トップ > 県政情報・統計 > 知事 > 前進!やまなし こんにちは。知事の長崎です。 > 知事の動き > あらゆる可能性を応援する山梨を目指し、県庁の総力の結集を~令和3年 年頭庁議~

更新日:2021年1月12日

ここから本文です。

あらゆる可能性を応援する山梨を目指し、県庁の総力の結集を~令和3年 年頭庁議~

知事画像210112_12

知事画像210112_11

令和3年1月12日(火曜日)午前11時~ 正庁(県庁別館)

本日、令和3年最初の庁議が開かれ、長崎知事は集まった部局長に対して新年の挨拶をしました。挨拶の中で知事は「現在、本県だけでなく、日本全体が極めて厳しい局面を迎えています。ワクチン班の設置を含め、県庁全体に負荷がかかりますが、皆で踏ん張って、この困難を打破していきたい。今一度、感染対策の徹底をお願いします」と感染症対策に危機感をもって対応するよう述べるとともに、「今年の県政のテーマは『高付加価値化』を掲げたい。職員一人ひとり、県政に、県民にどのような価値を提供し、貢献ができるのか、今一度見つめ直していただき、ウィズコロナ・ポストコロナ時代の行政需要に対応していただきたい。あらゆる可能性を応援する山梨を目指して皆さんの総力を結集し、山梨の可能性が最大化するようチャレンジしていただきたい」と述べました。

県ロゴ