トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0030鰍沢河岸跡(口留番所跡)

更新日:2017年5月19日

ここから本文です。

埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0030鰍沢河岸跡(口留番所跡)

富士川町の遺跡

  • 0005鰍沢河岸跡-泥めんこ-
  • 0025鰍沢河岸跡-礎石建物跡・井戸-
  • 0027鰍沢河岸跡-石垣・粘土枠遺構-
  • 0030鰍沢河岸跡-口留番所跡-
  • 0035鰍沢河岸跡-道・区画-
  • 0047鰍沢河岸跡-胞衣壺-
  • 0048鰍沢河岸跡-磁器・泥めんこ-
  • 0068鰍沢河岸跡-文政の大火-
  • 0092鰍沢河岸跡-目薬瓶-
  • 0113鰍沢河岸跡-元禄一分判金-
  • 0117鰍沢河岸跡-文政の大火と磁器-
  • 0188鰍沢河岸跡-荷物置き場-
  • 0203鰍沢河岸跡-竹製の水道管-
  • 0208鰍沢河岸跡-陶器製湯たんぽ-
  • 0242鰍沢河岸跡-御蔵台-
  • 0270鰍沢河岸跡-うさぎ文様の茶碗-
  • 0351鰍沢河岸跡-お茶碗にみるものがたり-
  • 0359鰍沢河岸跡-統制番号製品-
  • 0015町屋口遺跡-水路・道路-
  • 0291町屋口遺跡-明治時代の磁器-
  • 0360町屋口遺跡-河岸お蔵道-
  • 0114青柳河岸跡-石垣-
  • 0158平野遺跡-焼失住居跡-
  • 0375鰍沢河岸跡-泥めんこ-

富士川舟運の川港である鰍沢河岸跡は、江戸時代から明治・大正時代の遺跡です。

鰍沢河岸跡の最南端に位置する口留番所は、江戸幕府が設置した小規模な関所で、交通の要所に設置され、人や物資の出入りを監視する施設です。

国土交通省による甲西道路建設に先立って平成17年3月から6月にかけて発掘調査を行いました。

今回の調査では、石垣や礎石建物跡が確認されました。

 

所在地富士川町(旧鰍沢町)明神白子地区

時代江戸時代~明治・大正時代

調査機関山梨県埋蔵文化財センター

遺跡全景・1

遺跡全景

調査風景・1

作業風景

出土した遺構

石垣

石垣〔写真〕川岸に築かれた石垣

石垣は、高さ3m、長さ20mほどあり、口留番所の広場や建物跡がある平らな面が崩れないように、富士川に面する斜面に構築されていました。

建物跡

礎石建ち建物〔写真〕礎石建物跡

礎石建物跡は、東西に2間×南北に4間(約4m×約8m)の規模です。

 

建物跡の周りを掘り下げていくと、文久永宝(1863年~)や子供の遊び道具である泥メンコ、陶磁器片などが出土しました。

 

出土した遺物から、口留番所が廃止になってから建てられたものと思われます。

 

さらに掘り下げると、口留番所の造成層が確認できました。

 

この層からは遺物の出土がなく、口留番所の性格上、生活廃棄物を捨てなかったからだと考えられます。

 

今回は、口留番所広場東縁をかろうじて調査できましたが、口留番所本体は現在の国道52号線の下に埋れていると推定されます。

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について