トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0399酒呑場遺跡

更新日:2017年6月13日

ここから本文です。

遺跡トピックスNo.0399酒呑場遺跡

北杜市の遺跡

0002甲ッ原遺跡-埋甕-
0009横針前久保遺跡-石器-
0018金生遺跡-中空土偶-
0031天神遺跡-硬玉製大珠-
0050天神遺跡-石匙-
0336天神遺跡-集落跡-
0057丘の公園第2遺跡-石器-
0134丘の公園第2遺跡ほか-陥し穴-
0075原町農業高校前遺跡-縄文土器-
0076原町農業高校前遺跡-縄文土器-
0109原町農業高校前(下原)遺跡-陥し穴-
0115原町農業高校前遺跡-人面装飾付土器-
0137原町農業高校前遺跡-人面装飾付土器-
0094清里バイパス第1遺跡-陥し穴-
0112海道前C遺跡-人面装飾付土器-
0254海道前C遺跡-抽象文土器-
0138甲ッ原遺跡-縄文時代前期初頭の住居-
0142金生遺跡-耳飾り-
0169甲ッ原遺跡-石皿とすり石-
0212甲ッ原遺跡-琥珀垂飾について-
0294甲ッ原遺跡-漆が塗られた土器片-
0405甲ッ原遺跡-特殊脚付鉢-
0226塩川遺跡-中世の調理器具-
0236天神遺跡-日本最古のヒスイのペンダント-
0237酒呑場遺跡-マメの圧痕-
0308酒呑場遺跡-火焔型土器-
0316酒呑場遺跡-産まれる縄文人-
0319酒呑場遺跡-海へのあこがれ-
0239甲ッ原遺跡-縄文時代前期初頭の住居跡と土器-
0271金生遺跡-鉄釉兎形水滴-
0272中込遺跡-絡条体圧痕文土器-
0315郷蔵地遺跡-敷石住居-
0323金生遺跡-縄文ランドスケープ-
0328酒呑場遺跡-酒呑場遺跡で見つかった『謎』の土器片-
0399酒呑場遺跡-豊かな縄文時代中期文化を代表する683点の出土品-
0338柳坪遺跡-縄文時代中期の土器-
0377丘の公園14番ホール遺跡-長大な石槍で狩りをする人々の15000年前の石器作り工房跡-
0380日影田遺跡-住居跡と炉-

酒呑場遺跡の国指定重要文化財

~豊かな縄文時代中期文化を代表する683点の出土品~

遺跡の特徴

八ヶ岳南麓の標高710メートル前後の中腹にある小高い丘の上にあり、東西約150メートル、南北約300メートルの巨大な遺跡です。発掘調査は、山梨県酪農試験場増・改築工事に際して実施され、1994年(H6)から2001年(H13)までに合計10400平方メートルを4次にわたり実施しました。

調査の結果、遺跡北半には直径約150メートルもの縄文時代中期前半(5500~5000年前頃)の大形環状集落が確認され、その東半部分が調査されました。遺跡の東側には縄文時代前期後半(6000年前頃)を中心とした住居群が重複していました。また、遺跡南側には縄文時代中期後半(5000~4500年前頃)の集落があり、調査された住居跡は231軒におよび、土坑5850基、中期後半の配石9基などが検出されました。出土遺物は、コンテナ約3000箱もあります。

所在地山梨県北杜市長坂町長坂上条(県酪農試験場内)

時代縄文時代前・中期

報告書

山梨県埋蔵文化財センター調査報告第135集1997(H9)刊行

山梨県埋蔵文化財センター調査報告第136集1997(H9)刊行

山梨県埋蔵文化財センター調査報告第169集1998(H10)刊行

山梨県埋蔵文化財センター調査報告第209集2003(H15)刊行

山梨県埋蔵文化財センター調査報告第216集2005(H17)刊行

調査機関山梨県教育委員会・山梨県埋蔵文化財センター

0399_酒呑場遺跡2

様々な表情の土偶(中央の最大品が長さ19cm)

豊かな表現の土器や土製品

指定品は、縄文時代中期を中心とした土器12種類262点と土製品7種類201点、石器12種類186点と石製品34点の合計683点です。目を引くのが豊富な土器群です。朝顔形、樽形といった多様な深鉢形土器や、淺鉢形有孔鍔付といった豊富な種類がみられます。文様は、楕円文や三角文、J字文などを連続させて文様の帯を作り、何段かに重ねて表現されています。さらにはサンショウウオ状の文様や立体的な装飾などがみられます。また、縄文ダイズを粘土の中に入れ込んだ土器が注目され、縄文中期における植物栽培の存在を示す貴重な資料も含まれます。さらに、土製品には縄文中期に発達する表情豊かな土偶のほか、土鈴や耳飾りなどがあります。

0399_酒呑場遺跡30399_酒呑場遺跡4

写真左:小形石器(上段から石鏃、石錐、石匙。右下端が長さ6cm)

写真右:大形石器(上段左端石台、石棒、下段石皿、右上端が長さ47cm)

生きる知恵が結集された生活用具の数々

さまざまな技術をこらした石器は、石鏃石匙・石錐などの小形石器、打製石斧・磨製石斧・クボミ石などの中形石器、石皿・石棒などの大形石器など多彩であり、自然から食糧を確保する生活の知恵の奥深さが示されています。縄文人の心の中をうかがわせる神秘に満ちた石製装飾品も豊富にあります。

これら土器・土製品、石器・石製品は、中部地方における縄文中期文化の奥深さを知る上で重要な資料であり、学術的価値は極めて高いと評価されました。

0399_酒呑場遺跡5

石製装飾品

(ペンダントや耳飾りなど。左上端が長さ4cm)

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について