トップ > 医療・健康・福祉 > 給付・助成制度 > 医療・健康関係 > がん患者妊孕性温存支援事業について

更新日:2021年6月10日

ここから本文です。

がん患者等妊孕性(にんようせい)温存支援事業について

令和3年4月1日から助成対象等を改正しました。

 

山梨県では、がん患者が将来に希望を持ってがん治療に取り組めるよう支援するため、がん患者に対して、がん治療に際して行う妊孕性温存治療に係る費用を助成する事業を実施しています。

令和3年度から厚生労働省が「小児・AYA世代のがん患者等の妊孕性温存療法研究促進事業」を開始したことに伴い、「山梨県がん患者妊孕性温存支援事業」の事業内容を次のとおり改正しました。

 

 【主な改正点】

  • 対象とする原疾患について、がん(悪性腫瘍)に加え、非がん疾患の一部を追加(造血幹細胞移植の実施、アルキル化剤の投与がされる非がん疾患)
  • 一部の治療法について、助成上限額を増額
  • 助成回数について、通算2回まで拡充

がん患者が将来に希望を持って治療に取り組んでいただくために

がんの治療内容によっては、妊孕性(生殖能力のこと)に影響を及ぼすことが知られており、国内では、平成29年に日本癌治療学会が「小児、思春期・若年がん患者の妊孕性温存に関する診療ガイドライン」を定めたことにより、がん治療医と生殖医療を専門とする医師との連携が図られ、がん治療前に妊孕性温存療法を行うケースが増えてきました。

しかし、妊孕性温存に係る費用は、保険適用外で、全額自己負担となることから、県では、対象となるがん患者が、将来に希望を持ってがん治療に取り組めるよう、平成31年4月1日以降、妊孕性温存療法を終了した県民に対し、この療法に要した費用を助成することとしています。

助成制度の概要は、次のとおりです。

山梨県がん患者等妊孕性温存支援事業実施要綱(令和3年6月1日改正)(PDF:91KB)

 申請手続きの流れ

申請手続きの流れ(PDF:194KB)

1.対象となる治療

県が指定する医療機関の生殖医療を専門とする医師及び原疾患担当医師により、妊孕性温存療法に伴う影響について評価を行い、
生命予後に与える影響が許容されると認められる者が行うものであって、以下の治療が対象になります。

  • 胚(受精卵)凍結に係る治療
  • 未受精卵子凍結に係る治療
  • 卵巣組織凍結に係る治療(組織の再移植を含む)
  • 精子凍結に係る治療
  • 精巣内精子採取術による精子凍結に係る治療

2.助成対象者

次の1~4のすべてに該当する方が対象です。

1. 本事業による助成の申請時において、山梨県内に住所を有する者

2. 妊孕性温存療法について、他の法令等の規定により、国又は地方公共団体の負担による医療に関する給付を受けていない者

3. 国の実施要綱(PDF:147KB)に定めのある「対象者」に該当する者
(対象とする原疾患の治療内容、対象者の選定方法、治療に伴う説明及び本事業に参加することへの同意等。ただし、3(1)については、医師が必要と認める場合は、この限りでない)

4. 知事が指定した医療機関において、妊孕性温存療法を受けた者

3.助成対象経費

妊孕性温存療法に要する費用であって、医療保険適応外の費用とします。
ただし、その実施に伴う入院費、入院時の食事等の費用、診断書の作成料等の治療に直接関係のない費用及び初回の凍結保存費用を除く凍結保存の維持に係る費用は対象外とします。

4.助成金額

治療1回あたりの助成上限額は下表のとおりとし、対象者一人に対して通算2回を限度に助成します。

治療法

県内医療機関で治療

県外医療機関で治療

胚(受精卵)凍結に係る治療

40万円

35万円

未受精卵子凍結に係る治療

40万円

20万円

卵巣組織凍結に係る治療

40万円

40万円

精子凍結に係る治療

10万円

2万5千円

精巣内精子採取術による精子凍結に係る治療

35万円

35万円

 

5.申請方法

申請書に添付書類を添え、郵送または持参してください。(6.提出書類をご覧ください。)

郵送の場合

宛先:〒400-8501甲府市丸の内1-6-1 山梨県庁健康増進課がん対策推進担当

簡易書留等、必ず記録が残る方法で送付し、切手の料金不足にご注意ください。

持参の場合

受付窓口:山梨県健康増進課がん対策推進担当(県庁本館1階)
受付時間:平日(月曜日から金曜日)午前8時30分~12時、午後1時~5時 ※祝祭日、振替休日、年末年始を除く

6.提出書類

助成申請書を用意いただく際の留意点(PDF:166KB)

7.申請期限

申請は、助成対象の妊孕性温存療法に係る費用の支払日が属する年度内に行ってください。
ただし、妊孕性温存療法実施後、期間を置かずに原疾患の治療を開始する必要があるなどのやむを得ない事情により、当該年度内に申請が困難であった場合には、翌年度に申請することができます。

8.医療機関の指定

本事業の妊孕性温存療法実施医療機関(検体保存機関)としての指定を受けようとする医療機関は、指定申請書(様式第6号)を郵送又は持参により提出してください。

(1)本事業の医療機関の指定要件

  • 日本産科婦人科学会又は日本泌尿器科学会が認定した医療機関のうち、国実施要綱7((4)を除く。)に定める事項を実施できる医療機関
  • 日本産科婦人科学会又は日本泌尿器科学会が医療機関を認定するまでの期間については、日本産科婦人科学会の医学的適応による未受精卵子、胚(受精卵)及び卵巣組織の凍結・保存に関する登録施設のうち、国実施要綱7に定める事項を実施できる医療機関

 ※なお、令和4年3月31日までに県の指定を受けた指定医療機関は、令和3年4月1日に指定を受けていたものとみなされます。

【参考】国の実施要綱(PDF:147KB)

(2)申請様式

指定申請書(様式第6号)Word版(ワード:21KB) PDF版(PDF:79KB)

 

郵送の場合

宛先:〒400-8501甲府市丸の内1-6-1 山梨県庁健康増進課がん対策推進担当

持参の場合

受付窓口:山梨県健康増進課がん対策推進担当(県庁本館1階)
受付時間:平日(月曜日から金曜日)午前8時30分~12時、午後1時~5時 ※祝祭日、振替休日、年末年始を除く

9.その他

  • 申請内容を審査した後、「交付決定通知書」もしくは「不承認通知書」を申請者あて郵送します。
  • 申請の対象となる妊孕性温存療法について、他の規定により公的な助成・給付を受けている方は、本助成を受けられません。
  • 医療機関によっては、様式第2号及び様式第3号の発行に費用がかかる場合がありますが、その費用は自己負担となります。
  • 本事業は、妊孕性温存療法に要した医療費を申請に基づき山梨県が助成するものであり、原疾患の治療、妊孕性温存療法及び妊孕性温存療法後の妊娠等、その医療の内容について山梨県が保証し、若しくは責任を負うものではありません。

 

県内における妊孕性温存療法の受療に関する情報は、次のリンクをご覧ください。

山梨大学医学部産婦人科ホームページ「妊孕性温存療法について」

日本がん・生殖医療学会ウェブサイト内の地域医療連携ページの情報は、次のリンクをご覧ください。

「がん治療と妊娠-地域連携」

10.お問い合わせ先

山梨県福祉保健部健康増進課がん対策推進担当

電話番号:055-223-1497

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部健康増進課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1497   ファクス番号:055(223)1499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について