更新日:2020年5月1日

ここから本文です。

山梨県の遺跡発掘展2020デジタルミュージアム
新町前遺跡(しんまちまえいせき)

所在地:市川三郷町市川大門

時代:平安時代~中世

調査主体:山梨県埋蔵文化財センター

遺跡の説明、調査成果(PDF:832KB)

新町前遺跡中世畑跡

1区

畑・水田跡

中世

調査区の中で斜めに見える部分が畑の畝の跡。

デジタルミュージアム新町前中世畑跡2

2区

畑跡

中世

調査区中央に見える細かい筋が畑の畝の跡。

デジタルミュージアム新町前大溝

2区

大溝

中世

地中から洪水によって流されてきた石がたくさん覗いており、何度も水害を受けていた様子がうかがえる。

デジタルミュージアム新町前畦畔

畦畔

中世

水田の水が外にもれないように、水田を囲んで作った畦。水田を区画する意味もある。

新町前白磁1新町前白磁2

白磁(はくじ)

中世

白素地に無色の釉薬(ゆうやく)をかけて焼いた磁器。当時、日本では生産しておらず、中国から輸入したものである。この時代に白磁を持つことができる人物は限られていたはず。

新町前青磁1新町前青磁2

青磁(せいじ)

中世

青磁釉を施した磁器で、透明感のある青緑色が特徴的。白磁と同様に、当時の日本では生産していなかったため、中国から輸入したもの。

新町前甕

甕(かめ)

中世

煮炊きに使った野焼きの土器。現代でいうお鍋。

デジタルミュージアム新町前圧痕

種実圧痕(しゅじつあっこん)

土器を焼く前の柔らかい状態でついた植物の種の痕。

 

かわらけ1かわらけ2

かわらけ

中世

素焼きの土器。

新町前碗

碗(わん)

中世

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について