トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0058勝沼堰堤

更新日:2017年5月8日

ここから本文です。

遺跡トピックスNo.0058勝沼堰堤

甲州市の遺跡

  • 0001古婦毛遺跡-埋甕-
  • 0008大木戸遺跡-水晶製石鏃-
  • 0024大木戸遺跡-前期土偶-
  • 0053大木戸遺跡-緑釉陶器-
  • 0143大木戸遺跡-約6,000年前のイエの跡-
  • 0252大木戸遺跡-中期土偶-
  • 0011一ノ坪遺跡-埋甕-
  • 0032勝沼堰堤-砂防堰堤-
  • 0058勝沼堰堤2-水抜き穴-
  • 0078勝沼堰堤3-銘板-
  • 0074勝沼堰堤-砂防学習公園勝沼堰堤見学会報告-
  • 0033日川水制と上流堰堤群-直轄砂防工事-
  • 0064西畑B遺跡-内耳土器-
  • 0071北田中遺跡-古墳時代甕-
  • 0178影井遺跡-羽釜-
  • 0224安道寺遺跡-動物モチーフ付き土器-
  • 0260安道寺遺跡-土偶
  • 0404安道寺遺跡-不思議な形の土器-
  • 0322県指定史跡-武田勝頼の墓-経石-

勝沼堰堤が建設された過程についてはこちらをご覧下さい

 

日川水制と上流堰堤群についてはこちらをご覧下さい

勝沼堰堤(大正4(1915)年着工)

下流からみた勝沼堰堤

[写真]下流からみた勝沼堰堤(祇園の滝と隧道出口)

勝沼堰堤を建設するとき、隧道は排水路として建設されました。そして、堰堤が完成した後に隧道をコンクリートでふさごうとしましたがうまくいかず、工事を打ち切って終了しました。しかし、隧道のすき間から水が抜け土砂だけ止める砂防堰堤としての役割を果たすようになり、水抜き穴の必要性がわかりました。

大正9~11(1920~22)年に着工された堰堤群

横吹堰堤水抜き穴駒飼堰堤水抜き穴

[写真左]横吹(よこぶき)堰堤の水抜き穴

[写真右]駒飼(こまかい)堰堤の水抜き穴

 

このタイプの堰堤群は、勝沼堰堤と日川水制を維持するために大正中期に建設されたもので、多くの石を重ねてアーチ型の水抜き穴をつくっています。

大正12~昭和4(1923~29)年に着工された堰堤群

棚小屋沢堰堤堰堤矢方平堰堤水抜き穴

[写真左]棚小屋澤(たなこやさわ)堰堤の水抜き穴

[写真右]矢方平(やかただいら)堰堤の水抜き穴

 

このタイプの堰堤群は、大正12年9月に起きた関東大震災の後に建設されたものが多く、アーチ型の水抜き穴をつくっていますが、アーチの上の部分は平らになり、使われている石の数は上の堰堤群よりも多くありません。

日川砂防工事における水抜き穴の変遷

3つのタイプの違いが分かりましたか。大正年間のわずかな期間ですが、水抜き穴をとおして砂防堰堤建設の技術が進歩した様子を感じることができます。同時期に建設された砂防堰堤が山梨県内外にあります。さまざまな比較をしてみると、また違った一面がみえてくるかもしれません。

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について