更新日:2014年1月9日

ここから本文です。

沿革

  • 明治32年(1899)
    県内有志の醵金により大日本農会山梨支部内に「私設山梨農事試験場」が設立され、甲府市百石町に圃場を置いた。

 

  • 明治33年(1900)
    県は、大日本農会山梨支部より「私設山梨農事試験場」の施設等の寄付を受け、「山梨県農事試験場」を創立。事務所を甲府市錦町(現甲府市中央)に置き、圃場は甲府市新青沼町と同日向町に設けた。

 

  • 明治40年(1907)
    分散していた事務所・圃場を統合のうえ、甲府市伊勢町に移転した。

 

  • 大正2年(1913)
    緊縮財政により「県農事試験場」が廃止される。

 

  • 大正4年(1915)
    農家など各方面からの強い要望により「県農事試験場」を再興した。

 

  • 大正5年(1916)
    「葡萄害虫フィロキセラ試験地」を西山梨郡里垣村西山(現甲府市里垣)に設置した。

 

  • 昭和8年(1933)
    「農事試験場」を中巨摩郡貢川村下河原(現甲府市貢川)に移転。また、「岳麓分場」を南都留郡瑞穂村(現富士吉田市下吉田)に新設した。

 

  • 昭和11年(1936)
    「岳麓分場」を南都留郡福地村(現富士吉田市上吉田)に移転した。

 

  • 昭和13年(1938)
    「園芸分場」を東山梨郡上万力村(現山梨市万力)に新設した。

 

  • 昭和14年(1939)
    「葡萄害虫フィロキセラ試験地」を廃止した。

 

  • 昭和17年(1942)
    「八ヶ岳分場」を北巨摩郡日野春村長坂(現長坂町)に新設した。

 

  • 昭和28年(1953)
    機構改革により「農事試験場」を「農業試験場」に、「園芸分場」を「果樹分場」にそれぞれ改称した。

 

  • 昭和41年(1966)
    「果樹分場」が「果樹試験場」として分離独立した。

 

  • 昭和43年(1968)
    農業試験場敷地内に「農業技術研究所」を新設し、業務の一部を移管した。

 

  • 昭和47年(1972)
    「農業試験場」本場及び「農業技術研究所」が、北巨摩郡双葉町下今井に新築・移転。

 

  • 昭和48年(1973)
    「茶試験圃場」を南巨摩郡南部町本郷に設置した。

 

  • 昭和59年(1984)
    「農業試験場」、「農業技術研究所」、「肥飼料検査所」を統合して「総合農業試験場」となる。

 

  • 昭和63年(1988)
    「生物工学部」を北巨摩郡双葉町菖蒲沢に新設。また「八ヶ岳分場」、「岳麓分場」を統合し、「高冷地分場」、「高冷地分場岳麓試験地」にそれぞれ改称した。

 

  • 平成9年(1997)
    「花き振興部(花き振興促進センター)」を北巨摩郡明野村浅尾に新設し、「生物工学部」に「蚕業試験場」を統合した。

 

  • 平成10年(1998)
    「高冷地分場八ヶ岳試験地」を北巨摩郡高根町東井出に新設。また「高冷地分場岳麓試験地」の整備が終了し、富士吉田合同庁舎内に事務所を移転した。

 

  • 平成12年(2000)
    農業関係試験研究機関創立100周年記念式典を挙行した。

 

  • 平成14年(2002)
    「花き振興部」を山梨県農業振興公社に移管した。

 

  • 平成18年(2006)
    「総合農業試験場」、「農業改良普及センター」、「病害虫防除所」を統合して、「総合農業技術センター」となる。

 

  • 平成20年(2008)

「企画研修部」を廃止し、「専門指導スタッフ」を設置した。

「生物工学部」「花き振興部」「高冷地分場」を再編成し、「高冷地野菜・花き振興センター」に改組した。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部総合農業技術センター 
住所:〒400-0105 甲斐市下今井1100
電話番号:0551(28)2496   ファクス番号:0551(28)4909

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について