更新日:2021年6月30日

ここから本文です。

山梨のがん情報

メニュー

各項目をクリックすると、リンク先を表示します。

1本県のがん対策 ①がんに関する条例、計画について
2がん予防 ①がん検診について
  ②本県が取り組む受診率向上対策について
  ③生活習慣病検診管理指導協議会について
3がん医療 ①がん診療連携拠点病院等について
  ②緩和ケアについて
  ③がん医療と歯科医療の連携について
4患者支援 ①相談窓口について
  ②がん患者へのピアサポート活動の紹介について
  ③がん患者への支援事業について
  ④患者団体、支援団体について
5がん教育 ①がんに関する学習資材について
6がんに関する知識の普及啓発 ①各種イベントについて
7統計情報 ①がん登録について
  ②各種データについて
8リンク集  

 1本県のがん対策

 1-①がんに関する条例、計画について

山梨県がん対策推進条例

「がん」は昭和58(1983)年に死因の第1位となり、本県の令和元年(2019)年の総死亡者数10,083人のうち、がんによる死亡者は2,547人で、全死亡に占める割合は25.3%と、全体の約4分の1を占めています。

がん対策の一層の充実を図るため、県、保健医療従事者、県民及び事業者の責務などを定めた「山梨県がん対策推進条例」は、平成24年4月1日に施行されました。

平成28年12月に「がん対策基本法」の一部が改正されたことを受け「山梨県がん対策推進条例」の一部が改正され、平成29年10月20日に施行されました。この改正においては、がんの早期発見の推進に係る規定等が追加されました。

平成30年7月に「健康増進法」の一部が改正されたことを受け「山梨県がん対策推進条例」の一部が改正され、令和2年4月1日に施行されました。この改正においては、健康増進法の規定を引用する受動喫煙に係る規定について、法改正との整合を図りました。

山梨県がん対策推進計画

山梨県では、国のがん対策推進基本計画を基本とし、山梨県がん対策推進条例を踏まえて、「山梨県がん対策推進計画」を策定し、総合的・計画的ながん対策を推進しています。

がん患者を含めた県民が、がんを知り、がんの克服を目指し、がんに関する正しい知識を持ち、避けられるがんを防ぐことや、様々ながんの病態に応じて、いつでもどこに居ても、安心かつ納得できるがん医療や支援を受け、尊厳を持って暮らしていくことができるよう、「がん予防」、「がん医療の充実」及び「がんとの共生」を3つの柱とし、本計画の全体目標として、「科学的根拠に基づくがん予防・がん検診の充実」「患者本位のがん医療の実現」「尊厳を持って安心して暮らせる社会の構築」の3つを設定するとともに、取組みの指標を「継続的に、死亡率の低減を目指す」として、がん対策を推進しています。

平成30年3月に、これまでの計画を見直し、平成30年度から令和5年度までの6年間の取り組み項目と目標を定めた計画を策定しました。

山梨県がん対策推進協議会

県では、がん対策の総合的かつ計画的な推進を図るため、「山梨県がん対策推進協議会」を開催し、がん対策推進計画に関すること、がん対策の推進に関すること、その他必要な事項について、多様なお立場からご意見をいただいております。

 2がん予防

 2-①がん検診について

令和3年度市町村がん検診情報

がんは早期発見、早期治療が大切です。

厚生労働省では、がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針を定め、科学的根拠に基づくがん検診の受診を推奨しています。お住まいの市町村が実施するがん検診の情報を確認のうえ、指針に定められている対象となる方は受診してください。

令和3年度市町村がん検診対象年齢・⾃⼰負担額⼀覧表(国の指針に沿った検診)(PDF:177KB)

また、山梨県の健康課題に基づき市町村が行う検診の一覧は次のとおりです。

令和3年度市町村がん検診対象年齢・⾃⼰負担額⼀覧表(山梨県の健康課題に基いた検診)(PDF:170KB)

詳細は各市町村の問い合わせ先までお願いします。

子宮頸がんについて

早期の子宮頸がんは、ほとんど自覚症状がありません。

子宮頸がん検診では、がんになる前の細胞を見つけることができます。

20歳をすぎたら2年に1回、お住まいの市町村から検診の受診案内が通知されます。

がんの早期発見のため、子宮頸がん検診を定期的に受診しましょう。

山梨県における子宮頸がん検診の統一運用について

山梨県における子宮頸がん個別検診は、令和3年度から国の指針に定める検診となるよう、県内市町村が統一して運用しています。

山梨県における子宮頸がん検診の統一運用について(PDF:230KB)

検診の結果、要精密検査となった場合について

子宮頸がんの精密検査について、一定の施設基準を満たす医療機関を県が登録しています。

山梨県子宮頸がん検診精密検査登録医療機関一覧表(PDF:115KB)

検診機関から渡される「精密検査依頼書兼報告書」と「紹介状」を持って、上記の登録医療機関にて必ず精密検査を受けましょう。
子宮頸がん予防ワクチンの定期接種

子宮頸がん等を予防する目的でヒトパピローマウイルス感染症の予防接種(HPVワクチン接種)が行われますが、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛等が見られた事例があり、予防接種法に基づく定期接種の積極的な勧奨は差し控えられています。

定期接種を中止するものではありませんが、接種を受ける場合にはその有効性と接種による副作用が起こるリスクを十分に理解した上で受けるようにしてください。

関係リンク先一覧

乳がんについて

10月は、乳がん月間です!日本女性の20人にひとりが罹ると言われています。乳がんは、早期に発見すれば治癒率の高いがんです。40才を過ぎたら、2年に1回マンモグラフィー検診をうけましょう。

検診については、お住まいの市町村へお尋ねください。

pinnkuribon乳がんに関する知識(がん情報サービス)

 2-②本県が取り組む受診率向上対策について

コロナ下においても「がん検診」は重要です。

定期的に検診を受け、早期に発見できたがんは治る可能性が高まります。

自覚症状が出てからの発見では、がんが進行し治療が困難になるおそれがあります。

「がん検診」を控えず定期的に受けましょう。

  • 検診を受ける前には、体温を測定するなど体調に問題がないことを確認しましょう。
  • マスクの着用、手洗いなどの感染対策を徹底しましょう。

R3コロナ下がん検診重要性ポスター

コロナ下でも「がん検診」は重要です。(ポスター)(PDF:194KB)

山梨県はがん検診受診率60%を目標にしています

厚生労働省は、10月を「がん検診受診率50%達成に向けた集中月間」とし、さまざまな取り組みを行っています。がんの早期発見、早期治療のために受けてほしいがん検診。山梨県は全国に比べると受診率は比較的高く、平成28年国民生活基礎調査結果では、子宮頸がん検診以外の胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん検診で目標の受診率50%を達成することができました。これを受け、山梨県第3次がん対策推進計画において、がん検診受診率60%を目標に掲げております。

「さあ、行くじゃん!がん検診」この機会に、がん検診を受けましょう。

 2020ポスター

がん検診受診率向上集中キャンペーンポスター(PDF:212KB)

山梨県がん検診受診率向上プロジェクト

山梨県では、がん検診の受診率の向上に向けた取組みを企業と協働して進めるために「山梨県がん検診受診率向上プロジェクト」の協定を締結しています。

平成21年11月13日に協定を締結していた4社(東京海上日動火災保険株式会社、株式会社山梨中央銀行、山梨信用金庫、都留信用組合)に加えて、平成24年4月25日に2社(甲府信用金庫、山梨県民信用組合)と新たに「山梨県がん検診受診率向上プロジェクト」の協定を締結しました。

県内に本店を持つ金融機関がすべて加わり、代表者全員でがんの早期発見、早期治療を目指していくことを確認しました。

今後も時期続き、県民に対するがん検診の推奨を行っていきます。

協定企業

  • 東京海上日動火災保険株式会社
  • 株式会社山梨中央銀行
  • 山梨信用金庫
  • 甲府信用金庫
  • 都留信用組合
  • 山梨県民信用組合 

「がん啓発・がん検診の受診率向上」に向けた包括的連携

山梨県では、平成21年11月13日に、アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)と『山梨県とアフラックとの「がん啓発・がん検診の受診率向上」に向けた包括的連携に関する協定を締結しました。

「山梨県がん対策推進計画」に関する取組みを通じて、がんの早期発見・早期治療による県民の健康的な生活の実現を目的に連携を図っていきます。

主な活動内容

  • がんの正しい知識の普及啓発
  • がん検診の重要性の啓発など、がんの早期発見・早期治療の理解促進に向けた取組み

がん啓発及びがん検診受診率向上に向けた包括的連携に関する協定について

山梨県では、平成28年9月16日に、第一生命保険株式会社甲府支社との「がん啓発及びがん検診受診率向上に向けた包括的連携に関する協定」を締結しました。

本協定締結により、第一生命保険株式会社甲府支社の企業としてのネットワークを活用し、より広く県民に対してがんに関する情報提供やがん検診の大切さ、受診の重要性など普及啓発を図ります。

協定内容

  • 山梨県がん対策推進計画の目標達成を目的とした、県民に対するがんの正しい知識の普及とがん検診と受診勧奨等

 2-③生活習慣病検診管理指導協議会について

生活習慣病検診管理指導協議会の開催

市町村、医療保険者及び検診実施機関に対し、生活習慣病に係る健康診査の実施及び精度管理に関する事項について、専門的な見地から適切な指導を行うために、山梨県生活習慣病検診管理指導協議会を設置しています(令和2年度から県附属機関に移行しました)。

山梨県生活習慣病検診管理指導協議会の実施状況

生活習慣病検診管理指導協議会における課題検討結果報告書

山梨県生活習慣病検診管理指導協議会及び各がん部会で検討・報告された事項について、結果等を公表しています。

【令和2年度山梨県生活習慣病検診管理指導協議会における課題検討結果報告】

表紙・目次(PDF:51KB)

胃・大腸・肝がん部会(P1~54)(PDF:2,317KB)

乳・子宮がん部会(P55~82)(PDF:1,523KB)

肺がん・登録評価部会(P83~155)(PDF:3,489KB)

要綱・委員一覧(P156~159)(PDF:264KB)

【令和元年度山梨県生活習慣病検診管理指導協議会における課題検討結果報告】

令和元年度山梨県生活習慣病検診管理指導協議会における課題検討結果報告(PDF:4,096KB)

※本報告書の数値、指標は公表時点での速報値であり、国等で公表する数値、指標とは異なる場合がありますのでご注意ください。

がん検診のためのチェックリストの結果の公表について

がん検診を効果的に行うには、検診の精度管理が非常に重要です。

県内の市町村で実施されているがん検診について、生活習慣病検診管理指導協議会の各がん部会で各チェックリストに基づき調査、検討した結果を公表しています。

【令和3年3月5日】令和元年、平成30年の市町村チェックリスト内容を一部訂正しました。

令和2年の調査結果

市町村チェックリスト(PDF:216KB)

検診機関チェックリスト(PDF:210KB)

都道府県チェックリスト(R2.3~R2.8)(PDF:855KB)

令和元年の調査結果

市町村チェックリスト(訂正版)(PDF:206KB)

検診機関チェックリスト(PDF:1,070KB)

都道府県チェックリスト(H31.3~R1.8)(PDF:551KB)

平成30年の調査結果

市町村チェックリスト(訂正版)(PDF:186KB)

検診機関チェックリスト(PDF:424KB)

都道府県チェックリスト(H30.3~H30.8)(PDF:507KB)

 3がん医療

 3-①がん診療連携拠点病院等について

がん患者がその居住する地域にかかわらず等しく、がんの状態に応じた適切ながん医療を受けられることを目的に、相談体制やがん医療提供体制の整備された医療機関を国が指定しています。

県内の「がん診療連携拠点病院」「地域がん診療病院」は、次のとおりです。

 3-②緩和ケアについて

緩和ケアとは、重い病を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケア(特定非営利活動法人日本緩和医療学会による『市民に向けた緩和ケアの説明文』)とされています。さらにわかりやすく一言でいうと「病気に伴う心と体の痛みを和らげること」(厚生労働省緩和ケア推進検討会)となります。がん患者さんや家族は、がんと診断されたとき、治療の経過、あるいは再発や転移がわかったときなどのさまざまな場面でつらさやストレスを感じます。緩和ケアでは患者さんと家族が自分らしく過ごせるように、医学的な側面に限らず、いろいろな場面で幅広い対応をしていきます。

「がん対策推進基本計画(平成24年6月閣議決定)」において、緩和ケアについては、「がんと診断された時からの緩和ケアの推進」が重点的に取り組むべき課題として位置付けられています。がん患者とその家族が、可能な限り質の高い治療・療養生活を送れるように、身体的症状の緩和や精神心理的な問題などへの援助が、終末期だけでなく、がんと診断された時からがん治療と同時に行われることが求められています。

がん診療に携わる医師等に対する緩和ケア研修会について

がん等の診療に携わる医師等に対し、がん等と診断された時から痛みをはじめとした、苦痛に対する緩和ケアの知識、技術を修得し実践できるよう、がん診療連携拠点病院等において、厚生労働省から示された指針に基づき緩和ケア研修会を開催しています。

 3-③がん医療と歯科医療の連携について

口腔の衛生状態や健康度が、がん治療の経過や予後に大きく関わることが種々の研究から明らかになっています。がんの手術前や手術後に口腔ケアを実施すると、治療に伴う口腔トラブルの予防と軽減が図られ、がん治療に効果的です。

平成24年4月13日にすべてのがん患者が安心して歯科治療や口腔ケアを継続的に受けることが出来る体制整備、及び地域医療連携ネットワークの構築を目的として県のがん診療連携拠点病院である県立中央病院と山梨県歯科医師会との間にがん医療のための医科歯科連携の協定が締結されました。

詳しくはこちら医科歯科連携(PDF:7KB)

 4患者支援

 4-①相談窓口について

「山梨県がん患者サポートセンター」をご利用ください

県では、がんに関する総合相談窓口として、「山梨県がん患者サポートセンター」を設置しております。

運営は日本対がん協会山梨県支部である(公財)山梨県健康管理事業団に委託し、平成24年7月から相談業務を開始しました。

がん患者さんやそのご家族が抱える悩みや不安に、医師、保健師、社会保険労務士、ピアサポーター(がんを経験した仲間)が相談に応じます。

相談は無料です。秘密は厳守します。お気軽にサポートセンターまでお電話ください。

  • 場所:山梨県健康管理事業団内(甲府市宝1-4-16)
  • 連絡先:電話:055(227)8740
  • 相談対応者:
  • 医師による相談:面接相談(完全予約制)。電話で面接日時を予約してください。
  • 保健師による相談:原則火曜日午後1時から午後5時まで。面接相談(予約制)、電話相談(予約不要)。
  • 社会保険労務士による相談:毎月第3火曜日午後1時から午後4時まで。面接相談(予約制)、電話相談(予約不要)。
  • ピア・サポーターによる相談:原則火曜日午後1時から午後4時まで。面接相談(予約制)、電話相談(予約不要)。
  • 面接相談をご希望の場合は、事前に電話予約をしてください。
  • 「山梨県がん患者サポートセンター」パンフレット(PDF:741KB)
  • 「山梨県がん患者サポートセンター」ポスター(PDF:877KB)

「山梨県がん患者サポートセンター」ポスター

その他の相談窓口について

県内のがん診療連携拠点病院や地域がん診療病院の相談支援センターにおいて、電話や面接などによる相談を受け付けています。

また、ホスピス相談を山梨ホスピス協会が行っています。

いずれの相談も無料です。

がん診療連携拠点病院及び地域がん診療病院の相談支援センター

病院名

担当部署

電話番号

山梨県立中央病院

〒400-8506

甲府市富士見1丁目1-1

がん相談支援センター

055-253-7111

内線1214

山梨大学医学部

附属病院

〒409-3898

中央市下河東1110

がん相談支援センター

055-273-8093(直通)

山梨厚生病院

〒405-0033

山梨市落合860

総合相談センターがん相談支援室

0553-23-1372(直通)

富士吉田市立病院

〒403-0005

富士吉田市上吉田6530

地域医療支援センター

0555-22-4111

内線3104

山梨県がんサポートブックについて

山梨県がん診療連携拠点病院連絡協議会と県では、がんと診断されて間もない患者さんの思いに寄り添い、支援の一助となることを目指して、「信頼でき、わかりやすく、役立つ情報」を一冊にまとめた「患者必携~山梨県がんサポートブック」を作成しました。

患者必携は、がん診療連携拠点病院内の相談支援センター等に設置されています。また下記からも最新版をダウンロードできますので、ご活用ください。

患者必携~山梨県がんサポートブック(PDF:2,304KB)

ホスピス相談

機関名

内容

電話番号

NPО法人山梨ホスピス協会

医師、看護師、ソーシャルワーカー、

薬剤師等による相談

055-251-6110

機能別医療機関等

このデータは山梨県地域保健医療計画(平成25年度~29年度)で公表することを前提に実施した調査などに基づいて作成されたものです。部位別のがん医療を担う病院や療養支援等の機能別医療機関一覧等です。

 4-②がん患者へのピアサポート活動の紹介について

平成23年5月に、山梨県がんピアサポート研修会を修了した方で構成される「山梨がんピアサポート希望(のぞみ)の会」が発足しました。

がん患者さん及びご家族の抱える不安や悩みにがん経験者が寄り添い、相談者ご自身が納得できる安心した生活を送るためのお手伝いを行っています。

山梨県がんピアサポート希望(のぞみ)の会の活動は下記をご覧ください。

 4-③がん患者への支援事業について

がん患者妊孕性温存支援事業

がんの治療内容によっては、妊孕性(生殖能力のこと)に影響を及ぼすことが知られており、国内では、平成29年に日本癌治療学会が「小児、思春期・若年がん患者の妊孕性温存に関する診療ガイドライン」を定め、がん治療医と生殖医療を専門とする医師との連携が図られてきています。

しかし、妊孕性温存に係る費用は、保険適用外で、全額自己負担となることから、県では、対象となるがん患者が、将来に希望を持ってがん治療に取り組めるよう、平成31年4月1日以降、妊孕性温存療法を終了した県民に対し、この療法に要した費用を助成することとしました。

詳しくは「がん患者妊孕性温存支援事業」のページをご覧ください。

がん患者等の就労支援に関する情報

現在、日本人の2人に1人ががんに罹り、そのうち3人に1人が働く世代であるといわれています。がんは加齢とともに罹る可能性が高まるため、高齢化の進展や定年の延長化を背景に今後は事業場において、がんを経験する労働者が増えることが見込まれます。一方で医療技術の進歩により、仕事をしながら治療を続けることができる患者が増加しており、労働者ががんになった際の対応が企業経営を行う上でも重要な課題となっています。

このようなことから、県と独立行政法人労働者健康安全機構山梨産業保健総合支援センターでは、「事業者のためのがん治療と仕事の両立支援ハンドブック」を作成しました。是非ご活用ください。

関連資料

中小企業向け「がんの治療と仕事の両立支援出張講座」

働く世代のがん患者が仕事を続けることができる環境整備を図るため、中小企業等に社会保険労務士やがん経験者を派遣し、がん患者が働きやすい雇用制度の導入や、従業員のがんに対する理解を促す事業を実施します。

山梨県がんの治療と仕事の両立支援出張講座 企業向け講師派遣実施要綱(令和3年3月制定)(PDF:104KB)

対象
・県内の中小企業等
(従業員の健康保持・増進に取り組む又は取り組もうとする県内の事業所) 

派遣内容及び形態
(1)派遣内容
・がん治療と仕事の両立実現に向けた取り組みのポイントについての講演
・両立支援を行うための環境整備や両立支援の進め方についての講演、個別相談
(2)派遣形態
・派遣会場における対面形式の講義、個別相談
・オンラインによる非対面形式の講義、個別相談
(3)派遣費用
・県が負担(無料でお申込みいただけます)

お申込み
・次の様式によりお申込みください。お申し込み後、事務局より確認の連絡をいたします。

申込書(PDF:101KB)申込書(ワード:17KB)

 送付先:

 〒400-8501山梨県庁健康増進課 がん対策推進担当

 FAX055-223-1499

「がんの治療と仕事の両立支援出張講座」県内1か所目の開催状況をお知らせします

令和3年6月24日 株式会社中村建設(甲斐市)において、社員30名を対象に出張講座を開催しました。

 ・県内のがんの概要(県健康増進課担当者)

 ・ピア・サポーターの講話(ピア・サポート研修修了者)

 ・治療と仕事の両立実現に向けた取り組みのポイント(社会保険労務士) 

社内研修として出張講座を活用していただき、これまで聞いたことがなかったがんに関する情報を知る機会になったとの感想が寄せられました。

n030624image

 

 4-④患者団体、支援団体について

がん患者や家族は、告知を受けた瞬間から、不安やとまどいに直面し、「再発」や「転移」の恐怖と向き合っています。同じ思いを体験している仲間に相談したり、悩みを語り合うことは、明日への勇気につながります。

県では、がん患者団体や支援団体の情報を収集しています。

県福祉保健部健康増進課がん対策推進担当まで、御連絡ください。

  • 電話番号:055(223)1497
  • ファックス番号:055(223)1499

 5がん教育

 5-①がんに関する学習資材について

平成24年4月1日に「山梨県がん対策推進条例」が施行され、生活習慣が健康に及ぼす影響、がんの予防や早期発見の重要性など、正しい知識を繰り返し学習することで、理解、関心を深めていく必要があるため、第10条にがん教育の推進と定められました。

そこで県では、平成24年度から中学3年生および高校1年生を対象としたがんに関する学習活動用リーフレットを作成し、平成25年度からは小学6年生を加えて、それぞれの年齢に合わせた内容のリーフレットを作成しています。

リーフレットの電子データは、県教育委員会のホームページからダウンロードすることができます。

県教育委員会ホームページへのリンク

保健体育課「保健・給食」>がんに関する普及啓発>リーフレット小学生用・中学生用・高校生用

 6がんに関する知識の普及啓発

 6-①各種イベントについて

山梨県内で開催されるがんに関する講演会やイベントなどのご紹介をしています。

各イベントは予約が必要なものもありますので、詳細は各事務局あてお問い合わせください。

山梨がんサミット2021第1弾「新型コロナウイルスワクチン 今わかっていること まだわかっていないこと」

  •  日時:令和3年5月16日(日)13:30~16:00
  •  場所:ZOOMミーティング(先着300名) (※配信会場:山梨県立図書館 交流ルーム101) 
  •  講師:三河 貴裕 氏(山梨県立中央病院 感染症専門医/がん薬物療法専門医)
  •  対象:患者を含めた一般、医療従事者、教育関係者等どなたでも
  •  主催:NPO法人がんフォーラム山梨
  •  共催:山梨県立図書館
  •  申込:「こくちーず」から申し込み(4月12日から申し込み開始)
    https://www.kokuchpro.com/event/931138bc4dfe278896014f3b649068e7/
  •  電話:地域コミュニティ広場「花水木」 055-252-7687(午後4時~午後6時)

チラシ:新型コロナウイルスワクチン 今わかっていること まだわかっていないこと(PDF:579KB)

 7統計情報

 7-①がん登録について

県では、医師や医療機関の協力のもとに、平成19年4月からがん患者さんの情報を集めて集計・解析をする「地域がん登録事業」を実施してきました。「地域がん登録」では、平成27年12月31日までに診断された症例を登録しています。

平成28年1月からは、がん登録等の推進に関する法律に基づき、「全国がん登録」を実施しています。「全国がん登録」では、平成28年1月1日以降に診断された症例を登録しています。

 7-②各種データについて

がんに関する統計情報について

以下のリンク先をご覧ください。

がん情報の音声・点字資料について

国立がん研究センターにおいては、障害のある方にがん情報をお届けするための取り組みを進めています。

音声、点字資料のご案内については、次のリンクをご参照ください。

・国立がん研究センターがん情報サービス「音声・点字資料」

・国立がん研究センターがん情報サービス「がん情報音訳・点訳資料作成支援について」

 8リンク集

がん情報サービスganjoho.jp

独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターのホームページ「がん情報サービス」で、「もしもがんと言われたらーまず、心がけておきたいこと」として、納得できる治療を受けることや、よりよい療養生活を送る助けとして役立つ情報を掲載しています。

県内サイト

県外サイト

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部健康増進課 担当:がん対策推進担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1497   ファクス番号:055(223)1499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について