トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0260安道寺遺跡

更新日:2017年5月8日

ここから本文です。

遺跡トピックスNo.0260安道寺遺跡(あんどうじいせき)出土の土偶

甲州市の遺跡

  • 0001古婦毛遺跡-埋甕-
  • 0008大木戸遺跡-水晶製石鏃-
  • 0024大木戸遺跡-前期土偶-
  • 0053大木戸遺跡-緑釉陶器-
  • 0143大木戸遺跡-約6,000年前のイエの跡-
  • 0252大木戸遺跡-中期土偶-
  • 0011一ノ坪遺跡-埋甕-
  • 0032勝沼堰堤-砂防堰堤-
  • 0058勝沼堰堤2-水抜き穴-
  • 0078勝沼堰堤3-銘板-
  • 0074勝沼堰堤-砂防学習公園勝沼堰堤見学会報告-
  • 0033日川水制と上流堰堤群-直轄砂防工事-
  • 0064西畑B遺跡-内耳土器-
  • 0071北田中遺跡-古墳時代甕-
  • 0178影井遺跡-羽釜-
  • 0224安道寺遺跡-動物モチーフ付き土器-
  • 0260安道寺遺跡-土偶
  • 0404安道寺遺跡-不思議な形の土器-
  • 0322県指定史跡-武田勝頼の墓-経石-

0260

安道寺遺跡出土の土偶(どぐう)

この土偶は、縄文時代中期(約4,500年前)の、山梨県下でも有数の集落遺跡の1つである、安道寺遺跡(甲州市)から出土したものです。現在は、山梨県立考古博物館の常設展示において、展示公開されています。

0260)安道寺遺跡の土偶の展示状況

考古博物館に展示中の安道寺遺跡出土土偶

安道寺遺跡のこの土偶が語るもの

今回、この土偶を話題にとりあげるにあたり、写真の撮影角度にとくに留意しました。それは、縄文時代にこの土偶をつくった人びとの、土偶に込めたであろう想いが、一番よく現れるようにすることでありました。

今回の土偶の写真を見ていただくと、ふっくらと膨らんだ腹部、しっかりと大きなお尻、やや薄くなった胸にかわいらしく表出された二つの乳房。そういった、いわば女性らしさに、だれでも気づいていただくことができることでしょう。しかも、お腹に命を宿したお母さんの姿として現されていることに注目がされるのです。

膝の辺りから下、胸の上部から上が欠けてしまっています。これは、次にあげる出土状況も参照していただくなかで、発見された時点でそうした「トルソー」(首および四肢を欠く胴体だけの彫刻:「広辞苑」による)といえるような形をしていました。つまりこのような形に、当時の人々はこだわりをもっていた、と考えられます。

0260)安道寺遺跡の土偶出土状況写真

安道寺遺跡の土偶出土状況(2号住居跡)

このこだわりについては、これまでの遺跡トピックスなどでもふれてきていますが、なにより現在開催中の、山梨県立考古博物館第28回特別展『発掘された女性の系譜~女性・子ども・家族の造形』でも、テーマの一部を構成するものとなっています。安道寺遺跡の土偶の語るものとは?の答えは、ぜひ考古博物館特別展でご確認されることをお勧めします。

安道寺遺跡について

  • 所在地甲州市塩山下粟生野(注意)報告書で「中萩原」とするのは錯誤
  • 年代縄文時代前期末から縄文時代中期末、一部に平安時代
  • 調査機関山梨県教育委員会(1976年調査)
  • 報告書安道寺遺跡調査報告書1978年3月刊行

0260)空から見た安道寺遺跡の位置

空から見た安道寺遺跡の位置(箱根付近上空から)

安道寺遺跡は、甲府盆地の北東方向、甲州市塩山下粟生野にあります。今回の土偶を確認した発掘調査は、1976年に行われています。笛吹川沿岸の潅漑用配水管(幹線)の埋設工事に先立つもので、19の住居跡などを確認しています。当埋蔵文化財センターは、1982年の設立でありまして、それ以前の県教委が直接実施の発掘調査でありました。

その調査成果は、県立考古博物館に引き継がれており、初めにもふれたように、安道寺遺跡の土偶も、考古博物館の常設展示で見ていただくことができます。どうぞ特別展だけでなく、常設展もいっしょにお楽しみください。

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

 

 

 

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について