更新日:2021年3月26日

ここから本文です。

山梨の遺跡発掘展2021デジタルミュージアム
金山遺跡(かねやまいせき)

所在地:富士河口湖町河口

事業名:宿泊施設建設

調査期間:令和2年5月21日~10月21日

調査面積:約330㎡

時代:縄文時代・古墳時代・平安時代

調査主体:富士河口湖町教育委員会

金山遺跡の概要

 金山遺跡は、河口湖北岸の丘陵末端から小扇状地に立地し、宿泊施設建設に先立ち発掘調査をおこないました。

 今回の調査では、縄文時代中期と思われる焼土遺構1基。古墳時代と思われる直径30mm前後の土玉65個を収めた埋納遺構1基。平安時代の第1号竪穴建物跡1軒、竪穴建物の一部と思われる焼土遺構1基、土坑2基を確認しました。第1号竪穴建物跡からは紡錘車、大型刀子、刃物などの鉄製品が出土し、人頭大の巨礫が立てられており工房跡と考えられます。また「仁」の文字が両面に書かれた土師器皿などの墨書土器が出土しました。古代官道の甲斐路の河口駅の推定地からは距離約1kmと近く、河口駅を支える技術集団の集落と考えられます。

ギャラリー

金山遺跡周辺地図

周辺地図

詳細はこちら金山遺跡周辺地図(PDF:1,966KB)

金山遺跡全体図・赤色立体図

全体図・赤色立体図

詳細はこちら金山遺跡全体図・赤色立体図(PDF:247KB)

土玉出土状況(平面)

土玉(どだま)出土状況(平面)

土玉出土状況(断面)

土玉(どだま)出土状況(断面)

金山遺跡第1号竪穴建物跡全景

第1号竪穴建物跡全景

南東コーナー(写真左奥)に角錐形の巨礫が床面
に突出して据えられており工房跡と考えられます。

金山遺跡第1号竪穴建物跡角錐形の人頭大の巨礫

第1号竪穴建物跡南東部の角錐形の人頭大の巨礫

展示出土品

金山遺跡の土玉

 

 

土玉(どだま)(古墳時代)埋納遺構出土

金山遺跡古墳時代の土師器坏

 

 

土師器坏(古墳時代)

金山遺跡S字甕

 

 

S字状口縁台付甕(古墳時代)

金山遺跡の土錘

 

 

土錘(どすい)(古墳時代)

金山遺跡の土師器坏

土師器皿(墨書「仁」)(平安時代)

「仁」の墨書が内外面に書かれた土師器皿(9世紀末)

 両面に墨書が書かれためずらしい例です。「仁」墨書の県内での出土例は、大原遺跡(笛吹市)13点、狐原遺跡(笛吹市)3点など古代官衙・寺院の周辺、また古代の官営の御牧(牧場)周辺の梅之木遺跡(北杜市)10点などが知られています。

金山遺跡の大型刀子

大型刀子(とうす)(平安時代)第1号竪穴建物跡出土

金山遺跡の刃物

刃物(平安時代)第1号竪穴建物跡出土

金山遺跡の紡錘車

紡錘車(ぼうすいしゃ)(平安時代)第1号竪穴建物跡出土

金山遺跡の鉄製品出土状況

第1号竪穴建物跡鉄製品出土状況

詳細はこちら第1号竪穴建物跡鉄製品出土状況(PDF:370KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について