トップ > まちづくり・環境 > 環境保全 > 水質・土壌・地盤 > 水質監視及び保全対策 > 富士川等の水質調査(山梨県・静岡県合同での水質調査)

更新日:2019年8月29日

ここから本文です。

富士川等の水質調査(山梨県・静岡県合同での水質調査)

駿河湾でサクラエビが不漁となっていることに関して、富士川やその支流の早川などの濁りとの関係を指摘する声があります。

サクラエビの不漁と、河川の濁りの関係は不明ですが、静岡県から本県に、山梨県内の富士川やその支流の早川などの濁りについて、両県合同での水質調査を実施したいと要望がありました。

このため、山梨・静岡両県で協議し、早川水系及び山梨県内の富士川本流の濁りなどの状況について、両県が、科学的根拠に基づいて把握することを目的に調査を行うことになりました。

合同調査では、早川水系及び山梨県内の富士川本流の濁りなどの状況が可能な限り正確に把握できるよう、14地点を選定し、浮遊物質量などの項目を調査することとし、本年5月に調査を開始したところです。

調査は、7月までの3か月間で計9回行うことを予定しており、7月の調査結果(速報値)を、両県で公表したところです。

早川の中下流や雨畑ダムなどで、降雨の影響などと思われる濁りが見られましたが、静岡県との県境の富士川においては、調査の直前にまとまった降雨の見られたときを除き、濁りは見られませんでした。

なお、梅雨明け後の8月に実施した山梨県独自調査では、目立った濁りは見られませんでした。

今後、3か月間の結果を評価して両県で公表していく予定です。

 

合同水質調査の地点及び方法

 

調査地点図

 

採水(雨畑)

採水(検体)

河川やダム湖の表層の水を汲みます。

汲んだ水は、専用の容器に入れ、検査室に届けます。

 

SS検査

SS濾紙

県の試験研究所では、浮遊物質量などの科学的な検査を行います。

水に溶けない細かな砂などをろ紙でこしたものです。

 

合同水質調査の結果

5月の調査結果(速報)

主な調査地点における調査時の河川の写真をご覧いただくことができます。地点名をクリックしてください。

No. 地点名 浮遊物質量(mg/L) pH 電気伝導率(ms/cm)

5月7日

5月20日 5月28日 5月7日 5月20日 5月28日 5月7日 5月20日 5月28日
1 早川 西山ダム(371KB) <1 1 5 7.6 7.9 7.6 0.10 0.10 0.09
2 早川 見返橋 3 1 13 7.9 7.9 8.0 0.21 0.22 0.21
3 早川 ヤマセミ橋 2 7 7 7.9 7.9 7.8 0.15 0.15 0.14
4 早川 中之島橋(368KB) 9 23 33 7.8 8.0 8.0 0.17 0.18 0.16
5 雨畑川 上流 170 9 380 8.0 8.0 8.0 0.18 0.10 0.19
6 雨畑川ダム貯水池(314KB) 21 6 1600 7.9 8.1 7.7 0.20 0.22 0.22
7 早川 栄代橋 22 22 49 7.9 8.1 8.0 0.18 0.20 0.16
8 早川 弁天橋 27 19 150 7.9 8.1 8.0 0.21 0.22 0.21
9 早川 早川橋(308KB) 21 1 47 8.0 8.1 8.0 0.21 0.23 0.19
10 富士川 飯富橋 7 8 11 7.7 7.9 7.7 0.20 0.18 0.19
11 富士川 富山橋 3 4 3 8.0 8.3 7.9 0.16 0.18 0.14
12 富士川 身延橋 4 5 28 8.0 8.3 8.0 0.21 0.11 0.24
13 富士川 南部橋(264KB) 2 3 4 8.2 8.6 8.0 0.21 0.22 0.19
14 富士川 県境(237KB) 2 3 3 8.1 8.6 7.9 0.19 0.21 0.19

 

(参考)

調査前1週間の降水量の合計(mm) 4月30日-5月6日 5月13日-5月19日 5月21日-5月27日
南部(アメダス) 54 4 193.5
切石(アメダス) 39.5 4 118

 

浮遊物質量:水中に懸濁している不溶解性物質の重量濃度。富士川下流の環境基準は25mg/L以下

pH:酸性・アルカリ性を表す値。富士川下流の環境基準は6.5~8.5

電気伝導率:水が電気を通す能力

 

6月の調査結果(速報)

主な調査地点における調査時の河川の写真をご覧いただくことができます。地点名をクリックしてください。

No. 地点名 浮遊物質量(mg/L) pH 電気伝導率(ms/cm)
6月4日 6月13日 6月26日 6月4日 6月13日 6月26日 6月4日 6月13日 6月26日
1 早川 西山ダム(298KB) <1 1 2 7.6 7.6 7.6 0.11 0.10 0.12
2 早川 見返橋 5 32 24 7.9 7.9 7.7 0.20 0.16 0.19
3 早川 ヤマセミ橋 6 31 8 7.9 7.9 7.7 0.15 0.13 0.13
4 早川 中之島橋(356KB) 14 63 40 8.0 7.9 7.8 0.19 0.15 0.16
5 雨畑川 上流 110 610 180 8.0 8.0 7.9 0.20 0.19 0.19
6 雨畑川 ダム貯水池(306KB) 19 64 30 8.1 7.7 7.7 0.22 0.20 0.21
7 早川 栄代橋 7 90 34 8.1 8.0 7.9 0.19 0.16 0.17
8 早川 弁天橋 16 95 48 8.1 8.0 7.9 0.23 0.19 0.19
9 早川 早川橋(325KB) 4 120 64 8.1 8.0 7.9 0.23 0.18 0.19
10 富士川 飯富橋 <1 27 8 8.2 7.8 7.8 0.22 0.17 0.19
11 富士川 富山橋 <1 17 3 8.6 8.1 8.2 0.15 0.15 0.15
12 富士川 身延橋 2 97 30 8.9 8.2 8.0 0.22 0.23 0.22
13 富士川 南部橋(254KB) <1 40 4 9.3 8.0 8.2 0.21 0.18 0.20
14 富士川 県境(336KB) <1 40 5 8.7 7.9 7.9 0.19 0.16 0.18

 

(参考)

  調査前1週間の降水量の合計(mm) 調査前3日間の降水量の合計(mm)
5月28日-6月3日 6月6日-6月12日 6月19日-6月25日 6月1日-6月3日 6月10日-6月12日 6月23日-6月25日
南部(アメダス) 24 109 35 0 54.5 27
切石(アメダス) 1 72.5 18 0 33.5 16.5

 

7月の調査結果(速報)

主な調査地点における調査時の河川の写真をご覧いただくことができます。地点名をクリックしてください。

No. 地点名 浮遊物質量(mg/L) pH 電気伝導率(ms/cm)
7月3日 7月22日 7月29日 7月3日 7月22日 7月29日 7月3日 7月22日 7月29日
1 早川 西山ダム(252KB) 23 9 7 7.7 7.5 7.7 0.09 0.08 0.11
2 早川 見返橋 23 27 19 7.8 7.6 7.7 0.11 0.10 0.11
3 早川 ヤマセミ橋 61 74 40 7.8 7.7 7.7 0.11 0.11 0.11
4 早川 中之島橋(313KB) 160 110 110 7.9 7.8 7.8 0.13 0.13 0.14
5 雨畑川 上流 480 410 690 8.0 7.8 7.9 0.18 0.17 0.19
6 雨畑川 ダム貯水池(233KB) 39 31 220 7.6 8.0 7.8 0.17 0.18 0.16
7 早川 栄代橋 160 140 180 7.9 8.0 7.9 0.14 0.14 0.14
8 早川 弁天橋 150 160 170 8.0 7.9 7.9 0.17 0.17 0.17
9 早川 早川橋(286KB) 190 200 230 8.0 8.0 7.9 0.16 0.16 0.17
10 富士川 飯富橋 7 27 40 7.9 7.8 7.8 0.18 0.16 0.15
11 富士川 富山橋 4 15 17 8.0 7.9 7.8 0.16 0.14 0.13
12 富士川 身延橋 68 120 310 8.0 8.0 8.0 0.22 0.20 0.18
13 富士川 南部橋(159KB) 46 65 130 7.9 8.0 7.9 0.20 0.17 0.16
14 富士川 県境(178KB) 50 98 180 7.9 8.0 7.8 0.18 0.16 0.15

 

(参考)

  調査前1週間の降水量の合計(mm) 調査前3日間の降水量の合計(mm)
6月26日-7月2日 7月15日-7月21日 7月22日-7月28日 6月30日-7月2日 7月19日-7月21日 7月26日-7月28日
南部(アメダス) 34 85.5 103 16 0.5 101
切石(アメダス) 19.5 73.5 77 18 1.5 75.5

 

環境基準項目の調査結果(速報値)

5月20日及び7月22日に環境基準項目(人の健康の保護に関する項目)をNo.1、4、8、9において調査した結果、すべての項目で環境基準値以下でした。

 

  • 5月20日の調査結果
項目 No.1
早川 西山ダム
No.4
早川 中之島橋
No.9
早川 早川橋
環境基準値
カドミウム 0.0003mg/L未満 0.0003mg/L未満 0.0003mg/L未満 0.003mg/L以下
全シアン 検出なし 検出なし 検出なし 検出されないこと
0.005mg/L未満 0.005mg/L未満 0.005mg/L未満 0.01mg/L以下
六価クロム 0.02mg/L未満 0.02mg/L未満 0.02mg/L未満 0.05mg/L以下
砒素 0.005mg/L未満 0.005mg/L未満 0.005mg/L未満 0.01mg/L以下
総水銀 0.0005mg/L未満 0.0005mg/L未満 0.0005mg/L未満 0.0005mg/L以下
ジクロロメタン 0.002mg/L未満 0.002mg/L未満 0.002mg/L未満 0.02mg/L以下
四塩化炭素 0.0002mg/L未満 0.0002mg/L未満 0.0002mg/L未満 0.002mg/L以下
1,2-ジクロロエタン 0.0004mg/L未満 0.0004mg/L未満 0.0004mg/L未満 0.004mg/L以下
1,1-ジクロロエチレン 0.01mg/L未満 0.01mg/L未満 0.01mg/L未満 0.1mg/L以下
シス-1,2-ジクロロエチレン 0.004mg/L未満 0.004mg/L未満 0.004mg/L未満 0.04mg/L以下
1,1,1-トリクロロエタン 0.0005mg/L未満 0.0005mg/L未満 0.0005mg/L未満 1mg/L以下
1,1,2-トリクロロエタン 0.0006mg/L未満 0.0006mg/L未満 0.0006mg/L未満 0.006mg/L以下
トリクロロエチレン 0.001mg/L未満 0.001mg/L未満 0.001mg/L未満 0.01mg/L以下
テトラクロロエチレン 0.0005mg/L未満 0.0005mg/L未満 0.0005mg/L未満 0.01mg/L以下
1,3-ジクロロプロペン 0.0002mg/L未満 0.0002mg/L未満 0.0002mg/L未満 0.002mg/L以下
チウラム 0.0006mg/L未満 0.0006mg/L未満 0.0006mg/L未満 0.006mg/L以下
シマジン 0.0003mg/L未満 0.0003mg/L未満 0.0003mg/L未満 0.003mg/L以下
チオベンカルブ 0.002mg/L未満 0.002mg/L未満 0.002mg/L未満 0.02mg/L以下
ベンゼン 0.001mg/L未満 0.001mg/L未満 0.001mg/L未満 0.01mg/L以下
セレン 0.002mg/L未満 0.002mg/L未満 0.002mg/L未満 0.01mg/L以下
ふっ素 0.08mg/L未満 0.08mg/L未満 0.08mg/L未満 0.8mg/L以下
ほう素 0.1mg/L未満 0.1mg/L未満 0.1mg/L未満 1mg/L以下
硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素 0.18mg/L 0.16mg/L 0.13mg/L 10mg/L以下
1,4-ジオキサン 0.005mg/L未満 0.005mg/L未満 0.005mg/L未満 0.05mg/L以下

未満と表示されている欄は定量下限値未満であることを示す。

 

  • 7月22日の調査結果
項目 No.4
早川 中之島橋
No.8
早川 弁天橋
No.9
早川 早川橋
環境基準値
カドミウム 0.0003mg/L未満 0.0003mg/L未満 0.0003mg/L未満 0.003mg/L以下
全シアン 検出なし 検出なし 検出なし 検出されないこと
0.005mg/L未満 0.005mg/L未満 0.005mg/L未満 0.01mg/L以下
六価クロム 0.02mg/L未満 0.02mg/L未満 0.02mg/L未満 0.05mg/L以下
砒素 0.005mg/L未満 0.005mg/L未満 0.005mg/L未満 0.01mg/L以下
総水銀 0.0005mg/L未満 0.0005mg/L未満 0.0005mg/L未満 0.0005mg/L以下
ジクロロメタン 0.002mg/L未満 0.002mg/L未満 0.002mg/L未満 0.02mg/L以下
四塩化炭素 0.0002mg/L未満 0.0002mg/L未満 0.0002mg/L未満 0.002mg/L以下
1,2-ジクロロエタン 0.0004mg/L未満 0.0004mg/L未満 0.0004mg/L未満 0.004mg/L以下
1,1-ジクロロエチレン 0.01mg/L未満 0.01mg/L未満 0.01mg/L未満 0.1mg/L以下
シス-1,2-ジクロロエチレン 0.004mg/L未満 0.004mg/L未満 0.004mg/L未満 0.04mg/L以下
1,1,1-トリクロロエタン 0.0005mg/L未満 0.0005mg/L未満 0.0005mg/L未満 1 mg/L以下
1,1,2-トリクロロエタン 0.0006mg/L未満 0.0006mg/L未満 0.0006mg/L未満 0.006mg/L以下
トリクロロエチレン 0.001mg/L未満 0.001mg/L未満 0.001mg/L未満 0.01mg/L以下
テトラクロロエチレン 0.0005mg/L未満 0.0005mg/L未満 0.0005mg/L未満 0.01mg/L以下
1,3-ジクロロプロペン 0.0002mg/L未満 0.0002mg/L未満 0.0002mg/L未満 0.002mg/L以下
チウラム 0.0006mg/L未満 0.0006mg/L未満 0.0006mg/L未満 0.006mg/L以下
シマジン 0.0003mg/L未満 0.0003mg/L未満 0.0003mg/L未満 0.003mg/L以下
チオベンカルブ 0.002mg/L未満 0.002mg/L未満 0.002mg/L未満 0.02mg/L以下
ベンゼン 0.001mg/L未満 0.001mg/L未満 0.001mg/L未満 0.01mg/L以下
セレン 0.002mg/L未満 0.002mg/L未満 0.002mg/L未満 0.01mg/L以下
ふっ素 0.08mg/L未満 0.08mg/L 0.08mg/L 0.8mg/L以下
ほう素 0.1mg/L未満 0.1mg/L未満 0.1mg/L未満 1mg/L以下
硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素 0.2mg/L 0.19mg/L 0.19mg/L 10mg/L以下
1,4-ジオキサン 0.005mg/L未満 0.005mg/L未満 0.005mg/L未満 0.05mg/L以下

未満と表示されている欄は定量下限値未満であることを示す。

 

山梨県独自調査の結果

 

  • 8月13日の調査結果
No. 地点名

浮遊物質量

(mg/L)

pH

電気伝導率

(ms/cm)

4 早川 中之島橋 4 7.5 0.18
8 早川 弁天橋 9 7.9 0.23
9 早川 早川橋 3 8.0 0.22
10 富士川 飯富橋 6 8.1 0.19
13 富士川 南部橋 3 9.7 0.19

 

(参考)

  調査前1週間の降水量の合計(mm) 調査前3日間の降水量の合計(mm)
8月6日-8月12日 8月10日-8月12日
南部(アメダス) 0 0
切石(アメダス) 0 0

 

 

発表資料へのリンク

 

 

富士川の過去の水質調査の結果

全国の川や湖など約9,000地点で、計画的な水質調査が行われています。

ヤマメやイワナなどが棲む富士川を守るため、富士川(中下流域)の水質の目標(環境基準)を、水の汚れの程度を示す「BOD(生物学的酸素要求量)」は2mg/L以下、水に溶けずに浮遊している細かな砂などの「浮遊物質量」は25mg/L以下と定めています。

富士川中下流域の過去20年間の水質は、BODの目標値を安定して下回っています。浮遊物質量は、台風などの影響で高くなりますが、普段の水質は目標値を下回っています。

富士川は、水の汚れが少ない、清らかな川です。

 

常時監視地点図

 

富士川の浮遊物質量(年平均値)の経年変化

富士川のBOD(75%値)の経年変化

75%値:年間の日間平均値の全データをその値の小さいものから順に並べ0.75×n番目(nは日間平均値のデータ数)のデータ値をもって75%値とする。BODの環境基準の達成状況の年間評価は、75%値で判断する。

 

関連サイトへのリンク

 

富士川を知ろう

富士川は、山梨県と長野県の境に当たる南アルプスの鋸岳に始まり、釜無川と笛吹川が甲府盆地で合流して、静岡県の駿河湾へ流れていく全長128kmの河川です。

富士川は、まわりを南アルプスなどの高い山に囲まれ、流れが急な河川で、最上川(山形県)、球磨川(熊本県)とともに、日本三大急流河川と言われています。

富士川の流域は、フォッサマグナと呼ばれる比較的新しい地質で構成されており、流域の西側には、日本列島を東西に分断する大断層「糸魚川~静岡構造線」が走っていることから、崩壊地の多い極めてもろい地質構造になっています。

 

関連サイトへのリンク

 

現在の河川の状況 ~ライブカメラを見てみよう!~

森に降った雨が、川となって海に流れていきます。

川は、多くの生物を育み、私たちの憩いの場となっています。

でも、台風などの大雨の時は、警戒が必要です。

 

関連サイトへのリンク

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県森林環境部大気水質保全課 担当:水質担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1511   ファクス番号:055(223)1512

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について