県ロゴマーク