トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0071北田中遺跡

更新日:2017年6月6日

ここから本文です。

埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0071北田中遺跡

甲州市の遺跡

  • 0001古婦毛遺跡-埋甕-
  • 0008大木戸遺跡-水晶製石鏃-
  • 0024大木戸遺跡-前期土偶-
  • 0053大木戸遺跡-緑釉陶器-
  • 0143大木戸遺跡-約6,000年前のイエの跡-
  • 0252大木戸遺跡-中期土偶-
  • 0011一ノ坪遺跡-埋甕-
  • 0032勝沼堰堤-砂防堰堤-
  • 0058勝沼堰堤2-水抜き穴-
  • 0078勝沼堰堤3-銘板-
  • 0074勝沼堰堤-砂防学習公園勝沼堰堤見学会報告-
  • 0033日川水制と上流堰堤群-直轄砂防工事-
  • 0064西畑B遺跡-内耳土器-
  • 0071北田中遺跡-古墳時代甕-
  • 0178影井遺跡-羽釜-
  • 0224安道寺遺跡-動物モチーフ付き土器-
  • 0260安道寺遺跡-土偶
  • 0404安道寺遺跡-不思議な形の土器-
  • 0322県指定史跡-武田勝頼の墓-経石-

北田中遺跡(きたたなかいせき)

tyousa_1_1kita_1_1

写真左調査風景写真右土層断面

 

所在地甲州市勝沼町山字北田中

時代古墳時代・平安時代

発掘調査期間平成18年8月7日~9月15日

調査主体山梨県教育委員会山梨県埋蔵文化財センター

 

北田中遺跡は甲州市を流れる重川の南岸、かつての氾濫原の中にあります。

国道411号塩山バイパス建設事業に伴って行なわれた平成17年の試掘調査で発見され、平成18年の夏に本格的な発掘調査が行なわれました。

調査区域は国道411号と果樹園の間に挟まれており、細長い三角形状をしています。

出土した遺物

kame_1_1

写真土師器甕出土のようす

 

北田中遺跡では、川によって流された土が堆積してできた層の中から、古墳時代の土器が出土しました。

主な遺物としては、ほぼ完全な状態で出土した、古墳時代後期の須恵器(硬質土器)(つき:食器)や、同時期の土師器坏があります。

このほかにも、土器片が大量に出土しましたが、その多くは日常的な煮炊きに使われる甕(かめ)などの破片でした。

 

川のそばに土器が大量にあるという状況は、そこが祭祀の場であったか、または周辺の集落などからそれらの土器が流されてきたことを表しています。

北田中遺跡より出土した土器はこの辺りに住んでいた古墳時代の日常的な生活用具であることから、遺跡の周辺には人々の生活の場である集落が存在したと考えられます。

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について