更新日:2017年6月15日

ここから本文です。

まいぶん用語集_か行_曲輪(くるわ)

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

城や砦の周囲をほかの土地と区別するために設けられた土塁や石垣のこと。または、その囲まれた土地。

近年の研究では『郭』の字をあてて「くるわ」とすることも多いそうなので、ほぼ城郭と同義語といえるかもしれません。

甲府城においては、城壁の内側の土地を『曲輪』と呼んでいたようです。したがって現在の舞鶴城公園にも曲輪は存在することになります。

 

曲輪

県指定甲府城跡(甲府市丸の内一丁目)数寄屋曲輪の石垣

 

関連遺跡トピックス→No.00690124012901320146019802140257029503170329034503520415

用語集トップに戻る山梨県埋蔵文化財センタートップに戻る

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について