トップ > 組織から探す > 広聴広報グループ > 過去の知事からのメッセージ > 知事からのメッセージ(令和2年12月24日木曜日)

更新日:2021年1月7日

ここから本文です。

知事からのメッセージ(令和2年12月24日木曜日)

 

〇知事メッセージ
〇知事メッセージの補足

 

 

 知事メッセージ

年末年始を迎えるに当たり、県民の皆様に対しまして、メッセージをお伝えしたいと存じます。

まず、12月の新型コロナウイルスの現状でありますが、12月の新規感染者数は、月別で過去最多を更新しております。入院患者数は、未だ40名前後で高止まりをしておりまして、医療資源に対する負荷も、大変厳しい状況になっていると認識しております。医療体制が逼迫して通常の医療に影響を及ぼす事態を避けるために、ぜひとも県民の皆様におかれましては、静かな年末年始をお過ごしいただきたく、以下3点、お願いをしたいと思います。

まず、会食に関してですが、忘年会、あるいは新年会など、大変会食が多い季節になって参りますが、先日お願いを致しましたとおり、今年、この時期に限りましては、ぜひとも大人数、または長時間に及ぶ会食はお控えいただきたいと思います。そして、飲食をされる場合におきましても、ガイドライン作成施設、あるいはグリーン・ゾーン認証施設といった、感染防止対策がしっかり講じられているお店をぜひ使っていただきたいと思います。また、お店の中におきましては、お店の感染防止対策のためのルールをしっかりと守っていただきたいと思います。お店側だけでは感染防止はできないわけであり、お店と利用者、力を合わせてこの問題に向き合わない限り、感染の拡大は防げないと思いますので、何卒よろしくお願い致します。

次に、外出、あるいは帰省についてであります。この年末年始の期間、感染拡大地域への移動に関しましては、どうしても行かなければならない場合を除きまして、ぜひ、慎重な御判断をお願いしたいと思います。県内県外問わず、実家へ帰省される場合におきましても、帰省されることのリスクをぜひとも重々考え、御判断いただきたいと思います。特に御高齢の方、あるいは基礎的な疾患、病気をお持ちの方がいらっしゃるところに戻る場合は、ぜひとも慎重に、帰省される、されないも含めまして御判断をいただきたいと思います。

なお、帰省する県外在住の学生さん、あるいは20歳以下の方には、山梨県と、現在は県内18市町村ですが、合同の制度として、PCR検査の助成制度を用意しておりますので、ぜひとも地元の市町村にお問い合わせいただき、御活用をお願い致します。

最後に、成人式についてです。成人式は各市町村で開催を予定されていると思いますが、その中で感染防止対策は徹底されることになろうと承知しております。ぜひ参加される皆様も、この感染防止ルールをしっかり遵守していただき、新成人としての自覚を持って、一生に一度の機会でありますので、これが苦い経験にならないように、十分気をつけて節度ある行動をお願いしたいと思います。

成人式、あるいは帰省について、特にお盆のときの帰省もなかなかままならない状況であったことも踏まえれば、それぞれの皆様にとりまして、とても大切なイベントであろうということは重々理解しておりますが、今年に限りましては、ぜひとも大切な御家族、そしてお友達、お知り合いを守るためにも、今申し上げました感染防止の取り組みに御協力をいただきますよう、改めてお願いを申し上げます。

 

ページの先頭へ戻る

 

  知事メッセージの補足

年末年始に向けて、知事から県民の皆様へメッセージを出されましたが、細かな点について、補足をさせていただきます。

まず、会食についてであります。新型コロナウイルス感染症がどのような場で感染するのかと言うと、一番は飛沫感染です。つまり、マスクを外した状態で人とある程度の時間接するという場で感染することが多くなっています。そのような状態になることが一番想定されるのは、飲食の場です。したがって、飲食する場合は、できるだけ少人数、短時間でと色々なところでお願いをしていると思います。政府の分科会では、食べる時だけマスクを外して、またマスクをしてと言っていますが、これはあまり現実的ではないので、食べる時には食べることに専念していただいて、会話をする時には必ずマスクを付けていただくことが必要かと思います。また、ある程度距離をとっていただき、お酌に回る、箸や皿の使い回しを避けていただきたい。更に、体調が悪い場合は参加を控えていただくことが大事だと思います。

次に、外出、帰省についてです。感染が多発している地域にどうしても行かなければならない事情がある方もいると思います。そして、感染多発地域から県内に戻ってこられるという方もいると思います。まず、感染多発地域に様々な事情でどうしても行かなければいけないという場合は、マスクを着用する、手洗いを徹底する、3密を避けるといった基本に加えて、飲食の場が一番感染をもらう機会が多いので、会食、夜の街といったところは避けていただきたいと思います。どうしても会食をしなければならない場合は、他県でもグリーン・ゾーン認証と同じように、感染防止対策をきちんとしている店を認定する制度がありますので、そういう店舗を使っていただきたいと思います。

また、感染多発地域から県内に帰ってこられる場合には、お年寄りがおられるようでしたら、本当に今の時期に帰省をするべきかどうかを、家族も含めて慎重の上に慎重に検討していただきたいと思います。帰ってこられて、せっかく帰ってきたので集まろうということもあろうかと思いますが、今回に限っては控えていただきたいと思います。人が集まれば集まるほど、特にその方が感染多発地域から帰られた場合には、リスクが高まるということは容易に想像していただけると思います。ですので、帰省をされた方と会食、会合をすることはできるだけ控えていただきたいと思います。

そして、成人式について知事から言及がありました。苦い経験にならないようにという話がありましたが、それはどういうことかというと、やはり成人式の後は、皆さん成人になってお酒が飲めるということで、久しぶりに会った仲間達と二次会に行く、飲食に行くというパターンがよく見受けられます。式そのものは、距離をとる、マスクを着用するということで感染対策がとられていると思いますが、二次会で気が緩んでお酒を飲むということになると、感染リスクが高くなると思います。どうしてもこの機会しかないということであれば、少人数で短時間、そして、感染対策がきちんととられている店舗を利用していただくことが重要ではないかと思います。

もう1点、初詣についてです。31日の夜から元旦にかけて、多くの方が初詣に行かれることは従来からの習わしになっていると思います。しかし、初詣ではどうしても一斉に集まる時間帯があると思います。いつも行っている方は、いつ混んでいて参拝に長い時間がかかるということが分かっていると思いますので、できるだけそういう時間帯を避けることを考えていただきたいと思います。本当に三が日の間に初詣をしなければならないか寺社仏閣の方に伺うと、そんなことはないとおっしゃっていましたので、分散して初詣をすることについて御配慮をいただきたいと思います。

先ほど実施した本部会議の際にも申し上げましたが、今、医療が緊張感を持った状況のまま、疲労感が蓄積してきています。年末年始はどうしても医療体制が通常より手薄になる中で、感染者を増やさないために、報道の方にも御協力をいただきながら、県民に必要な感染対策を伝えていただければありがたいと思います。

 

 

 

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県知事政策局広聴広報グループ 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1337   ファクス番号:055(223)1525

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について