トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.110銚子塚古墳

更新日:2017年5月11日

ここから本文です。

遺跡トピックスNo.110銚子塚古墳

曽根丘陵公園の遺跡

0028国指定史跡銚子塚古墳-保存修理事業1-
0040国指定史跡銚子塚古墳-保存修理事業2-
0045国指定史跡銚子塚古墳-保存修理事業3-
0096国指定史跡銚子塚古墳-立柱-
0103国指定史跡銚子塚古墳-木製品-
0110国指定史跡銚子塚古墳-火きりんぼう-
0159国指定史跡銚子塚古墳-木-
0318国指定史跡銚子塚古墳-鼉龍鏡-
0335国指定史跡銚子塚古墳-立柱2-
0374国指定史跡銚子塚古墳-壺形埴輪-
0407国指定史跡銚子塚古墳-突出部と周濠区画帯-
0391国指定史跡大丸山古墳-雪におおわれた前方後円墳-
0126稲荷塚古墳-銀象眼大刀-
03334月の中道古墳群-
0388かんかん塚古墳-県内最古の馬具-
0067立石遺跡-山梨最古の旧石器-
0211上の平遺跡-方形周溝墓群-
0299上の平遺跡-地震の痕跡-
0097東山北遺跡-火打ち金-
0192東山北遺跡-方形周構墓-
0290東山北遺跡-ウマの歯と骨-
0353東山北遺跡-鉄製品-
0247東山南遺跡-把手付椀-
0414鍋弦塚と『東山の碑』-

「火きりんぼう」登場!?火きり板出土!!

古墳時代前期(今から約1600年前)の前方後円墳である銚子塚古墳の周溝からは、たくさんの木製品が出土しましたが、今回は2004年度の調査で出土した「火きり板」を紹介します。

木と木を摩擦して火おこしをするときに使われる道具には、回転させる棒状の「火きり杵」とその棒を受ける「火きり板」が欠かせません。銚子塚古墳から出土した火きり板は、板というよりも棒と呼んだほうが良いような形をしています。そこで、「火きりんぼう」と呼ぶことにします。

 

火きりん棒くん

「火きりんぼう」のプロフィール

現存の長さは7.8cm、幅1.7cm、厚さ1.5cm。水に浸かっていったためか、表面がやや黒っぽくなっています。向かって左端は折れたようになっています。臼は2箇所あって一つは未使用です。右側の使用された方をみると、直径約1cm、最大深さが約0.5cmの擂り鉢状をしていて、表面がツルツルしています。左側の未使用臼は、約0.9~1.5cmの範囲に最大深さ0.9cmの刻みがあります。両方とも、最大幅約0.4cmの溝が側面に刻まれています。

火きりんぼう1

写真火きりんぼう

この火きりんぼうはシャシャンボの木で出来ています。シャシャンボはツツジ科の常緑樹で、関東南部以西の本州・四国・九州・沖縄、台湾、中国などに分布しています。現在は、銚子塚古墳の周囲では見かけません。シャシャンボで作られた火きり板は、大阪府利倉遺跡で、古墳時代前期のものが出土しています。この遺跡からは、シャシャンボの火きり杵も出土しています。しかし、全国的にみても、火きり板の材は、針葉樹、とくに杉が多く出土しています。

 

シャシャンボ

写真シャシャンボ

所在地:甲府市下曽根町

時代:古墳時代前期

報告書:

  • 山梨県埋蔵文化財センター調査報告書第35集1988年(昭和63年).3刊行
  • 山梨県埋蔵文化財センター調査報告書第195集2002年(平成14年)3刊行
  • 山梨県埋蔵文化財センター調査報告書第228集2005年(平成17年)3刊行

調査機関山梨県教育委員会・山梨県埋蔵文化財センター

現代の火きり板

現在、埋蔵文化財センターでは、出前支援講座の一つに、火おこし体験があります。5種類の火おこし体験ができます。その中で一番古く、弥生時代から行われていたと考えられる揉みきり式(きりもみ式)火おこしでは、火きり板に杉の木を使い、火きり杵には、うつぎの枝を乾燥して皮をむいたものを使用しています。この方法で火おこしをすると、速い人では、10秒以内で火だねができます。うつぎは、枝の中が空洞になっているために、火きり板の使用した跡が真ん中がでっぱたような形になります。銚子塚古墳から出土した火きり板は、擂り鉢のようにすり減っているため、火きり杵には、うつぎのような中空のものではない木が使用されていたことがわかります。

現代の火きり板1写真現代の火きり板

現代の火きり杵1写真現代の火きり杵

 

引用・参考文献高嶋幸男・岩城正夫1981『古代日本の発火技術-その自然科学的研究』

  • 高嶋幸男1985『火の道具』
  • 佐竹義輔ほか編1989『日本の野生植物木本2.』平凡社

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について