更新日:2017年6月13日

ここから本文です。

まいぶん用語集_あ行_浅鉢形土器(あさばちがたどき

索引

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

縄文土器の形状で、出土量の多い深鉢型土器はおもに煮炊き用として、出土量の少ない浅鉢形土器は煮炊き以外の用途で使用されていたと考えられます。

下の写真は、縄文時代中期中葉の浅鉢形土器で、内側に曲がった口縁部にイノシシの装飾が付けられています。イノシシは縄文土器に装飾として付けられることが多い動物です。縄文時代の人々にとって、イノシシは狩猟の対象になる動物ということだけではなく、子供をたくさん生むことなどから、食料の豊作や子孫繁栄の象徴として、特別な存在であったようです。

 

浅鉢形土器1

美通遺跡B区4(都留市井倉地内)から出土したイノシシの装飾が付けられた(赤丸部分)浅鉢形土器

 

関連遺跡トピックス→No.02840399

用語集トップに戻る山梨県埋蔵文化財センタートップに戻る

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について