トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0306県指定史跡甲府城跡

更新日:2017年6月13日

ここから本文です。

埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0306県指定史跡甲府城跡

県指定史跡甲府城跡一覧

  • 0039県指定史跡甲府城跡-石垣-
  • 0043県指定史跡甲府城跡-甲府城発掘展-
  • 0069県指定史跡甲府城跡-金箔瓦-
  • 0119県指定史跡甲府城跡-石垣補修工事(H19)-
  • 0124県指定史跡甲府城跡-稲荷櫓-
  • 0127県指定史跡甲府城跡-整備された城跡-
  • 0129県指定史跡甲府城跡-道路の下から追手門-
  • 0141県指定史跡甲府城跡-滴水瓦-
  • 0146県指定史跡甲府城跡-石垣補修工事(H20)-
  • 0156県指定史跡甲府城跡-石垣補修工事(H17)-
  • 0161県指定史跡甲府城跡-詰石-
  • 0176県指定史跡甲府城跡-矢穴-
  • 0180県指定史跡甲府城跡-甲府城展-
  • 0183県指定史跡甲府城跡-おもしろ講演会-
  • 0189県指定史跡甲府城跡-石垣石材の加工-
  • 0198県指定史跡甲府城跡-石垣補修工事(H21)-
  • 0214県指定史跡甲府城跡-石垣補修工事と石工技術の体験-
  • 0225県指定史跡甲府城跡-「昔覚ゆる甲府城-築城技術と甲州石工文化-」展の開催-
  • 0232県指定史跡甲府城跡-「昔覚ゆる甲府城-築城技術と甲州石工文化-」展の開催-
  • 0244県指定史跡甲府城跡-鉄門の再確認調査-
  • 0257県指定史跡甲府城跡-野面積み-
  • 0261県指定史跡甲府城跡-鉄門の石垣-
  • 0278県指定史跡甲府城跡-鉄門復元事業-
  • 0283県指定史跡甲府城跡-「昔覚ゆる甲府城展」の開催-
  • 0285県指定史跡甲府城跡-狭間-
  • 0306県指定史跡甲府城跡-お城の排水施設「暗渠」-
  • 0295県指定史跡甲府城跡-ひらけ!玉手箱-
  • 0297県指定史跡甲府城跡-石工道具-
  • 0317県指定史跡甲府城跡-慶長一分金-
  • 0329県指定史跡甲府城跡-数寄屋曲輪の地鎮祭-
  • 0345県指定史跡甲府城跡-「ひらけ!玉手箱~よみがえる鯱」展の開催-
  • 0364県指定史跡甲府城跡-石垣補修工事-
  • 0389県指定史跡甲府城跡-石垣-
  • 0249甲府城跡-県庁構内の遺跡-
  • 0332甲府城跡-発掘された甲府の城下町展-
  • 0352甲府城跡-石垣普請-
  • 0362甲府城跡-県庁構内(駐輪場)発掘調査速報-
  • 0367甲府城跡-県庁構内(委員会室棟)発掘調査速報-
  • 0369甲府城跡-発掘された甲府の城下町~武田氏館と城下町-
  • 0370甲府城跡-鉄門の活用~鉄門イベント-
  • 0397甲府城跡-石切場跡-
  • 0403甲府城跡-石垣-
  • 0408県指定史跡甲府城跡-石垣-
  • 0412県指定史跡甲府城跡-石垣の積み方-
  • 0416甲府城跡-本丸-

 

0306-1

 

昔から、お城には「抜け穴伝説」がつき物です。甲府城跡にも抜け穴伝説がありますが、甲府城跡の暗渠(あんきょ)は抜け穴ではありません。甲府城の石垣の雨水を外へ排出する、大事な排水設備であることがわかっています。

0306-3

平成9年に発掘調査された本丸北側石垣の暗渠

左側の写真は、石垣内部から検出された暗渠です。手前が本丸側、写真奥が石垣の表面になります。

右側の写真は、暗渠の蓋を取ったもので、トンネル状になっています。構造は、底部には平らな石を並べ、両脇に壁を作り、蓋をしている石材はすべて安山岩。大きさは長さ約7m、水路幅は0.6mでした。現在は排水機能を維持したまま埋設保存されていますので、取水、排水口を見ることができます。

暗渠の役目

豊臣時代に築城された甲府城は、当然戦うことを目的とした城郭ですが、石垣にとって一番の敵は、敵軍ではなく雨なのです。

甲府城の石垣は石と土だけで構築されていますが、土で版築された盛土は水分(雨水)が苦手のようです。石垣が崩れるメカニズムとしては、雨水を含んだ盛土がゆるくなり、石の間に入り、滑り出して石垣共々崩壊してしまうのです。全国的にも雨が原因で石垣が崩れた事例はたくさんあります。

現在は、材料も発達し樹脂製品の管を土中に埋めて効果的に排水する仕組みが一般的です。甲府城跡でも、排水が悪いところは現代工法の導入を検討して整備してきました。

盛土について、こんなエピソードがあります。

甲府城を築城した浅野幸長の弟長晟(ながあきら)が和歌山藩主だった慶長19年。江戸城公儀普請で担当していた石垣が崩れるという事故がおきました。一方、他藩の石垣工事現場では盛土に萱を敷き、その上を子供たちに遊ばせていたのですが、浅野家はその様子を笑ってみていたそうです。

実は、単に萱の上で子供が遊んでいたのではなく、盛土の間に植物を敷き子どもに踏み固めさせることで、盛土自体の強度を強くしていたのです。実際に、この藩の石垣は崩れなかったという逸話が残っています。

石垣は、それ自体が頑丈に見えますが、背後の裏栗石や盛土があって初めて一体の構造物となります。ですから、盛土が嫌がる水分を上手に排水してあげることは、石垣にとってとても大切なことなのです。

本年度の石垣工事の施工箇所でも、暗渠が2ヶ所あります。石垣の高所にありますので排水口は簡単に見られませんが、本丸南側に取水口はしっかりと残っています。

0306-2

今年度施工箇所の暗渠

 

さて、甲府城跡では鉄門復元工事が進んでいますが、それに関連して今年も県民の日に甲府城跡にてイベントを開催します!

0306-50306-6

平成22年の県民の日イベントの様子

 

今年のイベントも楽しい体験が盛りだくさん。詳細は今後ホームページにアップしていきますので、お楽しみに!

 

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

 

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について