更新日:2018年9月10日

ここから本文です。

被爆者介護手当について

1.手当を支給される人

被爆者健康手帳をお持ちの方が、原子爆弾の傷害作用の影響による精神上または身体上の障害(身体障害者手帳の1級から3級に該当する程度の障害)により、費用を支出して身のまわりの世話をする人を雇ったときに支給されます。ただし、重度障害(身体障害者手帳の1級と2級の一部に該当する程度の障害(ただし、原子爆弾の傷害作用の影響によるものでないことが明らかなものを除きます。))を有する人については、世話をする人を雇わなくても家族に手当が支給されます。

2.手当の額

支給される手当の額は、毎月次の額です。(平成30年4月1日現在)

  • 中度障害者(身体障害者手帳の2級一部及び3級程度)70,190円(限度額)中度障害者とは
  • 重度障害者(身体障害者手帳の1級一部及び2級程度)105,290円(限度額)重度障害者とは
  • 家族介護手当21,980円(限度額)

なお、介護を受けた場所が、医療機関に入院時(医師が特別に必要と認めた場合は除く)や社会福祉施設等で介護を受けた場合は対象になりませんので、介護手当継続支給変更届(PDF:27KB)をその都度健康増進課に届け出てください。

3.申請方法

介護手当の支給をうけるためには、申請書に次の書類を添えて、介護をうけた各月ごとに健康増進課に提出してください。

介護手当支給申請書(ワード:43KB)

介護手当支給申請書(PDF:47KB)

介護手当継続支給申請書(ワード:38KB)

介護手当継続支給申請書(PDF:30KB)

介護事実申立書(ワード:36KB)

介護事実申立書(PDF:57KB)

口座振替申請書(ワード:31KB)

口座振替申請書(PDF:27KB)

支給を受けるご本人名義の金融機関名口座種別口座番号を記入ください

4.添付書類

(1)手当を受けようとする人の障害についての知事が指定した医療機関等の医師または歯科医師の診断書

診断書(介護手当用)(PDF:68KB)

(2)費用を支出して身のまわりの世話をうけた日数と支出した費用の額を証明する書類

領収書等

重度障害を有する人が費用を支出しないで身のまわりの世話をうけて手当の支給申請をする場合には、この書類のかわりに、その世話をした人の、世話をした旨の申立書

申立書(ワード:20KB)

申立書(PDF:18KB)

介護に従事する方について

特に制限はありません。(ホームヘルパー・家政婦・友人・知人・親族でも費用を支出して介護を受けていれば支給されます。)しかし、申請者の配偶者および同一世帯に属するもの(同居しているもの)が介護を行った場合は、通常の支払い関係がないものとみなされますので、支給対象になりません。

提出された申請書を審査し、手当の支給の可否が決まります。

介護実施明細書(ワード:82KB)

介護実施明細書(PDF:29KB)

介護専門業者の介護人による領収証(介護手当用)(ワード:38KB)

介護専門業者の介護人による領収証(介護手当用)(PDF:31KB)

介護専門業者の作成した領収書があれば上記に変えることができます

5.変更の届出

手当受給者は、氏名、居住地または申請書の記載事項に変更があったとき(重度障害に該当しなくなったとき、月の間中、身のまわりの世話をしてもらわなかったとき(病院、介護老人福祉施設などに入院・入所した場合))は、その都度介護手当継続支給変更届を健康増進課に届け出てください。

介護手当継続支給変更届(ワード:28KB)

介護手当継続支給変更届(PDF:27KB)

 

 

原爆被爆者の方に対する手当等のページに行く

健康増進課のTOPに戻る

原子爆弾被爆者対策へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部健康増進課 担当:がん対策推進担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1497   ファクス番号:055(223)1499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について