トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0210平野遺跡

更新日:2015年12月14日

ここから本文です。

遺跡トピックスNo.210平野遺跡(ひらのいせき)出土の石包丁について

富士川町の遺跡

  • 0005鰍沢河岸跡-泥めんこ-
  • 0025鰍沢河岸跡-礎石建物跡・井戸-
  • 0027鰍沢河岸跡-石垣・粘土枠遺構-
  • 0030鰍沢河岸跡-口留番所跡-
  • 0035鰍沢河岸跡-道・区画-
  • 0047鰍沢河岸跡-胞衣壺-
  • 0048鰍沢河岸跡-磁器・泥めんこ-
  • 0068鰍沢河岸跡-文政の大火-
  • 0092鰍沢河岸跡-目薬瓶-
  • 0113鰍沢河岸跡-元禄一分判金-
  • 0117鰍沢河岸跡-文政の大火と磁器-
  • 0188鰍沢河岸跡-荷物置き場-
  • 0203鰍沢河岸跡-竹製の水道管-
  • 0208鰍沢河岸跡-陶器製湯たんぽ-
  • 0242鰍沢河岸跡-御蔵台-
  • 0270鰍沢河岸跡-うさぎ文様の茶碗-
  • 0351鰍沢河岸跡-お茶碗にみるものがたり-
  • 0359鰍沢河岸跡-統制番号製品-
  • 0015町屋口遺跡-水路・道路-
  • 0291町屋口遺跡-明治時代の磁器-
  • 0360町屋口遺跡-河岸お蔵道-
  • 0114青柳河岸跡-石垣-
  • 0158平野遺跡-焼失住居跡-
  • 0375鰍沢河岸跡-泥めんこ-

【遺跡概要(いせきがいよう)】

所在地:山梨県富士川町(旧増穂町)景勝寺字平野

時期:弥生時代後期末

遺跡の性格:集落遺跡

発見された遺構:弥生時代後期末の竪穴住居34軒ほか

調査主体:山梨県埋蔵文化財センター(第1次)、増穂町教育委員会(第2次)

これは、富士川町平野遺跡で発見された石包丁(いしぼうちょう)と呼ばれる弥生時代の稲の穂(ほ)を摘(つ)む道具です。写真のもののように、半月形(はんげつけい)をしているのが一般的で、孔(あな)をもつものと、もたないものがあります。また、つくりかたにも2種類あり、扁平(へんぺい)な石を磨いてつくるものと打ち欠いてつくるものとがあります。

写真のものは磨いてつくられた磨製石包丁(ませいいしぼうちょう)です。

210平野遺跡石包丁

平野遺跡出土の石包丁は長さ7.2cm、幅1.9cm程度の小型のもので、刃部(じんぶ)を片方の面から磨いてつくりだしています。

【「石包丁」という名称について】

石包丁という名称は、大正時代に、グリーンランドのエスキモーの使用している調理用ナイフとその形状が似ていることから名付けられました。また、使用目的も同様に調理用具であるとみなされておりました。その後、研究の進展により、中国の華北で用いられている鎌と共通する部分が多いということから、農産物(のうさんぶつ)、特に稲の収穫(しゅうかく)に使われたというように考えられるようになり、現在に至っております。

【石包丁による稲の収穫】

現在稲の収穫は、稲を根元から刈り取るいわゆる根刈りによってなされることが普通であります。しかし、写真の石包丁を使っていた弥生時代当時では、稲の穂を摘む穂首(ほくび)刈りが一般的でありました。また、奈良時代に正税帳(しょうぜいちょう)という諸国の税の出納状況(しゅつのうじょうきょう)や現在の量を記録した帳簿(ちょうぼ)があり、そのなかで、納める米は穎稲(えいとう)という穂首刈りをしたものを納めるということになっております。平安時代には脱穀(だっこく)した米を納めるようになりますが、穂首刈りしたものも納められており、平安時代までは稲の収穫は穂首刈りで行うという伝統が続きました。

【弥生時代石包丁の県内出土遺跡分布図】

210平野遺跡石包丁分布弥生時代の石包丁は平野遺跡以外にも、甲斐市(旧敷島町)金の尾(かねのお)遺跡、韮崎市堂の前(どうのまえ)遺跡、下横屋(しもよこや)遺跡、南アルプス市(旧櫛形町)六科丘(むじなおか)遺跡、北杜市(旧明野村)屋敷添(やしきぞえ)遺跡、甲府市塩部(しおべ)遺跡、山梨市堀ノ内(ほりのうち)遺跡でも出土しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 担当:稲垣自由
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について