更新日:2017年6月13日

ここから本文です。

遺跡トピックスNo.0345「ひらけ!玉手箱~よみがえる鯱」展の開催

県指定史跡甲府城跡一覧

  • 0039県指定史跡甲府城跡-石垣
  • 0043県指定史跡甲府城跡-甲府城発掘展-
  • 0069県指定史跡甲府城跡-金箔瓦
  • 0119県指定史跡甲府城跡-石垣補修工事(H19)-
  • 0124県指定史跡甲府城跡-稲荷櫓-
  • 0127県指定史跡甲府城跡-整備された城跡-
  • 0129県指定史跡甲府城跡-道路の下から追手門-
  • 0141県指定史跡甲府城跡-滴水瓦-
  • 0146県指定史跡甲府城跡-石垣補修工事(H20)-
  • 0156県指定史跡甲府城跡-石垣補修工事(H17)-
  • 0161県指定史跡甲府城跡-詰石-
  • 0176県指定史跡甲府城跡-矢穴-
  • 0180県指定史跡甲府城跡-甲府城展-
  • 0183県指定史跡甲府城跡-おもしろ講演会-
  • 0189県指定史跡甲府城跡-石垣石材の加工-
  • 0198県指定史跡甲府城跡-石垣補修工事(H21)-
  • 0214県指定史跡甲府城跡-石垣補修工事と石工技術の体験-
  • 0225県指定史跡甲府城跡-「昔覚ゆる甲府城-築城技術と甲州石工文化-」展の開催-
  • 0232県指定史跡甲府城跡-「昔覚ゆる甲府城-築城技術と甲州石工文化-」展の開催-
  • 0244県指定史跡甲府城跡-鉄門の再確認調査-
  • 0257県指定史跡甲府城跡-野面積み-
  • 0261県指定史跡甲府城跡-鉄門の石垣-
  • 0278県指定史跡甲府城跡-鉄門復元事業-
  • 0283県指定史跡甲府城跡-「昔覚ゆる甲府城展」の開催-
  • 0285県指定史跡甲府城跡-狭間-
  • 0306県指定史跡甲府城跡-お城の排水施設「暗渠」-
  • 0295県指定史跡甲府城跡-ひらけ!玉手箱-
  • 0297県指定史跡甲府城跡-石工道具-
  • 0317県指定史跡甲府城跡-慶長一分金-
  • 0329県指定史跡甲府城跡-数寄屋曲輪の地鎮祭-
  • 0345県指定史跡甲府城跡-「ひらけ!玉手箱~よみがえる鯱」展の開催-
  • 0364県指定史跡甲府城跡-石垣補修工事-
  • 0389県指定史跡甲府城跡-石垣-
  • 0249甲府城跡-県庁構内の遺跡-
  • 0332甲府城跡-発掘された甲府の城下町展-
  • 0352甲府城跡-石垣普請-
  • 0362甲府城跡-県庁構内(駐輪場)発掘調査速報-
  • 0367甲府城跡-県庁構内(委員会室棟)発掘調査速報-
  • 0369甲府城跡-発掘された甲府の城下町~武田氏館と城下町-
  • 0370甲府城跡-鉄門の活用~鉄門イベント-
  • 0397甲府城跡-石切場跡-
  • 0403甲府城跡-石垣-
  • 0408県指定史跡甲府城跡-石垣-
  • 0412県指定史跡甲府城跡-石垣の積み方-
  • 0416甲府城跡-本丸-

今回は、鉄門復元事業に関連して甲府城跡の人質曲輪と出土鯱瓦を紹介します。

人質曲輪

写真は甲府城跡の天守台を東側上空から見た写真です。その右側にある赤丸が人質曲輪です。現在は坂道の園路となっていますが、これは大正時代に改変されたもの。

江戸時代本来の姿は、黄色い部分に人質曲輪門があり、緑色の部分は石垣で塞がれ、本丸櫓が建っていました。

つまり、門から入ると行き止まりの空間だったのです。

この地点の発掘調査は、平成2年(1990)~平成3年(1991)と平成10年(1998)に全面が調査されました。

発掘調査の結果、石垣の一部や瓦が大量に検出され、そのなかには鯱瓦・金箔瓦・石造物が含まれていました。

人質曲輪出土鯱瓦

特に、興味深いのが写真の鯱瓦です。顔と尾の一部がありませんでしたが、接合するとほぼ一個体の鯱瓦となったのです。大きさは約67cm(残存部の計測)で、大きなものではありません。また、どの建物に葺かれていたのかも不明ですが、当時の歴史景観を知る重要な資料です。

鯱顔鯱顔2

周辺の本丸や天守曲輪、稲荷曲輪からも鯱がたくさん出土しています。

これらの発見から、甲府城には鯱瓦を葺くまでに完成した建物が建っていたことがわかるばかりか、塗布されていた金箔や朱の特徴から豊臣時代に築城されたという証拠としても評価されています。

鉄門復元鯱瓦を大公開

さて、このトピックスでも何度かご案内している鉄門復元整備事業ですが、いよいよ復元鯱瓦が完成し、この度考古博物館と甲府城跡稲荷櫓で展示することになりました。

「ひらけ!玉手箱-よみがえる鯱」

  • 会場:甲府城跡(舞鶴城公園)稲荷櫓
  • 期間:平成24年8月11日(土曜日)~8月19日(日曜日)
  • 観覧料:無料

鯱展バナー

そもそも鯱とは、体は魚、顔は虎の姿をした想像上の生き物です。屋根の両端を飾る棟飾りの一種で、一般的には建物が火事になった際に水を出して火を鎮めると考えられ、防火のまじないの意味があるとされています。

甲府城から出土した鯱は瓦製ですが、全国には金属、石、木で造られた鯱もあります。

日本最古の鯱は不明ですが、城郭に初めて使用されたのは織田信長が築城した安土城だと考えられています。

鉄門復元整備事業に伴い製作した鯱瓦は、上記にある人質曲輪から出土した鯱瓦です。

鉄門に使用されていた鯱瓦は未だに確認されていないため、鉄門に比較的近い位置にある人質曲輪から出土した鯱瓦を参考に、甲府城跡櫓門復元検討委員会の指導を得ながら製作しました。

「ひらけ!玉手箱~よみがえる鯱」展は終了しました。

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について