トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 遺跡トピックスNo.0109シリーズ山梨県で見つかった「陥し穴」No.4「原町農業高校前(下原)遺跡」

更新日:2017年6月5日

ここから本文です。

遺跡トピックスNo.0109シリーズ山梨県で見つかった「陥し穴」No.4「原町農業高校前(下原)遺跡」

北杜市の遺跡

  • 0002甲ッ原遺跡-埋甕-
  • 0009横針前久保遺跡-石器-
  • 0018金生遺跡-中空土偶-
  • 0031天神遺跡-硬玉製大珠-
  • 0050天神遺跡-石匙-
  • 0336天神遺跡-集落跡-
  • 0057丘の公園第2遺跡-石器-
  • 0134丘の公園第2遺跡-陥し穴-
  • 0075原町農業高校前遺跡-縄文土器-
  • 0076原町農業高校前遺跡-縄文土器-
  • 0109原町農業高校前(下原)遺跡-陥し穴-
  • 0115原町農業高校前遺跡-人面装飾付土器-
  • 0137原町農業高校前遺跡-人面装飾付土器-
  • 0094清里バイパス第1遺跡-陥し穴-
  • 0112海道前C遺跡-人面装飾付土器-
  • 0254海道前C遺跡-抽象文土器-
  • 0138甲ッ原遺跡-縄文時代前期初頭の住居-
  • 0142金生遺跡-耳飾り-
  • 0169甲ッ原遺跡-石皿とすり石-
  • 0212甲ッ原遺跡-琥珀垂飾について-
  • 0294甲ッ原遺跡-漆が塗られた土器片-
  • 0405甲ッ原遺跡-特殊脚付鉢-
  • 0226塩川遺跡-中世の調理器具-
  • 0236天神遺跡-日本最古のヒスイのペンダント-
  • 0237酒呑場遺跡-マメの圧痕-
  • 0308酒呑場遺跡-火焔型土器-
  • 0316酒呑場遺跡-産まれる縄文人-
  • 0319酒呑場遺跡-海へのあこがれ-
  • 0239甲ッ原遺跡-縄文時代前期初頭の住居跡と土器-
  • 0271金生遺跡-鉄釉兎形水滴-
  • 0272中込遺跡-絡条体圧痕文土器-
  • 0315郷蔵地遺跡-敷石住居-
  • 0323金生遺跡-縄文ランドスケープ-
  • 0328酒呑場遺跡-酒呑場遺跡で見つかった『謎』の土器片-
  • 0399酒呑場遺跡-豊かな縄文時代中期文化を代表する683点の出土品-
  • 0338柳坪遺跡-縄文時代中期の土器-
  • 0377丘の公園14番ホール遺跡-長大な石槍で狩りをする人々の15000年前の石器作り工房跡-
  • 0380日影田遺跡-住居跡と炉-

遺跡トピックスNo.0109「原町農業高校前(下原)遺跡」

〔はらまちのうぎょうこうこうまえ(しもっぱら)いせき〕北杜市

遺跡トピックスNo.0100に続く第4弾、シリーズ山梨県で見つかった「陥し穴」No.4

遺跡遠景(南から八ヶ岳を望む500)

遺跡から八ヶ岳を望む(北杜市長坂町)

所在地北杜市長坂町渋沢(北杜高等学校校内)

時代縄文時代・古墳時代・平安時代

報告書「原町農業高校前(下原)遺跡(第1次)」山梨県埋蔵文化財センター調査報告書第210集

調査機関山梨県埋蔵文化財センター

ここに何がつくられたのですか?

峡北地区総合学科高校整備事業に伴い、駐車場予定地および飼料園部分、生徒実習更衣室、体育館などの跡地を調査して、とても新しい校舎が建設されました。原町農業高校前(下原)遺跡は、どんな遺跡ですか?

長坂台地に営まれた縄文時代の大集落で、この長坂台地は標高600mから800mあります。そして、遺跡の標高は623m前後に位置しており、西の端には宮川が、東端には鳩川が流れています。遺跡はこの川に挟まれ、南北に長く延びた尾根の先端に立地しています。

また、この遺跡の周辺には、多くの縄文時代の遺跡が存在し、下原(したはら)遺跡(縄文時代)、下屋敷(しもやしき)遺跡(縄文時代)、上久通(かみくず)遺跡(縄文時代)、宮久保(みやくぼ)遺跡(縄文時代)、下村南(しもむらみなみ)遺跡(縄文時代)があります。

調査面積と調査期間については、第1次調査(5,237平方メートル)2000年5月から12月(第1図の○の部分とすぐ上の箇所)、第2次調査(14,000平方メートル)2001年5月から12月(第1図の中央右側の箇所)、第3次調査(2,270平方メートル)2002年6月から10月(第1図の右下の箇所)と行ってきました。調査面積全体では、21,507平方メートルです。

下の図を見てください。第1図の中央右寄りに縄文時代の集落がつくられています。第2次調査により約100軒の住居跡と土坑約400基が調査されました。このほか、平安時代の住居跡が3軒見つかっています。

原町003(450)

原町002(450)

第1図(上の図)の○の中に第1次調査で見つかった陥し穴が存在しています。

第2図(下の図)は、第1図の○の中を拡大しました。矢印の先にある第28号土坑が陥し穴です。

(第1図と第2図では、方位の向きがが異なっていますのでご注意してください)。

今回はどんな陥し穴ですか?

下の写真のような楕円形をしており、穴の底中央に3本と右端に3本の穴が見つかりました。シリーズ「陥し穴No.1,No.2,No.3」で紹介した陥し穴とちょっと異なっています。

NO20原町農業高校前PL-64-4段左第28号土坑(西から)450バージョン

陥し穴の状況写真(第28号土坑)

原町001(240)原町001-1(240)

左の図が陥し穴の平面図(へいめんず)、右の図が土層の堆積図(たいせきず)です。

この28号土坑の他に、247号、286号、287号土坑も構造が似ていることから陥し穴と考えられます。

さまざまな形をした陥し穴がありますが、地面に掘られた土坑(どこう)とどこが違うのでしょうか。一般的に「陥し穴」といわれているものについては、動物を捕まえるための土坑で、上面の形が楕円形をしており、底に杭を立てるために小さな穴があけられていたり、底が極端に狭いものなどがあります。杭があるために、この穴に落ちると抜け出すことができません。また、底が極端に狭いため、足が底に届かずはい出ることもできません。このような穴を「陥し穴」と呼んでいます。

今回、紹介しました28号土坑ですが、いつ頃の陥し穴でしょうか。まず周囲に早期の竪穴状の遺構があり、土坑については、早期、中期、後期があります。また、第2次調査では中期の集落が営まれていることなどから、遺物の出土がなくはっきりとしたことは言えませんが、縄文時代早期から中期頃と思われます。

シリーズ山梨県で見つかった「陥し穴」も参考にしてください。

清里バイパス遺跡(遺跡トピックスNo.0094)

南大浜遺跡(遺跡トピックスNo.0098)

桂野遺跡(遺跡トピックスNo.0100)

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について