トップ > 組織から探す > 広聴広報グループ > 過去の知事からのメッセージ > 知事からのメッセージ(令和2年3月8日日曜日)

更新日:2020年6月18日

ここから本文です。

 知事からのメッセージ(令和2年3月8日日曜日)

 

3月6日に確認致しました県内在住の新型コロナウイルス感染症の60代男性につきまして、新たな行動経路等が判明致しましたので、ご報告を申し上げます。

本日3月8日午前1時半、新たに、同患者が発症後まで山梨市上石森地内のセブンイレブン山梨上石森店に勤務していたことが判明いたしました。

また、この患者は2月21日から23日までの大阪旅行の間に、昨日大阪府内で新型コロナウイルスの感染が確認されたライブハウス2店のうち、「アメリカ村ファンジェイトゥワイス」を訪れておりました。

同患者が参加したコンサートは2月21日午後7時から開催されたコンサートであります。

患者男性の行動履歴を把握後、同患者が勤務しておりましたセブンイレブン山梨上石森店はただちに臨時休業され、すでに消毒・清掃を実施済みとのことであります。

県として同店従業員を含め、濃厚接触者の有無について確認いたしましたところ、現時点で8名を把握しており、そのうち同店勤務の従業員1名に発熱が認められたため受診調整をしており、その他の方については、衛生管理と健康観察を開始したところであります。

なお、セブンイレブンによると、同患者の濃厚接触者が関係するセブンイレブン山梨下神内川店は、本日15時に臨時休業したとのことです。

次に、ここに至るまでの経緯については、別紙をご参照ください。

患者男性が勤務していた時間帯にセブンイレブンを利用された方で、健康状態に不安のある方は最寄りの保健所にご相談ください。

また、この患者男性は、笛吹市、山梨市、甲州市を主たる生活圏とされていますので、3つの市にお住まいの方で発熱等の健康状態に不安のある方も最寄りの保健所にご相談ください。

今般の状況を踏まえまして、県として緊急に以下の措置を講ずることといたしました。

本日、今後の患者発生時における患者の行動履歴を含めた情報収集及び確認機能を強化するため、知事直轄の「感染症対策特別チーム」を編成し、本日発足をさせました。チームの責任者は、福祉保健部次長が着任致しました。

保健所による現場対応を補強・補完するために、患者発生時の第一報を受けた段階で、特別チームから応援派遣をするとともに、患者の行動履歴を含めた現場情報を一元的にこのチームに集約し、現場への追加対応の指示を含めて即応態勢を強化致します。

現在までの保健所による患者本人への聞き取り対応は、あくまでも本人の自己申告を基本とするものでありますが、今回のケースのように正確な申告がなされなかったり、あるいは隠蔽される、虚偽の報告をされるなどの状況発生は絶対に防がなくてはなりません。

同チームでは、各保健所における現場対応の補強・補完に加えて、積極的な情報チェック、申告内容のクロスチェックなどを行います。

また、保健所から濃厚接触者として外出自粛の要請を受け、休業を余儀なくされた方については、休業手当金や傷病手当金、県独自の休業助成金といった支援制度がありますので、自宅での待機を徹底していただきますようお願いします。

県民の皆様、また県下事業所におかれましては、今一度、本県における休業補償制度をご確認賜りまして、何よりもご自身の健康、さらには身近な方、周囲の方々へのご健康をもご配慮くださいますよう、お願いを致します。

互いに、うつらない、うつさないという共助の精神で、向き合ってくださいますよう、改めてお願い申し上げます。

最後になりますが、県民の皆様におかれましては保健所や医師からの行動履歴の確認や、症状有無の確認に当たりましては、何よりもご自身の健康を守るためにも、真実を真摯にご申告くださるよう、お願いをする次第であります。

県としては今後も最大限、個人の尊厳、生活の安寧を守るために努めて参ります。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県知事政策局広聴広報グループ 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1337   ファクス番号:055(223)1525

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について