トップ > 降積雪期における建築物の被害防止のための注意喚起について

更新日:2022年12月7日

ここから本文です。

降積雪期における建築物の被害防止のための注意喚起について

 平成26年2月に関東甲信地方を中心として発生した大雪では、体育館等の屋根の崩落やカーポートの倒壊など建築物の被害が発生しました。

 ご自分で所有または管理している建築物については、日常的に適正な維持管理に努めていただくとともに、屋根のこう配がゆるやかな鉄骨造屋根の建築物など、次の建築物についてはこれから本格的な降積雪期を迎えるにあたり、必要な点検・補修等に努めてください。

特に注意が必要な建築物

  • 屋根のこう配が緩やかな鉄骨造屋根の建築物
  • 膜屋根の建築物
  • カーポート
  • アーケード
  • 老朽化した木造住宅

相談窓口

 降積雪期における建築物の被害防止に関する相談等は「山梨県建築士会」で受け付けています。

 山梨県建築士会 TEL:055-233-5414

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県土整備部建築住宅課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1730   ファクス番号:055(223)1736

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について