トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0100 桂野遺跡(笛吹市御坂町)

更新日:2017年6月5日

ここから本文です。

遺跡トピックスNo.0100桂野遺跡(笛吹市御坂町)

底に3つ開けられた陥し穴

底に3つ小穴が開けられた陥し穴

左の陥し穴に3本の杭を

左の陥し穴に杭を入れてみました

お茶目な担当者が、復元してみました

桂野遺跡では、縄文時代前期の終わり頃から中期の後半にかけて集落が営まれていました。縄文時代の人々は、生活のしやすい緩やかな斜面に家を建て、急な斜面には陥し穴などを掘って、生活する場所とわけていたようです。大きく広がる遺跡の中に陥し穴が見つかっているので、家を建てた時代と異なっていたのかも知れません。清里バイパス(遺跡トピックスNo.0094)では、周辺に集落が営まれた家の跡が見つかっていませんし、南大浜遺跡(遺跡トピックスNo.0098)でも見つかっていません。特に南大浜遺跡の陥し穴の時代が縄文時代早期末~前期頃なので、桂野遺跡で見つかった陥し穴もその頃のものなのでしょうか?

 

遺跡トピックスNo.0019(桂野遺跡)もご覧ください。

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

 

笛吹市の遺跡

0014経塚古墳-復元古墳-
0217経塚古墳-内部構造-
0251経塚古墳-石室の石積み-
0280経塚古墳-列石-
0396経塚古墳-八角形の意味-
0019桂野遺跡-石皿・磨石-
0100桂野遺跡-陥し穴-
0111桂野遺跡-前期土偶-
0262桂野遺跡-縄文時代前期の住居跡-
0265桂野遺跡-土器に描かれた物語-
0020四ツ塚古墳群-玉類-
0235四ツ塚古墳群-装身具-
0022狐原遺跡-墨書土器-
0059平林2号墳-副葬品-
0079平林2号墳-青銅鏡-
0102平林2号墳-ガラス玉-
0202平林2号墳-馬具類や装身具類-
0240平林2号墳-勾玉-
0337平林2号墳-勾玉-
0081身洗沢遺跡-田んぼと木製品-
0230身洗沢遺跡-プラント・オパール-
0339身洗沢遺跡-農具の今と昔-
0125水口遺跡-柄鏡形敷石住居跡(1号住居跡)-
0355水口遺跡-敷石住居跡(3号住居跡)-
0135花鳥山遺跡-エゴマ種子塊-
0194花鳥山遺跡-縄文時代の食生活を知る遺物-
0199花鳥山遺跡-世界最大級の縄文土器?-
0406花鳥山遺跡-耳飾り-
0145竜安寺川西遺跡-発掘調査速報-
0155竜安寺川西遺跡-発掘調査速報2-
0165竜安寺川西遺跡-発掘調査速報3-
0179竜安寺川西遺跡-ミニチュア土器-
0147境川中丸遺跡-発掘調査速報-
0157境川中丸遺跡-発掘調査速報-
0181境川中丸遺跡-S字状口縁台付甕-
0148一の沢遺跡-縄文時代中期の住居-
0293一の沢西遺跡-ヒトをモチーフにした土器-
0307一の沢遺跡-縄文土器-
0350一の沢遺跡-みんなで応援しよう!「ミュージアムキャラクターアワード2012」のいっちゃん-
0150稲山遺跡-発掘調査速報-
0160稲山遺跡-発掘調査速報2-
0170稲山遺跡-発掘調査速報3-
0209稲山遺跡-常滑甕-
0229稲山遺跡-すり鉢-
0288稲山遺跡-かわらけ-
0151三光遺跡-発掘調査速報-
0166三光遺跡-発掘調査速報5-
0171三光遺跡-発掘調査速報6-
0186三光遺跡-耳飾り他-
0173二之宮遺跡-食材をふかす道具-
0284二之宮遺跡-置きカマド-
0219亀甲塚古墳-盤龍鏡-
0264亀甲塚古墳-碧玉製管玉-
0234御坂中丸遺跡-縄文時代早期-
0275馬乗山2号墳-甲府盆地最後の前方後円墳-
0331地耕免遺跡-斎串と馬の歯-
0354中丸東遺跡-縄文時代前期の土器と古墳時代の住居跡-
0356石橋条里制遺構-古代の土地区画整理-
0371太鼓畑遺跡-調査概要-
0382六ッ長遺跡-調査概要-

桂野遺跡(かつらのいせき)

旧御坂町から山梨市を望む

旧御坂町(現在、笛吹市)から山梨市方面を望む

遺跡トピックスNo.0098南大浜遺跡(上野原市)に続く第3弾!!

シリーズ山梨県で見つかった「陥し穴」No.3「桂野(かつらの)遺跡」

所在地:笛吹市御坂町上黒駒字桂野

時代:縄文時代前期後半~後期前半

報告書:「桂野遺跡(第1~3次)」山梨県埋蔵文化財センター調査報告書第172集2000年3月

調査機関:山梨県埋蔵文化財センター

 

「桂野遺跡」(かつらのいせき)の発掘調査は、平成8,9,10年度に実施されました。

ここに何がつくられたのですか?

国道137号線の上黒駒バイパスができました。この137号線(旧鎌倉往還)は、旧御坂町から御坂峠を越えて富士河口湖町へ抜ける国道で、途中から旧道へはいって御坂トンネルを抜けると「天下茶屋」があります。この137号線の一部の区間では、坂が急であること、幅も狭いことなどからバイパスが建設されることになりました。

天下茶屋137号線

天下茶屋

何が見つかったのですか?

縄文時代前期末から中期後半(今から約5,000年前から約4,000年前)の住居跡26軒と陥し穴3基、土坑604基、弥生時代の住居跡1軒が見つかりました。そして、遺物では土器や石器が見つかり、特殊な遺物としては、土偶や土製耳飾、土製円盤、ペンダント形土製品などが見つかりました。

調査した面積はどれくらいですか?

第1次調査は1,500平方メートル、第2次調査は4,000平方メートル、第3次調査は12,000平方メートルを発掘調査しました。調査面積の合計は17,500平方メートルで、バイパスの建設ということもあり、距離も長いため調査に3年かかりました。

緩やかな斜面に遺跡がある

緩やかな北東斜面に遺跡があり、遺跡の左側には国道137号線が、斜面の右上方には大堀山(標高760m)が位置しています。

遺跡の標高はどれくらい?

520~590mです。桂野台地一帯に広がる桂野遺跡は、ゆるやかな斜面に集落の遺跡が広がり、比較的急な斜面には陥し穴や土坑が掘られていました。人々は、生活しやすい場所に集落をつくり、生活に向かない場所には、陥し穴などをつくっていたことがわかりました。

調査風景正面の山の反対側

調査風景〔正面の山の反対側に河口湖がある〕

発掘調査風景

発掘調査風景

周辺にも遺跡があるのですか?

桂野遺跡の南東には、駒留小丸遺跡(こまどめこまるいせき)[縄文時代]、西馬鞭遺跡(にしまぶちいせき)[縄文~平安時代]、上の山遺跡(うえのやまいせき)[縄文時代]、中丸遺跡(なかまるいせき)[縄文時代]があり、北西には、文珠稲荷塚古墳(もんじゅいなりこふん)[古墳時代]、荒神塚古墳(こうじんづかこふん)[古墳時代]、屋戸林遺跡(やとばやしいせき)[縄文~平安時代]などがあります。

底に1つ開けられた陥し穴

底に1つ小穴が開けられた陥し穴

左の陥し穴に杭

左の陥し穴に杭を入れてみました

お茶目な担当者が、復元してみました

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について