トップ > 新型コロナウイルスワクチンの円滑な接種に向け、長崎知事と市町村長が意見交換~知事と市町村長の意見交換会を開催~

更新日:2021年2月10日

ここから本文です。

新型コロナウイルスワクチンの円滑な接種に向け、長崎知事と市町村長が意見交換~知事と市町村長の意見交換会を開催~

知事画像20210210_12

知事画像20210210_11

令和3年2月10日(水曜日)午後4時30分~ 特別会議室(オンライン会議)

現在、新型コロナウイルスワクチン接種の準備が進んでおりますが、本日、長崎知事は山梨県内の市町村長の皆様とのオンライン会議を開催して、ワクチン接種に関する意見交換を行いました。まず、長崎知事から県の支援内容について説明。先日協定締結したシミックホールディング株式会社と連携した支援をはじめ、「地区協議会」の立ち上げや、高齢者のワクチン接種機会の確保に向けた支援、また、ワクチン接種に携わる皆様の優先接種について国に要望したことなどを説明しました。市町村長の皆様からも「ワクチンの供給量や供給時期など情報が不足」「地域によっては医療スタッフの確保が厳しい」「副反応に対する専門的な相談への対応」など、様々なご意見をいただきました。長崎知事は「問題意識を共有することができました。ワクチン接種が円滑に進めるよう、県としても最大限の支援をして参ります」と述べました。

山梨県ロゴマーク