更新日:2019年8月30日

ここから本文です。

山梨のがん情報

「がん」は昭和58(1983)年に死因の第1位となり、平成29(2017)年の総死亡者数9,678人のうち、がんによる死亡者は2,450人で、全死亡に占める割合は25.3%と、全体の約4分の1を占めています。

「がん」の総合的対策の推進を図るため、県は「山梨県がん対策推進計画」を策定し、がん患者を含めた県民が、がんを知り、がんの克服を目指し、がんに関する正しい知識を持ち、避けられるがんを防ぐことや、様々ながんの病態に応じて、いつでもどこに居ても、安心かつ納得できるがん医療や支援を受け、尊厳を持って暮らしていくことができるよう、「がん予防」、「がん医療の充実」及び「がんとの共生」を3つの柱とし、本計画の全体目標として、「科学的根拠に基づくがん予防・がん検診の充実」「患者本位のがん医療の実現」「尊厳を持って安心して暮らせる社会の構築」の3つを設定するとともに、取組みの指標を「継続的に、死亡率の低減を目指す」として、がん対策を推進しています。

メニュー

  1. がん対策の概要
  2. 山梨県がん対策推進条例
  3. 山梨県がん対策推進計画
  4. 山梨県がん対策推進協議会
  5. 山梨県におけるがん登録事業
  6. がんに関する相談窓口
  7. がん患者さんへのピアサポート活動紹介
  8. がん患者団体及び支援団体一覧
  9. がんに関するイベント紹介
  10. 山梨県がん検診受診率向上プロジェクト
  11. がん啓発・がん検診の受診率向上に向けた包括的連携
  12. がん検診受診率60%達成に向けた取り組み
  13. 学習活動用リーフレット
  14. がん検診(市町村がん検診情報)
  15. 子宮頸がんに関する情報
  16. 乳がんに関する情報
  17. がん患者妊孕性温存支援事業
  18. がん医療と歯科医療の連携
  19. がん情報お役立ちサイト~関係リンク
  20. 市町村及びがん検診等従事者向け情報
  21. 緩和ケアに関する情報
  22. がん患者等の就労支援に関する情報
  23. がん情報の音声・点字資料について

山梨県がん対策推進条例

がん対策の一層の充実を図るため、県、保健医療従事者、県民及び事業者の責務などを定めた「山梨県がん対策推進条例」は、平成24年4月1日に施行されました。
平成28年12月に「がん対策基本法」の一部が改正されたことを受け「山梨県がん対策推進条例」の一部が改正され、平成29年10月20日に施行されました。この改正においては、がんの早期発見の推進に係る規定等が追加されました。

 山梨県がん対策推進計画

山梨県では、国のがん対策推進基本計画を基本とし、山梨県がん対策推進条例を踏まえて、「山梨県がん対策推進計画」を策定し、総合的・計画的ながん対策を推進しています。

平成30年3月に、これまでの計画を見直し、平成30年度から令和5年度までの6年間の取り組み項目と目標を定めた計画を策定しました。

 

詳しくはこ山梨県がん対策推進計画についてをご覧ください。

山梨県がん対策推進協議会

県では、がん対策の総合的かつ計画的な推進を図るため、「山梨県がん対策推進協議会」を設置し、がん対策推進計画に関すること、がん対策の推進に関すること、その他必要な事項について協議しています。

 山梨県におけるがん登録事業

県では、医師や医療機関の協力のもとに、平成19年4月からがん患者さんの情報を集めて集計・解析をする「地域がん登録事業」を実施してきました。「地域がん登録」では、平成27年12月31日までに診断された症例を登録しています。

平成28年1月からは、がん登録等の推進に関する法律に基づき、「全国がん登録」を実施しています。「全国がん登録」では、平成28年1月1日以降に診断された症例を登録しています。

 がんに関する相談窓口

「山梨県がん患者サポートセンター」をご利用ください

県では、がんに関する総合相談窓口として、「山梨県がん患者サポートセンター」を設置しております。

運営は日本対がん協会山梨県支部である(公財)山梨県健康管理事業団に委託し、平成24年7月から相談業務を開始しました。

がん患者さんやそのご家族が抱える悩みや不安に、医師や保健師・看護師、ピアサポーター(がんを経験した仲間)が相談に応じます。

相談は無料です。秘密は厳守します。お気軽にサポートセンターまでお電話ください。

  • 場所:山梨県健康管理事業団内(甲府市宝1-4-16)
  • 連絡先:電話:055(227)8740
  • 相談対応者:
  • 医師による相談:面接相談(完全予約制)。電話で面接日時を予約してください。
  • 保健師、看護師による相談:原則火曜日午後1時から午後5時まで。面接相談(予約制)、電話相談(予約不要)。
  • 社会保険労務士による相談:毎月第3火曜日午後1時から午後4時まで。面接相談(予約制)、電話相談(予約不要)。
  • ピア・サポーターによる相談:原則火曜日午後1時から午後4時まで。面接相談(予約制)、電話相談(予約不要)。
  • 面接相談をご希望の場合は、事前に電話予約をしてください。
  • 「山梨県がん患者サポートセンター」パンフレット(PDF:741KB)
  • 出張がん相談のお知らせ:令和元年10月3日(木曜日)(PDF:421KB)

山梨県内のがん診療連携拠点病院等の相談支援センター

県内のがん診療連携拠点病院や地域がん診療病院の相談支援センターにおいて、電話や面接などによる相談を受け付けています。また、ホスピス相談を山梨ホスピス協会が行っています。

いずれの相談も無料です。

なお、県内のがん診療連携拠点病院や地域がん診療病院は、次のとおりです。

《がん診療連携拠点病院及び地域がん診療病院の相談支援センター》

病院名

担当部署

電話番号

山梨県立中央病院

〒400-8506

甲府市富士見1丁目1-1

がん相談支援センター

055-253-7111

内線1214

山梨大学医学部

附属病院

〒409-3898

中央市下河東1110

医療福祉支援センター

055-273-9872(直通)

市立甲府病院

〒400-0832

甲府市増坪町366番地

総合相談室

055-244-1111

内線1182

富士吉田市立病院

〒403-0005

富士吉田市上吉田6530

地域医療支援センター

0555-22-4111

内線3104

山梨厚生病院

〒405-0033

山梨市落合860

総合相談センターがん相談支援室

0553-23-1372(直通)

《ホスピス相談》

機関名

内容

電話番号

NPО法人山梨ホスピス協会

医師、看護師、ソーシャルワーカー、

薬剤師等による相談

055-251-6110

《機能別医療機関等》

このデータは山梨県地域保健医療計画(平成25年度~29年度)で公表することを前提に実施した調査などに基づいて作成されたものです。部位別のがん医療を担う病院や療養支援等の機能別医療機関一覧等です。

わたしの手帳~大切な自分と向き合うために~(山梨県がん患者療養生活手帳)

県では、がんと診断された患者さんの療養生活の質の向上を目指し、治療計画や治療の記録、療養生活情報など情報を一冊に集約できる「わたしの手帳」を作成しました。

自分のための記録・・・「がん」を知り、「がん」と向き合い、「がん」に負けないで生活したい・・・、そんな想いを込めてがん体験者が中心となって作成した手帳です。頑張っている自分を見つめ、より充実した日々を送るためにこの手帳をご活用ください。

手帳の特徴

患者の自己管理手帳で、自分(家族)で記入するものです。(診療報酬対象外です。医療連携パスではありません。)

手帳は5種類(胃・大腸・肺・乳房・肝臓)です。

「治療・手術の計画」や「検査・治療の長期的な予定・記録」「診察の記録」などを記録します。

病気のことを一冊に記録しておけるだけでなく、受けている治療や薬などを記載することで、災害などの緊急時にも役立ちます。

配付機関(手帳は次のところで受け取ることができます)

がん治療を行っている病院、各市町村、各保健福祉事務所、山梨県がん患者サポートセンター(山梨県健康管理事業団)など

記入についてのお問合せ

山梨県がん患者サポートセンター(火曜日13時00分~16時00分)Tel055-227-8740

NPO法人がんフォーラム山梨Tel055-252-7687

手帳に関するお問合せ

山梨県福祉保健部健康増進課Tel055-223-1497

◆わたしの手帳

・胃(PDF:908KB)

・大腸(PDF:875KB)

・肺(PDF:835KB)

・乳房(PDF:943KB)

・肝臓(PDF:731KB)

・記入ガイド(PDF:745KB)

・わたしの手帳資料編(PDF:2,099KB)

医療従事者の方へのお願い

・わたしの手帳を配付してくださる方へ(PDF:108KB)

・わたしの手帳を持参された方への対応について(PDF:124KB)

 

患者必携~山梨県がんサポートブック

山梨県がん診療連携拠点病院連絡協議会と県では、がんと診断されて間もない患者さんの思いに寄り添い、支援の一助となることを目指して、「信頼でき、わかりやすく、役立つ情報」を一冊にまとめた「患者必携~山梨県がんサポートブック」を作成しました。

患者必携は、がん診療連携拠点病院内の相談支援センター等に設置されています。また下記からも最新版をダウンロードできまので、ご活用ください。

 

患者必携~山梨県がんサポートブック

がん情報サービスganjoho.jp

 

独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターのホームページ「がん情報サービス」で、「もしもがんと言われたらーまず、心がけておきたいこと」として、納得できる治療を受けることや、よりよい療養生活を送る助けとして役立つ情報を掲載しています。

がん情報サービス

がん患者さんへのピアサポート活動紹介

平成23年5月に、山梨県がんピアサポート研修会を修了した方で構成される「山梨がんピアサポート希望(のぞみ)の会」が発足しました。

がん患者さん及びご家族の抱える不安や悩みにがん経験者が寄り添い、相談者ご自身が納得できる安心した生活を送るためのお手伝いを行っています。

 

山梨県がんピアサポート希望(のぞみ)の会の活動は下記をご覧ください。

 

ピア・サポート研修について

二人に一人が一生涯のうちにがんになる時代になりました。でも、その告知はあまりにも突然で混乱したまま治療がすすんでいきます。

山梨県は、がん体験者に研修を受けていただき、新たな患者・家族・遺族をサポートする事業を進めています。

がんにまつわる体験をした皆さん、がんサバイバーシップ(がん体験者の想いを共有できる社会)あふれる山梨県になるためのお手伝いをしてください。

  • 日時:1回目 令和元年9月7日(土曜日)10時~16時30分

  2回目 令和元年9月21日(土曜日)10時~16時30分

  • 会場:山梨学院大学大学院棟1階会議室
  • 参加資格:がん患者・体験者本人・ご家族・ご遺族
  • 参加料:無料
  • 主催・お問い合わせ先:合同会社エースプランニング

ピア・サポート研修詳細(PDF:2,864KB)

 がん患者団体及び支援団体一覧a

がん患者や家族は、告知を受けた瞬間から、不安やとまどいに直面し、「再発」や「転移」の恐怖と向き合っています。同じ思いを体験している仲間に相談したり、悩みを語り合うことは、明日への勇気につながります。

 

県では、がん患者団体や支援団体の情報を収集しています。

県福祉保健部健康増進課がん対策推進担当まで、御連絡ください。

  • 電話番号:055(223)1497
  • ファックス番号:055(223)1499

 がんに関するイベント紹介

山梨県内で開催されるがんに関する講演会やイベントなどのご紹介をしています。

各イベントは予約が必要なものもありますので、詳細は各事務局あてお問い合わせください。

講演「がんと遺伝子」~そしてゲノム医療の展望(これから)~が開催されます

  • 日時:令和元年10月6日(日曜日)13時30分から16時45分まで
  • 場所:山梨県立図書館1階イベントスペース
  • 内容:がんゲノム医療についてなど
  • 参加料:無料
  • 主催:NPO法人がんフォーラム山梨
  • 問い合わせ先:NPO法人がんフォーラム山梨事務局花水木
  • がんフォーラム開催案内(PDF:583KB)  

がんチャリティーコンサート&パフォーマンスが開催されます

  • 日時:令和元年9月29日(日曜日)9時40分から16時30分まで
  • 場所:甲府駅南口駅前広場及び甲府駅北口ペデストリアンデッキ
  • 参加料:無料
  • 主催:NPO法人がんフォーラム山梨
  • 問い合わせ先:NPO法人がんフォーラム山梨事務局花水木
  • チャリティーコンサート開催案内(PDF:1,162KB)

 山梨県がん検診受診率向上プロジェクト

山梨県がん検診受診率向上プロジェクト

山梨県では、がん検診の受診率の向上に向けた取組みを企業と協働して進めるために「山梨県がん検診受診率向上プロジェクト」の協定を締結しています。

協定企業

  • 東京海上日動火災保険株式会社
  • 株式会社山梨中央銀行
  • 山梨信用金庫
  • 甲府信用金庫
  • 都留信用組合
  • 山梨県民信用組合

平成24年4月25日に、「山梨県がん検診受診率向上プロジェクト」の協定を締結しました

山梨県では、平成21年11月13日に協定を締結していた4社(東京海上日動火災保険株式会社、株式会社山梨中央銀行、山梨信用金庫、都留信用組合)に、2社(甲府信用金庫、山梨県民信用組合)を加え、新たに「山梨県がん検診受診率向上プロジェクト」の協定を締結しました。

県内に本店を持つ金融機関がすべて加わり、代表者全員でがんの早期発見、早期治療を目指していくことを確認しました。今後も時期続き、県民に対するがん検診の推奨を行っていきます。

 

締結式1締結式2

「がん啓発・がん検診の受診率向上」に向けた包括的連携

山梨県では、平成21年11月13日に、アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)と『山梨県とアフラックとの「がん啓発・がん検診の受診率向上」に向けた包括的連携に関する協定を締結しました。

「山梨県がん対策推進計画」に関する取組みを通じて、がんの早期発見・早期治療による県民の健康的な生活の実現を目的に連携を図っていきます。

主な活動内容

  • がんの正しい知識の普及啓発
  • がん検診の重要性の啓発など、がんの早期発見・早期治療の理解促進に向けた取組み

がん啓発及びがん検診受診率向上に向けた包括的連携に関する協定について

山梨県では、平成28年9月16日に、第一生命保険株式会社甲府支社との「がん啓発及びがん検診受診率向上に向けた包括的連携に関する協定」を締結しました。

本協定締結により、第一生命保険株式会社甲府支社の企業としてのネットワークを活用し、より広く県民に対してがんに関する情報提供やがん検診の大切さ、受診の重要性など普及啓発を図ります。

 

協定内容

  • 山梨県がん対策推進計画の目標達成を目的とした、県民に対するがんの正しい知識の普及とがん検診と受診勧奨等

daiitisyasin

 がん検診受診率60%達成に向けて

山梨県はがん検診受診率60%を目標にしています

厚生労働省は、10月を「がん検診受診率50%達成に向けた集中月間」とし、さまざまな取り組みを行っています。がんの早期発見、早期治療のために受けてほしいがん検診。山梨県は全国に比べると受診率は比較的高く、平成28年国民生活基礎調査結果では、子宮頸がん検診以外の胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん検診で目標の受診率50%を達成することができました。これを受け、山梨県第3次がん対策推進計画において、がん検診受診率60%を目標に掲げております。

「さあ、行くじゃん!がん検診」この機会に、がん検診を受けましょう。

poster

がん検診受診率向上集中キャンペーンポスター(PDF:270KB)

学習活動用リーフレット

平成24年4月1日に「山梨県がん対策推進条例」が施行され、生活習慣が健康に及ぼす影響、がんの予防や早期発見の重要性など、正しい知識を繰り返し学習することで、理解、関心を深めていく必要があるため、第10条にがん教育の推進と定められました。

そこで県では、平成24年度から中学3年生および高校1年生を対象としたがんに関する学習活動用リーフレットを作成し、平成25年度からは小学6年生を加えて、それぞれの年齢に合わせた内容のリーフレットを作成しています。

リーフレットの電子データは、県教育委員会のホームページからダウンロードすることができます。

県教育委員会ホームページへのリンク

スポーツ健康課「保健・給食」>がんに関する普及啓発>リーフレット小学生用・中学生用・高校生用

子宮頸がんに関する情報

子宮頸がんは定期的ながん検診で予防可能です!

がん検診の目的は、がんを早期に発見し早期治療で、がんによる死亡を減少させることです。

特に、子宮頸がんは、検診を受けていれば早期発見しやすく、完治しやすいがんです。20歳をすぎたら、2年に1回子宮頸がん検診を受けましょう。

関係リンク先一覧

 乳がんに関する情報

10月は、乳がん月間です!日本女性の20人にひとりが罹ると言われています。乳がんは、早期に発見すれば治癒率の高いがんです。40才を過ぎたら、2年に1回マンモグラフィー検診をうけましょう。

検診については、お住まいの市町村へお尋ねください。

 

pinnkuribon乳がんに関する知識(がん情報サービス)

 

 がん患者妊孕性温存支援事業

がんの治療内容によっては、妊孕性(生殖能力のこと)に影響を及ぼすことが知られており、国内では、平成29年に日本癌治療学会が「小児、思春期・若年がん患者の妊孕性温存に関する診療ガイドライン」を定め、がん治療医と生殖医療を専門とする医師との連携が図られてきています。

しかし、妊孕性温存に係る費用は、保険適用外で、全額自己負担となることから、県では、対象となるがん患者が、将来に希望を持ってがん治療に取り組めるよう、平成31年4月1日以降、妊孕性温存療法を終了した県民に対し、この療法に要した費用を助成することとしました。

詳しくは「がん患者妊孕性温存支援事業」のページをご覧ください。

 がん検診

がんの早期発見の推進のため、がん検診の方法等の検討、事業評価の実施、検診に携わる医療従事者に対する研修等を行っています。

「がん検診」詳細(PDF:8KB)

 

令和元年度市町村がん検診情報

がんは早期発見、早期治療が大切です。

厚生労働省ではがん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針において、次のようながん検診の受診を推奨しています。

R1国の指針で定めるがん検診の内容(PDF:190KB)

H30国の指針で定めるがん検診の内容(PDF:223KB)

お住まいの市町村が実施するがん検診の情報を確認のうえ、指針に定められている対象となる方は受診してください。

詳細は各市町村の問い合わせ先までお願いします。

 

生活習慣病検診管理指導協議会における課題検討結果について

がん検診を効果的に行うには、検診の精度管理が非常に重要です。

県内の市町村で実施されているがん検診について、生活習慣病検診管理指導協議会の各がん部会で各チェックリストに基づき調査、検討した結果を公表しております。

市町村チェックリスト(PDF:1,516KB)

検診実施機関チェックリスト(PDF:424KB)

都道府県チェックリスト(PDF:400KB)

 がん医療と歯科医療の連携

口腔の衛生状態や健康度が、がん治療の経過や予後に大きく関わることが種々の研究から明らかになっています。がんの手術前や手術後に口腔ケアを実施すると、治療に伴う口腔トラブルの予防と軽減が図られ、がん治療に効果的です。

平成24年4月13日にすべてのがん患者が安心して歯科治療や口腔ケアを継続的に受けることが出来る体制整備、及び地域医療連携ネットワークの構築を目的として県のがん診療連携拠点病院である県立中央病院と山梨県歯科医師会との間にがん医療のための医科歯科連携の協定が締結されました。

 

詳しくはこちら医科歯科連携(PDF:7KB)

 がん情報お役立ちサイト~関係リンク

がんに関する役立つ情報が満載のサイトをご紹介します。

県内サイト

県外サイト

 

市町村及びがん検診等従事者向け情報

県では、がん検診受診率向上の一助となるよう、関係者向けに研修会・会議を開催し、がんに関する各種データを取りまとめ、資料として公表しています。ぜひご活用ください。

  • 平成26年度山梨県地域がん登録事業推進委員会(平成27年2月12日)

・「平成26年度山梨県地域がん登録事業」(PDF:2,696KB)

・「5年相対生存率(2008年罹患)」(PDF:75KB)

・「2012年がん罹患集計結果(暫定値)」(PDF:697KB)

・「山梨県がん罹患集計結果(2008~2011年)」(PDF:3,933KB)

 緩和ケアに関する情報

緩和ケアとは、重い病を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケア(特定非営利活動法人日本緩和医療学会による『市民に向けた緩和ケアの説明文』)とされています。さらにわかりやすく一言でいうと「病気に伴う心と体の痛みを和らげること」(厚生労働省緩和ケア推進検討会)となります。がん患者さんや家族は、がんと診断されたとき、治療の経過、あるいは再発や転移がわかったときなどのさまざまな場面でつらさやストレスを感じます。緩和ケアでは患者さんと家族が自分らしく過ごせるように、医学的な側面に限らず、いろいろな場面で幅広い対応をしていきます。

「がん対策推進基本計画(平成24年6月閣議決定)」において、緩和ケアについては、「がんと診断された時からの緩和ケアの推進」が重点的に取り組むべき課題として位置付けられています。がん患者とその家族が、可能な限り質の高い治療・療養生活を送れるように、身体的症状の緩和や精神心理的な問題などへの援助が、終末期だけでなく、がんと診断された時からがん治療と同時に行われることが求められています。

がん診療に携わる医師等に対する緩和ケア研修会について

がん等の診療に携わる医師等に対し、がん等と診断された時から痛みをはじめとした、苦痛に対する緩和ケアの知識、技術を修得し実践できるよう、がん診療連携拠点病院等において、厚生労働省から示された指針に基づき緩和ケア研修会を開催しています。

 がん患者等の就労支援に関する情報

現在、日本人の2人に1人ががんに罹り、そのうち3人に1人が働く世代であるといわれています。がんは加齢とともに罹る可能性が高まるため、高齢化の進展や定年の延長化を背景に今後は事業場において、がんを経験する労働者が増えることが見込まれます。一方で医療技術の進歩により、仕事をしながら治療を続けることができる患者が増加しており、労働者ががんになった際の対応が企業経営を行う上でも重要な課題となっています。

このようなことから、県と独立行政法人労働者健康安全機構山梨産業保健総合支援センターでは、「事業者のためのがん治療と仕事の両立支援ハンドブック」を作成しました。是非ご活用ください。

関連資料

 がん情報の音声・点字資料について

国立がん研究センターにおいては、障害のある方にがん情報をお届けするための取り組みを進めています。

音声、点字資料のご案内については、次のリンクをご参照ください。

・国立がん研究センターがん情報サービス「音声・点字資料」

・国立がん研究センターがん情報サービス「がん情報音訳・点訳資料作成支援について」

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部健康増進課 担当:がん対策推進担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1497   ファクス番号:055(223)1499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について