更新日:2017年6月16日

ここから本文です。

まいぶん用語集_あ行_石匙(いしさじ)

索引

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

縄文時代の打製石器の一種で、使用された痕の観察から動物質の皮・肉・角・骨や植物質の木などを加工するために用いられた万能ナイフと考えられています。

薄い石材の端を、基本的には両辺をえぐるように打ち欠いて、つまみ状の突起を作り出した形態が特徴になります。

つまみから身が縦に長く伸びる縦型(文字通りスプーンの先端のような形)と、横に広がる横型(斧の刃部分のような形)とに大別できますが、必ずしもそのままで完成とならず、各種の削器となる例も多いです。

 

石匙

天神遺跡(北杜市大泉町)から出土した石匙

 

 

関連遺跡トピックス→No.0050016203990442

 

用語集トップに戻る山梨県埋蔵文化財センタートップに戻る

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について