トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0048鰍沢河岸跡(口留番所跡)

更新日:2017年6月22日

ここから本文です。

遺跡トピックスNo.0048鰍沢河岸跡(口留番所跡)

富士川町の遺跡

  • 0005鰍沢河岸跡-泥めんこ-
  • 0025鰍沢河岸跡-礎石建物跡・井戸-
  • 0027鰍沢河岸跡-石垣・粘土枠遺構-
  • 0030鰍沢河岸跡-口留番所跡-
  • 0035鰍沢河岸跡-道・区画-
  • 0047鰍沢河岸跡-胞衣壺-
  • 0048鰍沢河岸跡-磁器・泥めんこ-
  • 0068鰍沢河岸跡-文政の大火-
  • 0092鰍沢河岸跡-目薬瓶-
  • 0113鰍沢河岸跡-元禄一分判金-
  • 0117鰍沢河岸跡-文政の大火と磁器-
  • 0188鰍沢河岸跡-荷物置き場-
  • 0203鰍沢河岸跡-竹製の水道管-
  • 0208鰍沢河岸跡-陶器製湯たんぽ-
  • 0242鰍沢河岸跡-御蔵台-
  • 0270鰍沢河岸跡-うさぎ文様の茶碗-
  • 0351鰍沢河岸跡-お茶碗にみるものがたり-
  • 0359鰍沢河岸跡-統制番号製品-
  • 0015町屋口遺跡-水路・道路-
  • 0291町屋口遺跡-明治時代の磁器-
  • 0360町屋口遺跡-河岸お蔵道-
  • 0114青柳河岸跡-石垣-
  • 0158平野遺跡-焼失住居跡-
  • 0375鰍沢河岸跡-泥めんこ-

磁器や泥メンコが出土しました!

DSC_0023

写真:出土した磁器

鰍沢河岸跡の最南端に位置する口留番所は、江戸幕府が設置した小規模な関所です。この口留番所は、交通の要所に設置され、人や物資の出入りを監視した施設です。
平成17年度の発掘調査では、寛永通宝・文久永宝といった銭や子供の遊び道具などに使用された泥メンコ、当時の食器として使われた陶磁器片などが出土しました。

口留番所跡

鰍沢口留番所跡は、江戸時代から明治・大正時代にかけて富士川を利用した河川交通、富士川舟運の川港である鰍沢河岸の最南端に位置する遺跡です。
遺跡トピックスNo.0030で石垣や礎石建物跡について紹介しました。

口留番所の遺構は硬く踏みしめられた広場などですが、周囲は番所が廃止された明治2年以降に埋められ宅地となりました。出土品の大半はこの宅地に関係するものでした。
その出土品について紹介します。

 

所在地富士川町(旧鰍沢町)

時代江戸時代~明治・大正時代

調査機関山梨県埋蔵文化財センター

報告書山梨県埋蔵文化財センター調査報告書第238集『鰍沢河岸跡4.』2006年(平成18年)3月刊行

img12

写真左:調査区全景

img11

写真:作業風景

出土した遺物

口留番所の広場などからは、ほとんど出土品はありませんでした。
それは、人や物資の出入りをチェックする場所であった口留番所は、清潔に保たれており、生活廃棄物を捨てることができなかったからだと考えられます。

口留番所が廃止された明治2年以降に家が建つようになってからゴミとして廃棄されたり、造成層の中に混入したものとして陶磁器、泥メンコ、銭貨、金属製品、石製品などが出土しました。

磁器

img04型紙摺りimg03銅版転写

上の写真は、磁器の皿で、青色や緑色の細かな文様が独特な絵付け法で描かれています。

写真左.型紙摺り:文様を切り抜いた丈夫な型紙を器の面に当て、その上から顔料を塗り込む技法です。(明治15年頃から明治後半)

写真右.銅版転写:エッチングという銅版を使い、紙に図柄を写し、さらに紙から器の表面に写して絵付けをする技法です。(明治20年代から大正期)

泥メンコ

DSC_0045泥メンコ

泥メンコは、粘土を型で抜き、焼いて作った1~3cm程の小型の土製品です。鰍沢河岸跡からは、七福神や海老、亀など様々な種類の泥メンコが出土しています。子供の遊び道具とされています。

今回出土した泥メンコは、写真などに見られるような大黒様や宝ぶくろなど「縁起物」を模った泥メンコが数多く出土しています。

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について