更新日:2020年5月1日

ここから本文です。

山梨の遺跡発掘展2020デジタルミュージアム
金山林遺跡(かねやまばやしいせき)

所在地:山梨市鴨居寺

時代:縄文時代,弥生時代,古墳時代,平安時代

調査主体:山梨市教育委員会・山梨文化財研究所

遺跡の説明、調査成果(PDF:846KB)

航空写真 遺跡全景
黒曜石入りの土器

黒曜石貯蔵用埋設土器

縄文時代中期

黒曜石入りの土器出土状況

出土状況

住居の奥壁の際に埋められていた。土器の中には黒曜石の原石が入っており、住居の中で石器の製作をおこなっていたようだ。

埋設土器

埋甕(うめがめ)

縄文時代中期

 

住居跡から見つかった。逆さにした土器の中からは土鈴(どれい)が入れられていた。土器の底部には大きめの穴があいており、ここから土鈴を入れたのかもしれない。

土鈴

土鈴(どれい)

縄文時代中期

 

埋甕の中から出てきた土鈴。揺らすとカラカラと良い音が鳴る。

甕弥生時代後期

甕(かめ)

弥生時代後期

7号住居土器

7号住居出土状況

墨書山梨接合済

「山梨」墨書土器

平安時代

墨書山梨出土状況

出土状況

土師器の坏の底部に墨で「山梨」と書かれている。

これまで、文字が刻まれた土器の中には「山梨」の単語があるものは見つかっていたが、墨書の発見は初めて。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について