美酒美県やまなし > やまなしの美酒探訪06「蒼龍葡萄酒」

更新日:2023年7月27日

ここから本文です。

やまなしの美酒探訪06「蒼龍葡萄酒」

やまなしの美酒を深く知っていただくための企画「やまなしの美酒探訪」

今回は、甲州市勝沼町にある「蒼龍葡萄酒」さんにお話をうかがいました。

 

ワイナリーの紹介 

蒼龍葡萄酒は120年以上の歴史を持つ勝沼でも最も伝統あるワイナリーの一つです。

フランスより本場のワイン醸造技術を持ち帰り、日本のワイン造りの先駆者となった高野正誠と土屋龍憲の両名とは親戚関係にあたります。社名の「蒼龍」の由来は中国の故事にある東西南北の守護神の中で東を守る神様で、幸運を呼ぶ神とも言われています。

直営売店には常時約40種類のワインを取り揃えており、初心者の方でも飲みやすいワインから、地元勝沼の葡萄を使用した本格派のワインまで販売しております。

勝沼へお越しの際はぜひお気軽にお立ち寄り下さい。

 

外観

 

産地やまなしの魅力

山梨県には数多くのワイナリーが存在し、約90社のワイナリーによる個性豊かなワインを楽しむことができます。

中でも国際的に評価の高い「甲州」を使用した白ワインは、和食にも合うワインとして地元のお客様のみならず、観光客の方々にもおすすめしたいワインです。

同じ甲州ワインでも製法によって様々な味わいを楽しむことができます。例えば、樽熟成の甲州ワインはほのかに香る樽香があり、バニラのような滑らかな味わいを感じられます。その他にもシュールリー製法によって葡萄から出る澱と漬け込むことで、ワインに旨み成分を溶け込ませた甲州ワインはすっきりとした辛口の味わいの中にも甲州の旨みやボリューム感を感じることができます。


各ワイナリーの造りによって様々な顔を見せる甲州ワインを、是非お楽しみください。

ぶどう栽培や醸造へのこだわり・思い

 その年最高のワインを造るという思いを持ち続けながら、日々ワイン造りに取り組んでいます。

ワインの原料となる葡萄はその年の天候などにより、育成状況が大きく変わってきます。そのため、毎年同じ造りを続けていれば良いという訳ではなく、その年ごとに造りを工夫し、葡萄のポテンシャルを最大限に活かすワイン造りを行っています。

また、弊社ワインの特徴としては柑橘系のフルーツを思わせるフレッシュ&フルーティなタイプから、複雑で力強く重厚な味わいのものまで、幅広いタイプのワインを醸造しています。

多くのお客様にお気に入りの1本を見つけていただけるよう、これからも丹精込めたワイン造りを続けていきます。

 

おすすめの1本

            

『勝沼の甲州 樽熟成  720ml』
           

勝沼ワイナリーズクラブの品質審査会にて合格した甲州ワインで、勝沼ボトルと呼ばれる合格ワインのみ使用できるボトルに詰めています。

勝沼町産の甲州を100%使用し、樽熟成にて仕上げることでほのかに香る樽香が特徴的な辛口甲州ワインです。

過去には漫画「美味しんぼ」にも取り上げられた、和食によく合うワインです。

 

          ワイン

 

 施設情報

 蒼龍葡萄酒

 住所:山梨県甲州市勝沼町下岩崎1841

 電話番号:0553-44-0026

 URL:https://soryu-wine.com/

 

お問い合わせ

山梨県産業労働部産業振興課

所在地:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1

電話:055(223)8871

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?