トップ > 医療・健康・福祉 > 衛生 > 腸炎ビブリオ

更新日:2019年2月6日

ここから本文です。

腸炎ビブリオ

腸炎ビブリオにご注意ください。

食中毒の多いのは夏場です。高温・多湿の日本の夏は、食中毒菌の絶好の増殖シーズンです。また、暑さで私たちのからだも弱り、抵抗力が衰えがちであることも影響します。家庭の食事が原因の食中毒が全体の20%近くを占めているという報告もあります。家庭でも、食品の購入・保存・調理・食事や残り物の保存など取扱いに十分注意し、食中毒を予防しましょう。

腸炎ビブリオ

毎年、全国で腸炎ビブリオが原因の食中毒が多発します。腸炎ビブリオとは、海水に住んでいる細菌のことです。この細菌がついた生の魚介類を食べると、下痢や嘔吐、腹痛などの食中毒症状を起こすことがあります。腸炎ビブリオは、海水の温度が20℃を超えると急激に増殖します。そのため、食中毒の発生時期は、ほとんどが6月~9月です。特に、猛暑の年は食中毒件数が急増します。

予防のポイント

  1. 早く食べきる、加熱する、冷蔵庫では4℃以下に保存する
  2. 真水で良く洗う(腸炎ビブリオは真水に弱い)
  3. 調理器具を清潔に保つ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部峡南保健福祉事務所(峡南保健所) 
住所:〒400-0601 南巨摩郡富士川町鰍沢771-2南巨摩合同庁舎 1 ・ 2 階
電話番号:0556(22)8145   ファクス番号:0556(22)8147

峡南保健福祉事務所(峡南保健所)衛生課
住所
南巨摩郡鰍沢町771-2
電話
0556(22)8151
FAX
0556(22)8159

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について