• 相談窓口
  • 申請・届出
  • 統計・調査
  • イベント
  • よくある質問
  • 計画

ここから本文です。

更新日:2016年5月13日

たばこ対策メニュー

山梨県では、県の健康増進計画である「健やか山梨21(第2次)」において、

1 成人の喫煙率の減少(喫煙をやめたい人がやめる)

2 未成年者の喫煙をなくす

3 妊娠中の喫煙をなくす

4 受動喫煙で不快な思いをしている人の割合の減少

の4つの目標項目を設定し、たばこ対策事業を実施しています。

たばこに関する調査関係

喫煙対策実施状況調査

県内の事業所における喫煙対策の状況を把握し、本県のたばこ対策推進を図るための基礎資料とするために、平成2年より隔年ごとに実施しています。

平成26年度調査結果の概要について

調査概要

抽出した県内1,161の事業所(国及び県の機関、市町村、学校、従業員50人以上の民営事業所、病院)に調査票を郵送し、衛生管理者または施設管理者に回答を求め、740事業所から回答があった。回収率63.7%。

喫煙率

男性 27.6% 女性7.8%

平成22年以降、男女とも喫煙率の減少は認められない。特に女性は横ばい傾向が続いている。

受動喫煙防止対策

 今回の調査で新たに設けた設置喫煙場所の項目では、「建物の出入口近傍」が最も多い結果となった。平成25年2月厚生労働省事務連絡「喫煙所を出入口から極力離す」旨の認知度も37.6%と高くない状況から、さらに受動喫煙防止対策について周知を図る必要がある。

調査結果

平成26年度喫煙対策実施状況調査結果(概要)(PDF:122KB)

平成26年度喫煙対策実施状況調査結果(本文)(PDF:972KB)

その他

「禁煙・分煙推進事業」の認定状況につきましては、以下のリンクを参照してください。

過去の調査結果

平成24年度は715ヵ所の事業所等にご協力をいただきました。

喫煙率 男性28.7%、女性8.4%でした。

結果の詳細は、以下のとおりです。

子どもの喫煙実態調査

平成23年度に実施した「子どもの喫煙等母子保健関係調査」の結果は、次のとおりでした。

アンケート内容

調査結果

平成18年度に実施した調査は、次のとおりでした。

未成年者の防煙教育

未成年者の喫煙がゼロとなるための教育や環境整備、「子どもたちがはじめの1本を吸わないための取組み」を進めています。

 

県内の保健所では、たばこの「出前講座」を行っています。

また、小中学校・高校などで防煙教育を行っていく時に使用できる教材(パワーポイント)がありますので、お問い合わせください。

 

 防煙教育・出前講座、パワーポイントについてのお問い合わせ

  • 中北保健所 健康支援課 電話055-237-1380
  • 中北保健所峡北支所 健康支援課  電話0551-23-3073
  • 峡東保健所 健康支援課 電話0553-20-2753
  • 峡南保健所 健康支援課 電話0556-22-8155
  • 富士・東部保健所 健康支援課 電話0555-24-9034

 

防煙教材の貸出しをしています。

中北保健所の母子保健ライブラリーでは「タール瓶」などの、

目で見て理解する「防煙教材」を貸出ししています。

防煙教材の写真1(PDF:2,462KB)

防煙教材の写真2(PDF:3,662KB)

 

閲覧や貸出しの手順はこちらです。→【リンク】母子保健ライブラリー

 

学校敷地内禁煙化

県教育委員会の取り組みにリンクしています。→【リンク】学校敷地内禁煙化

『山梨禁煙週間』11月9日~15日

11月9日~11月15日は「山梨禁煙週間」です。

たばこの煙にはたくさんの有害な物質が含まれており、PM2.5という非常に細かい粒子のため、

肺の奥まで入り込みます。たばこの煙によって、たばこを吸う本人だけでなく、その周りの人、

特に小さな子どもや妊婦の方に深刻な健康被害を与えることが明らかとなっています。

また、たばこを吸う習慣はニコチン依存症と考えられ、治療する時代となっています。

この機会に受動喫煙のない暮らしと禁煙に取り組みましょう! 

平成27年度山梨禁煙週間ポスター(PDF:238KB)

平成26年度山梨禁煙週間ポスター(PDF:621KB)

27禁煙週間ポスター

平成27年度山梨禁煙週間ポスター

 禁煙週間ポスター

平成26年度山梨禁煙週間ポスター

禁煙支援(治療)について

たばこをやめるのになぜ、禁煙支援(治療)が有効なの?

たばこはニコチン依存症です。依存症は強い意志だけでは克服できません。

ニコチンパッチや飲み薬を使って、徐々にニコチンから離れていくことが禁煙支援(治療)です。

どこにいけば、禁煙支援(治療)が受けられるの?

山梨県医師会では禁煙支援(治療)に積極的に取り組んでいます。

具体的な内容は医師会のホームページをご覧ください。

禁煙サポート事業「禁煙サポート薬局」

山梨県では、禁煙支援に関する専門的な研修を受講した薬剤師がいる薬局・薬店を

「禁煙サポート薬局」として登録しています。

禁煙サポート薬局では、禁煙支援アドバイザーが喫煙に関する皆さまの相談に丁寧に応じます。

薬を処方してもらう時に、気軽に話すことができます。

平成28年5月現在53の薬局が登録されています。

 

禁煙サポート薬局・薬店一覧(平成28年5月現在)(PDF:159KB)

サポート薬局・薬店ポスター(PDF:357KB)

禁煙サポート薬局

 

世界禁煙デー&禁煙週間

5月31日は世界禁煙デーです。

喫煙が健康に与える影響は大きい上、受動喫煙の危険性やニコチンの依存性を踏まえると、

喫煙習慣は個人の嗜好にとどまらない健康問題です。

 

WHO(世界保健機関)では、平成元年に毎年5月31日を「世界禁煙デー」とし、これを受けて厚生労働省は、

平成4年から世界禁煙デーに始まる一週間(5月31日~6月6日)を「禁煙週間」と定めました。


  • 世界禁煙デー5月31日
  • 禁煙週間5月31日から6月6日

 

山梨県では、世界禁煙デーの前に受動喫煙防止や禁煙をよびかける街頭キャンペーンを実施しました。

山梨県、神奈川県、静岡県の3県共同で「子どもをたばこの煙から守ろう!」というチラシを作成し、配布しました。

また、5月30日(土)~6月5日(金)の期間やまなしイベントプラザでたばこに関する啓発展示を行いました。

やまなしイベントプラザ

→甲府駅前街頭キャンペーン実施の様子:平成27年5月29日(金)

キャンペーン2キャンペーン4

 キャンペーン3キャンペーン5

禁煙週間展示禁煙週間展示2

 

ご家族の健康のためにも、そしてご自身の健康のためにも、この機会に、たばこの煙のない社会について考えてみませんか。

参考

 

受動喫煙防止のための社会環境整備事業

禁煙推進店の募集

山梨県では受動喫煙を防ぐ新たな取り組みとして、禁煙推進店を募集しています。

飲食店を経営しているみなさん参加してみませんか。

 

禁煙・分煙認定施設の公表 新マーク

禁煙・分煙認定施設の公表  

   ↑↑ 禁煙・分煙施設の認定状況を3ヶ月ごとに更新しています。

禁煙・分煙認定飲食店の紹介     

   ↑↑ 禁煙・分煙に取り組む飲食店を紹介しています!!ぜひご覧ください。(平成27年12月新規追加)

【厚生労働省通知】公的な室内空間では全面禁煙を!

平成22年2月25日付け厚生労働省健康局長通知

受動喫煙の防止に関しては、平成22年2月25日付けで、厚生労働省健康局から通知があり、

多数の方が利用する公共的な室内空間においては、原則として「全面禁煙」であるべきとの基本方針等が示されました。

平成22年5月26日付け「職場における受動喫煙防止対策に関する検討会」報告書

さらに、平成22年5月26日付けで、厚生労働省労働基準局より、受動喫煙の防止は「労働者の健康障害防止」

という視点から「事業主の義務」とすべきであるとの報告書が出されました。

報告書の詳細は、次のとおりです。

ここまで本文です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

関連するよくあるお問い合わせ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部健康増進課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1493   ファックス番号:055(223)1499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 緊急・災害情報
  • やまなし防災ポータル

山梨の魅力

  • イベントカレンダー
  • 広報(広報誌・広報番組・発表資料)
  • よくあるお問い合わせ
  • 各種お問い合わせ

広告スペース

広告掲載について