トップ > 県政情報・統計 > 知事 > 前進!やまなし こんにちは。知事の長崎です。 > 知事の動き > 富士山噴火を想定し、テレビ会議を活用して関係機関との情報共有を確認~県災害対策本部及び県現地対策本部との連携・情報共有訓練~

更新日:2020年10月31日

ここから本文です。

富士山噴火を想定し、テレビ会議を活用して関係機関との情報共有を確認~県災害対策本部及び県現地対策本部との連携・情報共有訓練~

知事画像20201031_11

知事画像20201031_12

令和2年10月31日(土曜日)午前10時~ 防災新館会議室

県、富士山周辺の市町村及び防災機関における富士山噴火に関する情報伝達をはじめ、現地本部の設置、実動避難の訓練の実施など、現地体制の確立に資することを目的とした富士山噴火を想定した訓練が30日、31日の2日間実施されました。本日の訓練には長崎知事も参加し、テレビ会議を活用した現地対策本部との対応状況の情報共有などについて確認を行いました。甲府気象台、富士山科学研究所の報告をはじめ、現地対策本部の若林副知事から状況報告を受けると、県・市町村・関係機関の連携をはじめ、観光客等に対する必要な情報発信、広域避難への対応や避難行動要支援者への支援など、テレビ会議を活用して指示を行いました。