トップ > 観光・魅力 > 観光情報 > おもてなしのやまなし観光振興条例

更新日:2016年8月23日

ここから本文です。

おもてなしのやまなし観光振興条例

おもてなしやまなしおもてなしのやまなし観光振興条例を制定しました。

おもてなしのやまなし観光振興条例につきましては、平成23年4月より「おもてなしのやまなし観光振興条例検討委員会」において検討を行ってまいりましたが、平成23年11月議会での議決を経て、平成23年12月22日に公布され即日、施行されました。


 

おもてなしのやまなし観光振興条例の本文及び概要

条例の目的とは

地域への誇りと愛着に基づくおもてなしを県民総参加により推進し、旅行者がやすらぎと感動を覚え、再び訪れたいと思う魅力ある地域づくりを進めること等により県の観光の振興を図り、もって観光産業が県の基幹的な産業として発展することを通じて、県経済の発展及び活力に満ちた地域社会の実現に寄与することを目的としています。

(条例第1条)

条例に規定されている「おもてなし」とは

旅行者の立場に立って、次に掲げる行為により旅行者をもてなすことを言います。

  • 温かな心配りによる接待
  • 地域の良好な景観の形成並びに施設の整備、適切な管理等による旅行者の安全性、利便性及び快適性の確保
  • 地域の特産物の活用並びに歴史的又は文化的資産の保存及び活用

(条例第2条)

観光を振興する上での基本理念とは

1.観光振興は、「おもてなし」が重要

観光の振興は、県民等が地域に対する理解と関心を深め、誇りと愛着を持ち、おもてなしを実践することが重要であるという認識で推進

2.観光振興は、県民総参加により推進

観光の振興は、県民、観光事業者、観光関係団体、市町村及び県が相互に連携をとりながら協力して推進

3.観光振興は、県経済の発展のために重要

観光の振興は、多様な産業が関連するものであり、県経済の発展のために重要であるという認識で推進

4.人材の育成が重要

観光の振興は、人材の育成が重要であるという認識で推進

5.持続的な観光の振興の実現が重要

観光の振興は、持続的な観光の振興の実現のため、良好な自然環境、景観、文化的資産等の保存・保全が重要であるという認識で推進

6.安全・快適の視点が重要

観光の振興は、UDを推進すること等により、全ての旅行者が常に安全・快適に旅行できるよう配慮することが重要であるという認識で推進

 

 

おもてなしやまなし!ホームページはこちら

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光部観光企画課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)3776   ファクス番号:055(223)1574

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について