トップ > 組織から探す > 林政部 > 自然共生推進課 > 秩父多摩甲斐国立公園の指定植物改定

更新日:2021年2月8日

ここから本文です。

秩父多摩甲斐国立公園における国立・国定公園特別地域内において採取等を規制する植物(指定植物)の改定について

 国立公園・国定公園の特別地域内では、自然公園法第20条第3項第11号において、高山植物その他の植物で環境大臣が指定するものを採取し、または損傷することが規制されています。

 秩父多摩甲斐国立公園においては、昭和56年3月に指定植物が選定されていましたが、平成27年8月に新たに策定された「指定植物の選定方針」 に基づき、最新の植物分類を踏まえ、平成28年度から平成29年度にかけて、環境省において有識者ヒアリング及びワーキンググループが開催され、指定植物の改定作業が行われてきましたが、その結果、令和3年2月4日に指定植物636種が告示されました。

詳細については、下記をご覧ください。

環境省ホームページ「国立・国定公園における植物の保護対策について(指定植物)」(外部リンク)

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県環境・エネルギー部自然共生推進課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1522   ファクス番号:055(223)1781

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について