トップ > 医療・健康・福祉 > 薬事 > 販売従事登録について(衛生薬務課)

更新日:2018年2月28日

ここから本文です。

販売従事登録について

販売従事登録について

登録は医薬品の販売等に従事しようとする店舗の所在地(配置販売業の区域)管轄都道府県で行ってください。

勤務箇所が決まっていない場合、登録申請することはできません。

複数の都道府県での登録はできませんが、登録を行った都道府県以外でも、登録販売者として勤務することは可能です。

山梨県で登録する場合

販売従事登録に必要な書類は次のとおりです。

(1)販売従事登録申請書 2部

(2)添付書類 各1部

・登録販売者試験の合格通知書

・申請者の戸籍謄本、戸籍抄本、戸籍記載事項証明書のいずれか(6か月以内に発行されたもの)

 ただし、試験申込みから登録申請までの間に氏名及び本籍に変更がない者については、本籍記載のある住民票の写し又は住民票記載事項証明書でも可(6か月以内に発行されたもの)

 日本国籍を有していない者については、国籍記載のある住民票の写し又は住民票記載事項証明書(6か月以内に発行されたもの)

※マイナンバーの記載は必要ありませんので、注意してください。

・医師の診断書(診断後、3ヶ月以内のもの)

(申請者に係る精神の機能の障害又は、申請者が麻薬、大麻、あへん若しくは覚せい剤の中毒者であるかないかに関するもの)

・雇用契約書の写し又は使用関係を証する書類

(申請者が薬局開設者又は医薬品販売業者の場合には省略可)

(3)手数料7,600円(山梨県収入証紙による)

提出先は、従事しようとする店舗等の所在地を管轄する保健所(峡北支所を含む。以下同じ)です。

ただし、県外の配置販売業者において販売に従事する方は衛生薬務課へ提出してください。

申請書、添付書類の例示については、各保健所窓口で配布しています。

また、このページからダウンロードして使用することもできます。

(標準処理期間:26日)

 

≪販売従事登録申請書と添付書類≫

販売従事登録申請書(ワード:48KB(ワード:49KB)

販売従事登録申請書(PDF:8KB)

診断書(ワード:32KB)

診断書(PDF:13KB)

使用関係証明書(例文)(ワード:45KB)

使用関係証明書(例文)(PDF:76KB)

 

登録事項に変更があった場合

山梨県で販売従事登録をした方で、登録事項(本籍地都道府県名・氏名・生年月日・性別)に変更が生じた場合、変更があった日から30日以内に届出が必要です。

また、同時に販売従事登録証の書き換え交付申請(有料)が可能です。

 

変更の届出に必要な書類は次のとおりです。

(1)登録販売者名簿登録事項変更届書 2部

(2)届出の原因たる事実を証する書類 1部

 (発行から6か月以内の戸籍謄本、戸籍抄本又は戸籍記載事項証明書)

(3)変更後、30日を超えて提出する場合には、遅延理由書

 

書き換え交付申請に必要な書類等は次のとおりです。

(1)販売従事登録証書換え交付申請書 2部

(2)販売従事登録証(必ず原本を提出してください。)

(3)手数料2,000円(山梨県収入証紙による)

 

提出先は、従事する店舗等の所在地を管轄する保健所(峡北支所を含む。以下同じ)です。

ただし、県外の配置販売業者において販売に従事する方は衛生薬務課へ提出してください。

申請書、添付書類の例示については、各保健所窓口で配布しています。

また、このページからダウンロードして使用することもできます。

 

 

≪変更届出書・書換え交付申請書≫

 

登録販売者名簿登録事項変更届書(ワード:31KB)

販売従事登録証書換え交付申請書(ワード:34KB)

 

販売従事登録証を紛失した場合

山梨県で販売従事登録をした方で、販売従事登録証を汚損・紛失した場合には、販売従事登録証の再交付申請(有料)が可能です。

 

再交付申請に必要な書類は次のとおりです。

(1)販売従事登録証再交付申請書 2部

(2)販売従事登録証(汚損の場合のみ。必ず原本を提出してください。)

(3)手数料3,000円(山梨県収入証紙による)

 

提出先は、従事する店舗等の所在地を管轄する保健所(峡北支所を含む。以下同じ)です。

ただし、県外の配置販売業者において販売に従事する方は衛生薬務課へ提出してください。

申請書、添付書類の例示については、各保健所窓口で配布しています。

また、このページからダウンロードして使用することもできます。

 

 

≪再交付申請書≫

 

販売従事登録証再交付申請書(ワード:33KB)

 

 

医薬品の販売に従事しなくなった場合

山梨県で販売従事登録をした方で、医薬品の販売に従事しなくなった(死亡等を含む)場合には、従事しなくなった日から30日以内に登録消除申請が必要です。

 

登録消除申請に必要な書類は次のとおりです。

(1)販売従事登録消除申請書 2部

(2)販売従事登録証(必ず原本を提出してください。)

(3)販売に従事しなくなってから30日を超えて提出する場合には、遅延理由書

 

提出先は、従事する店舗等の所在地を管轄する保健所(峡北支所を含む。以下同じ)です。

ただし、県外の配置販売業者において販売に従事する方は衛生薬務課へ提出してください。

申請書、添付書類の例示については、各保健所窓口で配布しています。

また、このページからダウンロードして使用することもできます。

 

 

≪販売従事登録消除申請書≫

 

販売従事登録消除申請書(ワード:28KB)

 

よくある問い合わせ

Q.使用関係証明書の「勤務日」「勤務時間」はどのように記載したらいいですか。

A.通常の勤務体制における勤務日と時間を記載してください。

シフトなどにより不定期の場合には、実態に即して記載してください。

(記載例)勤務日:日曜日~土曜日のうち5日間(シフトによる)

              勤務時間:9時~21時のうち8時間(シフトによる)

 

Q.登録後、店舗を異動したり転職した場合は、再度登録が必要ですか。

A.医薬品の販売に従事し続ける限り、販売従事登録は有効です。

なお、県外の店舗で勤務する場合もそのまま勤務することができます。

 

Q.婚姻により、県外に移住しますがどのような手続きが必要ですか。

A.医薬品の販売に従事する予定がない場合には、登録消除申請を行ってください。(従事するときには、従事する店舗を管轄する都道府県で再度登録が可能です。)

   引き続き医薬品の販売に従事する場合には、本籍地都道府県、氏名に変更がある方は変更届を提出してください。また、同時に書換え交付申請(有料)をすることもできます。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部衛生薬務課 担当:薬務担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1491   ファクス番号:055(223)1492

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について