トップ > 組織から探す > 広聴広報グループ > 過去の知事からのメッセージ > 知事からのメッセージ(令和3年8月3日火曜日)

更新日:2021年8月6日

ここから本文です。

知事からのメッセージ(令和3年8月3日火曜日)

 

メッセージ

まず初めに、ワクチンの接種状況ですが、新型コロナウイルスワクチンの高齢者への接種に関しましては、対象者約25万人につきまして、8月1日までで1回目約22万回、これは87%に相当します。2回目接種をされた方については約20万回、これは約80%の方の接種が完了いたしました。希望する高齢者の方々に対する接種は概ね完了したと言ってよかろうと考えております。

64歳以下の方々への接種も順次始まっております。高齢者を含む対象者約75万人のうち、8月1日時点で1回目接種約27万回、これは大体35%です。2回目接種約22万回、これが大体30%の接種が完了をしております。

来週から、県の大規模接種センターもいよいよ始動いたします。さらに接種を加速させ、今後概ね3ヶ月間程度で、県全体の接種率を7割以上に到達できるよう取り組んで参ります。

次に本県の感染状況でございますが、直近1週間の感染者数224名ということで、前週に比べまして、135名の増加ということで感染が急激に拡大しております。しかしながら、現時点におきまして、死者はもとより重症者は新たに発生しておりません。また、ワクチンの接種の進展によりまして、重症化リスクの高い高齢者の感染者は明らかに減少しております。現時点におきまして、本県においては、これまで自宅療養者という方々は出しておりません。すべての患者さん、あるいは感染された方々に対しまして、医師の管理下での治療、療養を提供し続けることができている状況にあります。

しかし、昨日時点での入院者数146名となっておりますので、これ以上感染者が急増するような場合には、この患者の受け入れに影響が生じ、治療が必要な方々に適切な医療が提供できなくなる恐れがあることも否定はできないところでございます。

これらを踏まえまして、県としての現時点における対応の基本的な考え方といたしましては、早期の集団免疫の獲得に向けて、引き続きワクチンの接種を進めていくことに全力を注ぎながら、この間、県民の皆さまの生命健康を守るため、感染拡大防止策の徹底を再度図っていくことを基本に、現下の状況に対して臨んでいきたいと考えております。

まずワクチンの接種に関してですが、来週10日から開始する県の大規模接種センターにつきまして、本日から、職域単位での接種の申し込みの受け付けを開始しております。特にグリーン・ゾーン認証施設の皆さんには、是非とも積極的に接種を受けていただきますようお願いいたします。

また、繰り返しになりますが、ワクチンの効果というものは、この感染状況を見ても明らかにあるわけであります。接種人数が今後の感染状況を左右すると言っても過言ではありません。市町村、あるいは職域での接種につきましても、県民の皆さまの積極的な検討をぜひ、よろしくお願いしたいと思います。

先ほど申し上げましたとおり、ワクチン接種の7割、これは集団免疫を獲得する水準でありますが、この獲得には概ね3ヶ月間を見込んでおりますが、この間の対応としていたしましては次のとおりにしたいと思います。

1点目は、十分な医療提供体制を確保するために、昨日、病床確保計画に基づくフェーズを3から4に引き上げをいたしました。重点医療機関に対しまして、本県で確保できる最大の305床の病床を確保するよう依頼したところであります。

2点目は、宿泊療養施設ですが、さらなる強化を図るために、現在休止しております若神楼を再開することといたしました。

3点目といたしまして、県として、早期に感染の連鎖を遮断するための積極的な対応といたしまして、疫学調査にかかるゲノム解析の活用をしっかり行っていこうということで検討を進めるよう指示をいたしました。感染者のウィルスのゲノム分析をそれぞれ行いまして、これらを照合して感染のルートを鮮明に把握し、これを早期に遮断をしていこうという取り組みを神戸市が行っており、大変大きな成果を上げていると承知をしております。我が山梨県におきましても、このような取り組みをぜひ参考に、早期の感染経路の把握、その遮断に対する取り組みをしっかりと進めて参りたいと思います。

また、今後多くの方々の移動が見込まれるお盆の帰省シーズンがスタートしますので、現在の感染状況を踏まえまして、本日、改めて関係部局を通じ、グリーン・ゾーン認証施設や宿泊施設などに対しまして、感染防止対策の一層の徹底を図るよう、要請を指示したところであります。また、併せまして、このデルタ株の感染力の強さを踏まえて、これまでクラスターが生じた類型の施設に対しましても、再度、感染防止対策を油断することなく、ワクチンの接種が進んではいるものの、高齢者施設あるいは障害者施設、さらには保育所に対しましても、感染防止対策のさらなる徹底を行うように求めて参りたいと考えております。

繰り返しになりますが、ワクチンの接種完了まで概ね3ヶ月程度かかります。この間、医療崩壊をさせることなく、この局面を乗り越えていくためには、ぜひとも県民の皆さまの感染防止対策に対する協力が不可欠であります。行政として最大限の対応を行って参ります。ただ、行政あるいは事業者だけの努力では、デルタ株をはじめとして感染力が極めて強力になっていると言われておりますので、この波を乗り越えていくためにも、県民の皆さまのご協力が何よりも重要になって参ります。

繰り返しになりますが、基本的な感染防止対策を油断することなく、ぜひこの期間、再度徹底していただきますようお願い申し上げる次第であります。マスクの着用、3密の回避、換気の徹底を何卒よろしくお願いいたします。県民の皆さまお一人お一人ができる感染防止対策を徹底していただくことで、この難局を乗り越えていくことが可能になると信じる次第であります。何卒皆様のご協力を改めてお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県知事政策局広聴広報グループ 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1337   ファクス番号:055(223)1525

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について