トップ > 富士の国 やまなしの魅力 > その5 美しいしぜん

更新日:2017年2月1日

ここから本文です。

その5 美しいしぜん

山梨県には美しいしぜんが広がっています。ゆたかな森ではさまざまな命がはぐくまれ、きれいな水を生み出しています。

美しく豊かな森

み力あふれる山や森

林道を走る様子


ゆたかなしぜんにめぐまれた山梨県は、全体の土地の約8わりが森林です。森林にはさんさくできる里山や、本かくてきな山がくコースなどがあり、さまざまなスタイルでしぜんを楽しむことができます。

たくさんの生き物のすみか

森の中を歩く様子

山梨県のゆたかな森には、動物や植物、こん虫など、さまざまな生き物がくらしています。そんなしぜんを守っていくために、さまざまな活動がおこなわれています。

やまなしの森林スポット

 

青木ヶ原樹海の画像青木ヶ原樹海(あおきがはらじゅかい)
富士山のふもとに広がる森林地たいです。ふん火によって流れた溶岩流(ようがんりゅう)の上に、千年以上かけて森林ができました。さまざまな動植物が見られ、どうくつもあります。

八ヶ岳の画像八ヶ岳(やつがたけ)
山梨県の北から長野県(ながのけん)にかけてそびえる山やまである八ヶ岳には、ゆたかなしぜんが広がっています。原生林(げんせいりん)や池沼などもあり、たくさんのきちょうな動植物がすんでいます。

名水の地やまなし

山梨県では、富士山(ふじさん)や八ヶ岳(やつがたけ)、南アルプスなどの山やまにふった雨や雪どけ水が、大地にしみこみ、長い時間をかけて地中でろかされて、おいしい地下水となっています。
地下水をくみ上げたのがミネラルウォーターです。山梨県はミネラルウォーターを日本で一番多く生産(せいさん)しています。
おいしい水と、水を生み出す美しい山やまを守り、みらいにつないでいく「育水(いくすい)」にも取り組んでいます。

やまなしの名水スポット

 

尾白川の画像

白州(はくしゅう)・尾白川(おじろがわ)
甲斐駒ケ岳(かいこまがたけ)から流れ出る川で、うつくしい渓谷(けいこく)や淵(ふち)があります。流域(りゅういき)には、きれいでおいしい地下水がたくさんあります。

忍野八海の画像

忍野八海(おしのはっかい)
富士山(ふじさん)にふった雪や雨が、地下の溶岩(ようがん)の間で数十年をかけてろかされ、きれいな水となって8ヵ所の泉(いずみ)をつくりだしています。

西沢渓谷の画像

西沢渓谷(にしざわけいこく)
日本でも有名なうつくしい渓谷(けいこく)で、大小さまざまな滝(たき)や淵(ふち)があります。地いきの人びとの飲み水としても使われています。

御岳昇仙峡の画像

御岳昇仙峡(みたけしょうせんきょう)
日本でも有名な渓谷(けいこく)です。長い年月をかけて急な川の流れにけずられた断崖(だんがい)や岩を見ることができます。飲み水や農業用水にも使われています。

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について