更新日:2017年6月8日

ここから本文です。

まいぶん用語集_は行_版築(はんちく)

索引

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

質が異なる土を順に強く突き固めながら盛り上げて土壁や建物の基礎を構築する工法を版築といいます。

下の写真は、土塁と呼ばれる土を盛り上げて作った壁の下側部分で、土塁に降った雨水の排水を意識したものと思われます。

 

版築1

県指定史跡甲府城跡(甲府市丸の内一丁目地内)楽屋曲輪西側の土塁の版築

 

関連遺跡トピックス→No.027503060362

用語集トップに戻る山梨県埋蔵文化財センタートップに戻る

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について