更新日:2019年2月4日

ここから本文です。

下釜口発電所取水口

概要

下釜口発電所の西方(山の反対側)を流れる徳和川(標高801m地点)左岸に取水口を設け、1.6m3/S(最大)の水を取り入れて、下釜口発電所上水槽に導水しています。

取水口外観1

徳和取水口(1)

取水口上流右岸から見ています。正面に制水門が2門見えます。異常出水時は2門とも自動で全閉になり取水を停止し、導水路に土砂が入らないようにします。

取水口外観2

徳和取水口(2)

下流左岸側です。取水ダム排砂ゲートに自動倒伏ゲートを採用しています。また魚道が整備され、ここから維持流量を流します。

沈砂池

沈砂池(徳和取水口)

制水門からみた沈砂池です。増水時は上水槽の水もここから右側河川に越流します。左側は自動除塵機で、その先が内径1.8m、延長627m、幌型無圧トンネルの導水路になっています。

 

下釜口発電所に戻る

このページに関するお問い合わせ先

山梨県企業局笛吹川水系発電管理事務所 
住所:〒404-0054 甲州市塩山藤木2043
電話番号:0553(32)2334   ファクス番号:0553(33)5982

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について