更新日:2021年3月26日

ここから本文です。

山梨の遺跡発掘展2021デジタルミュージアム
姥神遺跡(うばがみいせき)

所在地:北杜市大泉町西井出

事業名:個人住宅建設

調査期間:令和2年6月17日~7月24日

調査面積:約61㎡

時代:縄文時代

調査主体:北杜市教育委員会

姥神遺跡の概要

 姥神遺跡は八ヶ岳南麓のほぼ中央の緩傾斜地に位置します。今回は個人住宅建築に伴い発掘調査をおこないました。

 調査地点は、昭和61年調査区の南西側にあたり、埋蔵文化財包蔵地に隣接する造成地でした。包蔵地外でしたが、試掘調査の結果、縄文土器・石器が多数出土し竪穴住居跡が確認されたので本調査を実施しました。縄文時代中期後半の住居跡が2軒重複して発見され、第1号住居跡は大型の石囲炉、埋甕が設置されており、炉の奥壁側からほぼ完形の釣手土器が伏せられたように出土しました。今回の調査で姥神遺跡の縄文時代集落範囲が広がることが判明しました。

ギャラリー

姥神遺跡第1号住居跡

第1号住居跡

姥神遺跡第1号住居跡の石囲炉

第1号住居跡の石囲炉(いしがこいろ)

姥神遺跡第1号住居跡の埋甕

第1号住居跡の埋甕(うめがめ)

姥神遺跡第1号住居跡の釣手土器1

第1号住居跡の釣手土器出土状況

姥神遺跡第1号住居跡の釣手土器2

第1号住居跡の釣手土器出土状況

 

展示出土品

 

姥神遺跡の釣手土器

釣手土器(縄文時代)第1号住居跡出土

姥神遺跡の釣手土器裏側

釣手土器(裏側)(縄文時代)

姥神遺跡の釣手土器の顔

釣手土器の顔部分

釣手土器

 釣手土器はほぼ完形で高さ29.5㎝です。正面と裏面に透かし穴が1つずつある二窓式と呼ばれるものです。最大の特徴は顔面表現で、釣手土器は人面表現されているものが多いのですが、まるで動物を思わせる表現になっています。顔から伸びる弧は動物の角にも見え。一見ヤギのように見えますが、縄文時代にはヤギは日本列島に生息しておらず、シカと考えた方がいいかもしれません。いずれにせよ謎めいた顔面表現といえます。

姥神遺跡の縄文土器

深鉢形土器(縄文時代)第1号住居跡出土

姥神遺跡の深鉢形土器

深鉢形土器(縄文時代)第1号住居跡出土

姥神遺跡のX字状把手付深鉢形土器

X字状把手付深鉢形土器(縄文時代)第1号住居跡出土

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について