二拠点居住、テストベッド誘致情報を提供するサイト

Contact us

更新日:2024年2月1日

TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業

ここから本文です。

TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業とは

近い将来、品川・名古屋間でリニア中央新幹線が開業し、山梨県には中間駅としてリニア駅が設置されます。これにより、本県は東京都心から25分、名古屋から45分で結ばれ、時間距離の劇的な短縮、飛躍的なアクセス向上が見込まれます。

山梨県ではリニア開業を機に、本県が国内外の皆様の目的地として選ばれるため、令和2年3月に策定した「リニアやまなしビジョン」で目指す姿として、テストベッドを突破口に最先端技術で未来を創るオープンプラットフォーム山梨を掲げました。

目指す姿の実現に向け、令和3年度より、最先端技術やサービスを有するスタートアップ企業等に対し、山梨県全域において実施する社会実証プロジェクトを全面的にサポートする「TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業」を実施しています。

 

実証実験サムネイル

 

【TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業(山梨県知事メッセージ)】

山梨県のサポート内容

山梨県全域を対象にした伴走支援

専門家によるアドバイス

最大750万円(補助率4分の3)の経費支援

サポート内容1-1

サポート内容2

サポート内容3

その他、プロジェクトのPRや県内でのワークスペースの確保等採択企業に必要な全ての支援を行います。

事業実績

■令和5年度第6期「TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業」

■令和5年度第5期「TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業」

■令和4年度第4期「TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業」

■令和4年度第3期「TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業」

■令和3年度第2期「TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業」

■令和3年度第1期「TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業」

過去採択企業の声

これまで採択した企業より、当事業についての感想をいただきました。

■過去採択企業の声

採択企業一覧

令和5年度第5期採択企業(実証期間:令和5年9月~令和6年2月)

企業名(五十音順) 実証実験概要
■アイラト株式会社 定位放射線治療(ピンポイント照射)用治療計画支援サービスの開発

アイラト

放射線治療の中で最も難易度の高い肺癌の定位放射線治療AIモデルの開発および実用化検証を行い、成果的に利用される肺癌定位放射線治療計画AIのYAMANASHI modelの開発を目指す。

<ニュースリリース>

 

放射線治療AIで医療DXを支援する東北大発スタートアップ アイラト、山梨県が実施の第5期「TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業」に採択!前立腺癌に対する後ろ向き評価結果も公開!

 

■株式会社AGRI SMILE やまなし農業における脱炭素地域づくり活動

AGRI SMILE

真の「地産地消」を目指し、(1)山梨県地域の「ぶどう残渣」のバイオスティミュラント(※)の資材開発と、(2)ECサイトでの「環境保全型の高付加価値な農作物」の需要を検証する。

(※)食物残渣などから開発される農業資材で、高温障害対策・栄養吸収効率化等の効果を示し、化学肥料の低減を実現するもの。

<ニュースリリース>

 

 

 

 

AGRI SMILE、JAフルーツ山梨とともにぶどう残渣のバイオスティミュラント資材開発と圃場検証を開始

残渣型バイオスティミュラントで環境保全を推進する「脱炭素地域づくり協議会」設立

持続可能な農業を創造するAGRI SMILE、約7.5億円のシリーズA資金調達を実施し、累計調達額は約9.2億円に到達

 

■株式会社エニキャリ

配達依頼マッチングアプリを活用した買い物代行の実現

エニキャリ

地域住民を配達員とする配達依頼マッチングサービスで買い物代行を実現し、お買い物困難者の手助けを実現する。

<ニュースリリース>

 

 

 

 

エニキャリ、いつもの買い物でお小遣いも稼げる地域共助型お買い物アプリの実証実験を甲府で開始

エニキャリがニュースコムと協業、甲府市お買い物代行サービス実証実験の電話受付を強化、アプリに不慣れな高齢者の利便性を向上

エニキャリが配達アプリを活用したお買い物代行サービスの実証実験を甲府市で開始、買物弱者対策としての成功モデル構築を目指す取り組み

 

■株式会社ZIAI 悩みを抱える市民を誰一人として見捨てない街へ

ZIAI

AI悩みチャット相談窓口を開放して山梨県民の悩みに対応するとともに、悩みデータを収集・分析し、山梨県の実態に合ったコーディネーションを設計する。

<ニュースリリース>

 

株式会社ZIAI、山梨県の第5期TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業に採択

 

■株式会社森未来 森林データプラットフォームサービス

森未来

 

森林経営計画の情報から森林のデータベースを構築し、立木情報、伐採情報を川下のゼネコン・建築家と共有し、無駄なく木材を使用するプラットフォームの有用性を検証する。

 

■スカイファーム株式会社 街の活性化ラットフォーム構築プロジェクト

スカイファーム

商業施設を中心に培ってきたエリアマネジメント施策を街全体をフィールドとして、(1)空き店舗・既存店舗を活用したOMOポップアップストア、(2)宿泊施設を起点とした街の食堂化プロジェクトを実施し、地域活性に活用できるかを検証する。

<ニュースリリース>

 

山梨県主催の「TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業」に、施設DXを提供するスカイファームが採択されました

 

■株式会社Lily MedTech 乳がん用画像診断装置と診断支援AIによる乳がんの発見率向上プロジェクト

LilyMedTech

乳がん検診に置けり既存の既存の画像診断装置に対して、新たに開発したリングエコー画像診断装置と診断支援AIの乳がんの発見率及び補助的指標の比較を行う。

令和4年度第4期採択企業(実証期間:令和5年4月~令和5年9月)

企業名(五十音順) 実証実験概要

■iSurgery株式会社

AI医療機器を活用した骨粗鬆症治療介入率向上プロジェクト

iSurgery

「胸部X線写真から骨粗鬆症を検査するAI医療機器」を健診施設の一般健診メニューへ組み込むことで、骨粗鬆症患者の効率的な発見に資する。

<ニュースリリース>

 

 

 

 

 

iSurgery、エルピクセルと販売提携

iSurgery、山梨県の支援を受け、企業健診における骨粗しょう症早期発見の実証実験を開始:胸部X線写真による骨評価AIを活用

胸部X線写真から骨を検査するAI医療機器「医用画像解析ソフトウェアChest Bone Indicator」販売開始

第4期TRY!YAMANASHI!実証実験サポートに採択いただきました

 

■エアロダインジャパン株式会社 ドローン目視外飛行に向けた上空LTEマップ作成事業

エアロダインジャパン

上空LTE状況を可視化し、「推奨飛行ルート」を効率的に作成するとともに、ドローン運航管理システムを通じてルートを提供する。

<ニュースリリース>

 

 

 

 

エアロダインジャパン、山梨県・北杜市と共同で「ドローン物流推奨飛行ルート」を作成

エアロダインジャパン、株式会社エアロジーラボとマレーシアでの飛行試験の実施で協業。海上輸送や精密農業に活用

エアロダインジャパンの取り組みが、山梨日日新聞の記事に取り上げられました

エアロダインジャパン、「ドローン物流推奨飛行ルート」作成に着手

 

■輝翠TECH株式会社 山梨ぶどう農家さん向け農業用AIロボット

輝翠TECH

ぶどう農家における農業用AIロボットの機能と有用性を検証する。

<ニュースリリース>

 

 

 

 

 

農業技術(アグテック)スタートアップの輝翠TECHは、AIロボットプラットフォーム「アダム」向けのアタッチメント開発を開始した

一般社団法人AgVenture Labが運営する「産地・スタートアップのつながりプロジェクト」という農林水産省補助事業に採択されました

代表のタミルが、Forbes ASIA Under30に選出されました!

TRY!YAMANASHI!実証実験サポート企業に選ばれました!

 

■テラスマイル株式会社 果樹大国・山梨で取り組む経営管理クラウドサービスの実装による地域農業革新~RightARMであらゆるデータを農業経営の力に~

テラスマイル

高収益で持続可能な農業経営モデルの実現を目指し、果樹版RightARMを実装する。

<ニュースリリース>

 

 

 

デジタルの力で農家の利益最大化を支援するアグリテックスタートアップ・テラスマイルが3.3億円の資金調達を実施

スタートアップ企業の育成支援プログラム『J-Startup KYUSHU』に選定されました

山梨県が実施する『TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業』に採択されました

 

■株式会社PREVENT 自治体保健事業のインパクト評価ならびに医療データ解析によるEBPMの推進支援

PREVENT

 

自治体の健康施策および保健事業の医療費適正化に対するインパクト評価ツールの実証を行い、健康計画や保健事業の設計に対する有効性を検証する。

 

■株式会社マリスcreative
design
視覚障がい者の単独歩行支援システム「seeker」の開発

マリス

視覚障がい者、高齢者が気軽に外出できる社会を実現するため、歩行アシスト機器「seeker」の機能と有用性を検証する。

<ニュースリリース>

 

 

 

山梨県から直接出資先のスタートアップに選ばれました

「seeker」の実証実験が、山梨放送、テレビ山梨、山梨日日新聞に掲載されました

視覚障がい者のための歩行アシストAIカメラ「seeker(シーカー)」の実証実験を山梨で実施!

 

■ユナイテッドシルク株式会社 山梨版ハイブリッド養蚕~伝統と革新の融合~
ユナイテッドシルク 伝統的な養蚕技術と革新的な養蚕技術を掛け合わせた次世代の養蚕モデルを確立し、従来の繊維用途以外に展開するための原料加工、製品開発を行う。
<ニュースリリース>

「第4期TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業」採択のお知らせ

令和4年度第3期採択企業(実証期間:令和4年9月~令和5年2月)

企業名(五十音順) 実証実験概要
■アイリス株式会社 咽頭画像診断の有用性検証プロジェクト

アイリス

インフルエンザ感染症の診断に用いることができるAI搭載システムnodoca®の実証運用を行い、外来受診者、医療従事者の感染リスク低減効果の検証を行う。

<ニュースリリース>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイリスのAI医療機器「nodoca」が47全都道府県の医療機関に導入

アイリス、「スタートアップワールドカップ2023」世界大会で優勝

アイリスと塩野義製薬、AI医療機器「nodoca」のプロモーション協力契約を締結

アイリスが、世界最大級のスタートアップピッチコンテスト「スタートアップワールドカップ2023」東京予選で優勝

国内最大級の医療機器展示会「Medtec Japan」アワードで、最高賞であるMedtec大賞をアイリスが受賞

アイリス株式会社が山梨県・山梨県立中央病院と共に行った実証実験に関する成果と展望が、山梨県のPRTIMESで紹介されました

山梨県の支援を受け、山梨県立中央病院においてnodoca®実証実験を開始

日本初のAI新医療機器「nodoca®」2022年12月23日より一般販売開始

アイリス株式会社、「nodoca®」を用いた感染症診断が保険適用。AI医療機器を用いる診断への新機能・新技術区分での適用は日本初

アイリス株式会社が、山梨県の「第3期TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業」に採択されました

 

■インフィック株式会社 ポータブルエコーを活用した、見守りシステムとの連携を介して実現する排泄業務DXプロジェクト

インフィック

 

介護5大業務とされる直接業務のうち、負担の大きい排泄業務について、高齢者の自立支援につながる長期的な排泄業務DXを実現する。

 

■株式会社キッチハイク 「保育園留学」を活用した地域と域外をつなぐ関係人口経済圏の創出

キッチハイク

地域と子育て家族をつなぎ未来をつくるワーケーションプログラム「保育園留学」のインフラ整備・実証を通し、関係人口経済圏の創出へ繋げる。

<ニュースリリース>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保育園留学、大手企業が子育て社員を対象に、働き方の多様性を高める取り組みとして活用。今後様々な企業ニーズに対応

保育園留学、人気育児雑誌が選ぶ2023年の日本の子育てトレンド「ペアレンティングアワード」を受賞

キッチハイクの関係人口育成オールインワンシステム「つながるDX」、生成AI技術を活用したメール文面自動作成機能をリリース

【開催レポート】保育園留学サミットを開催。実施自治体・保育関係者・専門家が登壇し、最先端の展開とこれからの地域・こども・家族の未来を発信

保育園留学サミット10月14日開催。実施自治体・保育関係者・専門家が登壇し、最先端の展開とこれからの地域・こども・家族の未来を発信

保育園留学、都市と全国の園をつなぐ「姉妹園制度」を開始。都市の未就学児に多様な体験を

保育園留学、全国の優れた保育園を表彰する「地域とこどもの未来をつくる保育園アワード2023」を発表

NHKNEWSおはよう日本(2023年3月14日7時台放送)にて山梨県身延町での保育園留学の取り組み・活動についてご紹介いただきました

保育園留学などの地域創生事業を行うキッチハイク、総額5.35億円の資金調達を実施

山梨県で保育園留学(R)が4地域同時プレオープン。甲府市、早川町、身延町、富士川町で1〜2月のモニター家族募集

キッチハイク、資金調達を実施。都市と地域の銀行系ベンチャーキャピタルなど8社と連携し、地域の価値を拡充

応募総数44社からTRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業に、キッチハイクが採択されました

 

■株式会社コーピー 製造業の生産性向上を実現する画像解析AIを用いた作業工程解析ソフトウェアの開発

コーピー

画像解析AIを用いたソフトウェアにて製造業向けに生産性を向上するプロダクトを提供する。

<ニュースリリース>

 

 

 

「製造業の生産性向上を実現する画像解析AIを用いた作業工程解析ソフトウェアの開発」について講演をしました

山梨県の主催する「第3期TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業」において、弊社事業「製造業の生産性向上を実現する画像解析AIを用いた作業工程解析ソフトウェアの開発」が採択されました

 

■株式会社テラ・ラボ 航空リモートセンシング等を活用し、大規模災害発生時における災害対策DXの社会実装に向けた実証実験

テララボ

大規模災害発生時において、航空リモートセンシング等を活用し、初動体制の意思決定等に役立つ共通状況図を作成・共有化するための社会実装モデルの構築を行う。

<ニュースリリース>

 

 

 

 

 

 

民間の先進技術を活用した防衛力の強化に向け、国内のスタートアップとして初会合に参加しました

山梨県庁にて航空リモートセンシングによる「共通状況図」を活用した大規模災害発生時の机上演習を実施

TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業(山梨県)第3期コミュニティ形成イベントでプレゼンテーションをしました

令和4年度第3期TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業に採択されました

 

■ファストドクター株式会社 オンライン救急サポート

ファストドクター

 

夜間休日などの時間外において、都市圏の潤沢な医療資源を活用し地域医療体制の補完を行うことで、地域医療の負担軽減と住民の満足度向上を実現する。

<ニュースリリース>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファストドクター、Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2023において企業ランキングBEST40に選出

ファストドクター、健康保険適用の「婦人科オンライン」サービスを開始。夜間・休日にオンラインで相談・診療・処方が可能

ファストドクター、在宅医向けサービスに電子カルテ「HAYATE/NEO」との連携開始

ファストドクター、メンタルヘルス領域のサービス提供をアップデート。公認心理士などによるカウンセリング機能を導入し、治療の選択肢を広げる

ファストドクター、夜間・休日に健康診断後の相談・受診が可能なサービス「生活習慣病オンライン」を開始

ファストドクターが経済産業省「行政との連携実績のあるスタートアップ100選」に掲載

ファストドクター、政府主導のグローバル進出支援プログラム「J-Startup」の認定企業に選出

ファストドクター、12月1日付けで組織再編。医療DX・ヘルスケアデータ事業開発の高速化を目指し、テック部門をバーチャルカンパニーとして設立

ファストドクター、山梨県の「TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業」に採択され、笛吹市の初期救急を都市圏からオンライン診療で支援する実証実験を開始

ファストドクター、Forbes JAPAN「日本の起業家ランキング2023」で1位受賞。代表菊池・水野が表紙に選出

Forbes JAPAN、日本の起業家ランキング2023を発表!1位は時間外救急プラットフォームを運営する「ファストドクター」

 

■株式会社ヘッジホッグ・メドテック 頭痛による生産性低下の可視化と、疾患啓発及び医療機関との連携の実証

ヘッジホッグメドテック

企業等の頭痛患者を特定し、医療機関への受診勧奨、データ連携までを行い企業の生産性向上を実現するための実証を行う。

<ニュースリリース>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘッジホッグ・メドテック、日本初の片頭痛治療用アプリ・頭痛AI診断開発に向けて、5億円の資金調達を実施

ヘッジホッグ・メドテックがJETRO GSAP2023に採択されました

ヘッジホッグ・メドテックが近畿大学の協力のもと、PMS(月経前症候群)治療用アプリの研究開発を開始

ヘッジホッグ・メドテック、第二種医療機器製造販売業の許可を取得

ヘッジホッグ・メドテックが”EYInnovative Startup 2023”を受賞

山梨県にて頭痛による生産性低下の可視化と、疾患啓発及び医療機関との連携の実証を開始

夫婦で創業したヘッジホッグ・メドテック、日本初の頭痛治療用アプリ開発に向けて、1.45億円の資金調達を実施

ヘッジホッグ・メドテックが第3期TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業に採択されました

令和3年度第2期採択企業(実証期間:令和4年4月~令和4年9月)

企業名(五十音順) 実証実験概要
■AssistMotion株式会社 歩行補助ロボットによる次世代パーソナルモビリティで高齢者の生活支援を!

assistmotion

歩行補助ロボットcuraraを用いて、新しいパーソナルモビリティを提案するとともに、高齢者の移動に関する問題を解決する。

<ニュースリリース>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AssistMotion株式会社×株式会社モリトー コラボキャンペーンを実施します

《優和福祉専門学校でのオープンキャンパス・合同説明会》に参加致しました

『TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業』事業成果報告会

山梨県での実証実験プロジェクトご報告

山梨県での実証実験の様子がテレビ・新聞で報道されました。

山梨県にて実証実験を行っております

優和福祉専門学校オープンキャンパスのお知らせ

AssistMotion、資金調達を実施12,500万円を調達

実証実験にむけて

導入説明会@優和福祉専門学校

第2期TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業採択決定!!

 

■株式会社アドダイス 感染症対策/未病対策AI見守りテンプレート実証実験

addice

リストバンド型のウェアラブル端末「ResQBand」により日常のバイタルを測定し、関係者と共有するAI見守りテンプレートの実証を行う。

<ニュースリリース>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アドダイス、ヘルスケアAIの精度確認・精度向上のための臨床研究を、医療機関と連携して実施!

<開催報告>「やまなしスタートアップアクセラレーションプログラム」成果発表会

山梨新報に「健康見守りAI」の実証実験について掲載いただきました!

健康見守りResQ AI、山梨県実証実験サポート「事業成果報告会」レポート

ResQ AIがAppleWatchに対応高度なAIヘルスケアがより身近に!~iPhone用のバイタルデータ連携アプリ、11月より無料ご提供予定~

山梨放送「YBSワイドニュース」で、健康見守りAI<ResQ AI>を特集いただきました!

<開催報告>山梨県中央市「健康見守りAI」実証実験、ユーザーインタビュー実施。たくさんのお声をいただきました!

山梨日日新聞に、山梨県中央市および株式会社アルプス、豊前医化株式会社と共に実施中の「健康見守りAI」の実証実験について掲載いただきました!

健康見守りAI<ResQ AI>実証実験の地へ!山梨県訪問レポート

アドダイス、山梨県中央市および株式会社アルプス、豊前医化株式会社と共に、県民の健康寿命延伸を目指して「健康見守りAI」の実証実験スタート!

ライフスタイル医学AI®「ResQ®AI」、山梨県の最先端技術実証実験プロジェクトに採択!

 

■株式会社A.L.I.Technologies ドローン物流プラットフォーム空のインフラ構築プロジェクトin北杜市

ali

無人航空機が離発着できる拠点を整備すると共に、ドローン航空管制システムを活用した管理体制を構築する。

<ニュースリリース>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A.L.I.Technologies、都市部上空でのドローンの目視外飛行実現のため、国土交通省3D都市モデルを活用したドローンの自律飛行システムの実証を完了

XTURISMO Limited Edition 水難救助・砂漠救助など災害時の活用を想定した 水上及び砂上走行を実施~山梨県×AERWINS / A.L.I.~

AERWINS Technologies Inc.とPONO Capital Corp. De-SPAC契約による企業合併完了のお知らせ <米国NASDAQでの株式取引開始>

XTURISMO Limited Edition、山梨県・山中湖上を初走行

A.L.I.Technologiesとエアロジーラボが業務提携〜LEVEL3・LEVEL4のための国産ハイブリッドドローンと航空管制システムを共同提供開始~

A.L.I.Technologies、測量アプリ開発スタートアップのマプリィと業務提携〜地方自治体の橋梁等道路施設の業務効率化を推進し、300億円規模の予算削減を目指します~

特殊高所技術社との包括的業務提携により、国内外での「ドローンとロープ高所作業によるハイブリッド型橋梁保全ソリューションサービス」の共同展開開始のお知らせ

米証券取引所NASDAQへの上場に関するお知らせ

補助者なし目視外飛行の実施について

運航管理システムの標準化第一歩として、国産機体への「C.O.S.M.O.S.(コスモス)」導入及び物流を見据えた飛行実証に成功

「XTURISMO Limited Edition」、スーパーカーショーTop Marques Monaco2022にてグローバルローンチを正式発表

北杜市と空のインフラ構築を目的とした協定を締結〜安心安全なドローンの社会実装を目指して〜

 

■株式会社エジソンエーアイ レジレス店舗ソリューション

edison

 

実店舗にカメラやセンサを設置し、買い物客を入店から退店まで追うことで、レジ清算せずに退店するだけで決済できるシステムの実証を行う。

 

■プラスマン合同会社 AI肺がんCT検診による医師、患者、行政、三方良しプロジェクト

plusman

肺がんCT検診データを用いて、肺結節表示AIによる読影結果と医師による読影結果の精度比較を行い、AIが一次読影を担えることを実証する。

<ニュースリリース>

 

 

画像診断AI「Plus.Lung.Nodule」がJRSから「画像診断管理認証制度によるAIソフトウェア」の認証を受けました

プラスマン、バイエル薬品と業務提携放射線画像診断領域へさらなる貢献を図る

 

■U3イノベーションズ合同会社 オフグリッド住環境の実現に向けた最適設備運用モデルの構築

U3

オフグリッドで電気や水などのライフラインを提供できるサービスの実現に向けて、必要なインフラ設備の最適運用のためのモデルを構築する。

<ニュースリリース>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

U3イノベーションズが、無印良品の「インフラゼロで暮らせる家」の実証実験に参画決定

U3イノベーションズとCountryWorksが、オフグリッドキャンプを体験できる「八ヶ岳LACオフグリッドフィールド withTENAR」を山梨県北杜市にオープン

不動産のESG化の実現へ、複数のスタートアップが最先端技術を持ち寄る、共創プログラム開始

フジテレビ『ニュースイット』でオフグリッド・リビングラボ八ヶ岳が紹介されました

U3イノベーションズが「第2期TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業」において、オフグリッド・マルチユーティリティ管理システムを開発、本日から1ヶ月間、試験運用及びデータ取得・分析を実施

令和3年度第1期採択企業(実証期間:令和3年9月~令和4年2月)

企業名(五十音順)

実証実験概要

■株式会社エアロネクスト

過疎地の課題解決を目指す新スマート物流「SkyHub」

エアロネクスト

過疎地の物流インフラ維持と脱炭素社会実現に向け、小菅村周辺において、物流各社と連携した共同配送、バス会社と連携した貨客混載、ドローンを活用した物流の実証を行う。

<ニュースリリース>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本初、「レベル3.5」飛行によるドローン配送の事業化~新スマート物流の社会実装へ大きな加速~

エアロネクスト、Newcom Group、Central Express CVS、モンゴルにおける ドローン物流を含む新スマート物流の事業化に向けた連携について基本合意

小菅村・丹波山村での特積み物流会社の共同配送開始における出発式を実施~新スマート物流SkyHub®※1実装エリア山梨県小菅村において共同配送を開始~

「第2回新スマート物流シンポジウム~物流2024年問題に挑む~」で新スマート物流SkyHub®の取組みの社会実装の成果や先進事例を紹介

SkyHub®TMSとKDDIスマートドローンの運航管理システムの連携によりマルチモーダル配送で地域物流の効率化を実現

G7広島サミットの国際メディアセンター内に物流専用ドローンAirTruckを展示

経済産業省ー「行政との連携実績のあるスタートアップ100選」に選出されました

エアロネクスト、G7長野県軽井沢外務大臣会合における政府広報展示ブースにて 物流専用ドローンAirTruckを展示

出前館とエアロネクスト、ドローンを活用した新しい商品流通の仕組みの構築に向けて業務提携〜空輸と陸送のハイブリッドによるデリバリーサービスの地域導入を共同で推進〜

NEXT DELIVERY、ネバーマイルと地域物流を効率化するSkyHub®︎TMSの開発、販売に関して業務提携

エアロネクスト、KDDIスマートドローン、KDDI、ドローン配送の社会実装に向け連携~KDDI Open Innovation Fund3号、エアロネクストに出資~

内閣官房主催「夏のDigi田甲子園」に山梨県代表として出場!

KDDIスマートドローンとエアロネクスト、地域配送を効率化・省人化する「Air Truck Starter Pack」を提供開始

「デジタル田園都市国家構想を実現する新スマート物流シンポジウム」でSkyHubの取組みを先進事例として紹介

物流業界の人手不足の課題を解消しラストワンマイル配送を担う日本発の量産型物流専用ドローン「Air Truck」の受注開始

セイノーHDとエアロネクスト、ドローン配送を含む新スマート物流の社会実装を進める山梨県小菅村で2つのSkyHub®サービスを11月1日から本格スタート

 

■エーテンラボ株式会社 ピアサポートテクノロジーを活用した糖尿病改善

エー店

県民の健康増進、QOLの向上、医療費の適正化に向け、県内医療機関との連携の下、ピアサポートテクノロジーを活用したアプリによる糖尿病改善の実証を行う。

<ニュースリリース>

 

 

 

 

 

 

 

エーテンラボが4.4億円の資金調達を実施

習慣化アプリが企業や健保向けに「禁煙推進を考える会」発足

三日坊主防止アプリがChatGPTを活用したキャラクター提供開始

エーテンラボ、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)について「ISO/IEC27001:2013」の認証を取得

エーテンラボ、医療ヘルスケアに特化したベンチャーキャピタル等より3.7億円の資金調達を実施

テレビ山梨「スゴろく」にて糖尿病重症化予防の実証実験の様子が紹介されました

 

■株式会社おてつたび 「おてつたび」を活用した山梨県ファンネットワーク創出

おてつたび

人手不足に悩む地域事業者と、地域に興味がある若者をマッチングするプラットフォーム「おてつたび」を活用し、仕事を通じて関係人口を創出する仕組みの実証を行う。

<ニュースリリース>

 

 

 

 

 

 

Forbes JAPAN6月号にて、注目の100人として永岡里菜が紹介されました

おてつたび、全国に97店舗を展開するホテルチェーン株式会社グリーンズと連携

おてつたび、良品計画と連携。一次生産者の人手不足解消、地域の活性化支援に取り組み、持続可能な地域社会の実現を共に目指します

おてつたびが山梨県と連携。お手伝いを通じて山梨のファン(関係人口)創出

山梨県のサポート事業に採択された弊社が関係人口創出に向けたセミナーを開催しました

山梨県主催のサポート事業・オンラインピッチに参加し、採択されました

 

■株式会社Smart119 次世代救急情報システム「Smart119」による救急搬送の効率化

119

救急搬送関連課題の解決に向け、IT・AI技術によるシステムを活用することで、医療機関、消防本部、救急隊の間で迅速・適正に情報を共有し、救急搬送を効率化する実証を行う。

<ニュースリリース>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

株式会社Smart119が、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社「救急車向け安全運転マネジメントサービス」の開発に参画

Smart119とアストラゼネカ i2.JPを通じ、救急救命時に生命に関わる薬剤の特定を必要とする患者さんの救急搬送時における迅速な服用薬剤の特定および処置を目指すための概念実証の実施に向けた計画を始動

内閣官房国土強靭化推進室発行『国土強靭化民間の取組事例集〜強くしなやかな日本をつくるためのリーディング・ケース(vol.9)』に、医療事業継続支援システム「レスポンサム(respon:sum)」が紹介されました

「Smart119」三大疾病の一つである心筋梗塞を含む「急性冠症候群」のAI予測診断研究論文掲載を発表。救急医療支援システムへの実装を見込む

Smart119が「救急隊の現場滞在時間短縮」を考えるシンポジウムを開催

プレホスピタル・ケアで、Smart119が紹介されました。

「Smart119」が世界的位置情報アプリと連携。住所や目印がない場所でも119番通報者の位置特定が容易に

救急医療の未来像を考えるシンポジウムを開催

救急医療情報サービス「Smart119」が、搬送先医療機関決定までの時間を大幅に低減

(メディア掲載)UTYテレビ山梨でSmart119実証実験が紹介されました

『TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業』が救急医療情報サービス「Smart119」の実証実験を実施

 

■トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社

DFreeを活用した排尿自立指導料取得モデルの構築

www

県内医療機関において排泄予測デバイスを活用した排尿自立支援加算、外来排尿自立指導料の取得モデルを構築する。

<ニュースリリース>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トリプル・ダブリュー・ジャパン、前澤友作氏及び金融機関等から総額10億円の資金調達を実施

在宅介護向けの排泄予測デバイス「DFree HomeCare」を特定福祉用具として販売開始~2022年4月1日より排泄予測支援機器が介護保険の対象に~

プレジデント「2022年3月18日号」にて、当社DFreeの山梨県での実証実験について取り上げていただきました

山梨県「第1期TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業成果報告会」にて、実証実験の結果を報告させていただきました

世界最大のテクノロジー見本市「CES2022」に、J-Startup/JAPANパビリオンにDFreeを展示いたします

山梨県「TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業」に、当社事業を採択いただきました

 

■株式会社日建 電動草刈機の自動運転の実証

日建

草刈り作業の効率化と省力化、安全性向上に資するため、山梨の多様な地形を活かして、汎用性の高い自動運転を搭載した電動草刈機を開発・実証する。

<ニュースリリース>

 

 

 

 

https://www.nikkenmfg.com/news

電動草刈機の自動運転実演会

第1期TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業成果報告会

「TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業」に選ばれました!

 

■vivola株式会社 不妊治療環境改善プロジェクト

ビボラ

不妊治療における早期受診のための啓発、治療環境のサポート体制の効果検証を行う。

<ニュースリリース>

 

 

 

 

 

 

 

女性医療×AIのvivola、地方の不妊治療の医療アクセス改善を目的とした遠隔連携システム「vivola-KARTE」が医療法人浅田レディースクリニックの「Central ART Lab」に採用

女性医療×AIのvivolaが、生殖医療領域に特化した医療者向け情報サイト「vivola-Insights」(無償)、およびデータ解析サービス「vivola-Analytics」(有償)を提供開始

vivola株式会社は東工大発ベンチャーに認定されました

vivola、第三者割当増資を実施プレシリーズAラウンドにて1.2億円を調達

vivolaが山梨県による「TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業」に採択、不妊治療データ検索アプリ「cocoromi(ココロミ)」を活用した山梨県特設ページを開設

 

■株式会社ユニパック 空調用エアフィルターによる省エネ、省CO2効果検証

ユニパック

低炭素社会実現に向け、建物の空調用エアフィルターを同社が開発した省エネ、省CO2に優れたフィルターに交換し効果を検証する。

<ニュースリリース>

 

 

環境省LD-Tech認証製品に認定

ニュースレター2022年3月号

「TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業」に採用決定!

令和3年度第1期サポート企業

企業名(五十音順)

実証実験概要

■アグベル株式会社 量子ドットLEDを用いたイチゴの生産性向上

アグベル

 

一般的なLED栽培で利用される「太陽光LED」より2倍程度の成長促進効果が見込まれる「量子ドットLED」を用いた日本初のイチゴの生産を行うことにより、農業経営及び雇用の安定を目指す。

 

■芙蓉実業株式会社 自走式消毒・殺菌ロボットの実証

芙蓉実業

 

作業者の負担の軽減、感染リスクの低減のため、UV照射ロボットによる消毒・殺菌作業の実証を行う。

 

■株式会社エジソンエーアイ AI・画像解析による路線バス乗客安全監視システムの構築

エジソン

 

乗合バスの乗客の転倒事故防止のため、バス車内に設置したカメラの撮影動画を自社開発のAI・画像解析にかけることで、乗客の姿勢をリアルタイムで解析し、乗客の危険行動を検知し運転手へ伝える実証を行う。

 

■株式会社エンザンビジネスソリューションズ コネクテッドハウス「OUTPOST」の実証

enzan

 

環境負荷軽減と観光振興を実現するため、エネルギー、水資源マネジメントによる資源循環型宿泊施設を設置し、オフグリッドを志向しながら段階的開発を行う。