更新日:2021年3月26日

ここから本文です。

山梨の遺跡発掘展2021デジタルミュージアム
福部遺跡(ふくべいせき)

所在地:甲府市落合町

事業名:新山梨環状道路東部区間Ⅱ期建設工事

調査期間:令和2年8月6日~12月1日

調査面積:約1,050㎡

時代:中世

調査主体:山梨県埋蔵文化財センター

福部遺跡の概要

 福部遺跡は甲府市落合地区の濁川・平等川・笛吹川が合流する付近に位置しています。新山梨環状道路東部区間2.期建設工事に伴い、発掘調査を実施しました。

 地表下約2.8mにある地層からは、中世を中心とした土師質土器(カワラケ)、鉄滓(鍛冶行為をした際に出る不純物)、中国で作られた青磁、白磁などの破片や宋銭などの遺物が出土しました。遺構は、畑跡2か所、炭だまり1か所のほか土坑やピットなどを確認しました。

 調査地点の西側には中世から近世の土豪の拠点とされる遺跡が複数点在しており、福部遺跡はこれらを取り巻く集落の生産遺跡である可能性が考えられます。

ギャラリー

あ福部遺跡A区炭だまり遺構

A区 炭だまり遺構

福部遺跡B 区畑跡

B区 畑跡

福部遺跡古銭出土状況

古銭の出土状況

土師質土器(カワラケ)出土状況

御土師質土器の出土状況

展示出土品

福部遺跡の古銭

古銭(中世)

福部遺跡の青磁と土師質土器

鉢(左)と土師質土器(右)(中世)

福部遺跡の鉄滓

炭だまり遺構から出土した鉄滓(※)

※鉄をつくるときにできる鉄くず

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について