トップ > 組織から探す > あけぼの医療福祉センターの基本理念等

更新日:2021年3月30日

ここから本文です。

あけぼの医療福祉センターの基本理念等

あけぼの医療福祉センターとは

 あけぼの医療福祉センターは、医療法による病院と児童福祉法・障害者総合支援法による福祉施設が合体した、医療と福祉の専門職員が入所支援、通園支援、地域支援〈外来診察・リハビリ・地域療育等支援事業など〉を行っている複合施設です。

 身体に障害のある者や、さらに合併障害のある者を入所あるいは通所として受け入れ、幼児から成人まで一貫して施設での健康的な生活を保障しながら、障害に伴うそれぞれの必要に応じての健康管理・治療・訓練・支援を行うことにより、その身体的機能の自立(人間的・社会的)や保持ができるよう設置された施設です。

基 本 理 念

  • 私たちは、障害児・者の生命と人権を尊重し、人間愛に基づいた利用者中心の医療・福祉を提供します。
  • 私たちは、障害児・者の個性と意思を尊重し、自立と社会活動参加への支援をします。
  • 私たちは、県の医療・福祉の中核施設として、他の医療・福祉機関と連携を図り、障害児・者が個々のライフサイクルに合った、豊かで安全な生活を送るための支援をします。
  • 私たちは、常に専門的知識と技術の向上に努め、医療・福祉の進歩に対応した質の高いサービスを提供します。

基 本 方 針 

 医療法・児童福祉法・障害者総合支援法の設置目的を果たすため、山梨県障害者幸住条例の基本理念に沿って、あけぼの医療福祉センター設置及び管理条例・同規則のほか関係条例・規則に従い、設置機能を十分に生かし、有機的かつ総合的な運営を行い、利用児・者の社会的自立を支援します。

 また、保護者会やボランティア・地域等とも連携して入所児・者個々のライフサイクルに見合った豊かな生活を求めることを念願しています。

利用者の皆さまの権利と責務(お願い)

 当センターでは、利用者の皆さまとの信頼関係を大切にし、権利を尊重した上で、安全で安心した医療・福祉を受けていただくため、きめ細かなケアを心がけています。

  1. 人格を尊重され、差別されることなく平等に医療・福祉を受ける権利があります。
  2. 十分な説明のもとで適切な医療・福祉を受ける権利があります。
  3. 医療上の記録や情報の開示を求めることができます。
    また、個人情報は法的あるいは治療上等の正当な理由がある場合を除き、厳守されます。
  4. 利用者は、当センター職員に対して、自己の病状や健康、日常生活に関する正確な情報を提供してください。
  5. 利用者は、他の利用者が良質な支援を受けられるように配慮するとともに、センター職員が適切な医療・看護・福祉・リハビリを行うことを妨げないように協力してください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部あけぼの医療福祉センター 
住所:〒407-0046 韮崎市旭町上條南割3251-1
電話番号:0551(22)6111   ファクス番号:0551(22)7890

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について