トップ > 組織から探す > 観光文化部 > 山梨県埋蔵文化財センター

更新日:2020年10月19日

ここから本文です。

山梨県埋蔵文化財センター

発掘調査

発掘調査情報

遺跡トピックス一覧

富士山の調査

史跡銚子塚古墳へようこそ

作業員募集のお知らせ

資料普及活動

学校教育・生涯学習への協力

講師派遣

研究紀要一覧

刊行報告書一覧

展示会・イベントなど

遺跡発掘展&展示

遺跡調査発表会

埋文シンポ

発掘体験セミナー

遺跡現地説明会

各種イベント

イベントカレンダー

Q&A・用語集・その他

出土文化財のいろいろ

Q&A

まいぶん用語集

空撮写真目録

バナー

山梨県埋蔵文化財センターについて甲府城研究室ダウンロード各種申請書類リンク

お知らせ

イベント

まなぶ

はたらく

令和2年度発掘調査・整理作業員の募集について(PDF:378KB)

発掘作業員・整理作業員募集案内ページへ

埋文センター最新情報

令和2年7月に調査を終了した富士川町内にある旧利根川堤防遺跡の調査速報です。堤防跡からは地域の水害との戦いの歴史を垣間見ることができました。

遺跡トピックスNO.519「抽象文って何? 大木戸遺跡の抽象文土器」

 ookidono4

  縄文時代中期の土器文様に、横向きで上下にくねって口を開けた動物が文様として描かれることがよくあります。下に向かって口を開き、胴体は太く曲がって、尻尾はくねくねと下にのびています。首の付け根からはヒレのような触手が伸びます。胴体の太いヘビのようにもみえますし、うでがあるならヘビではなくサンショウウオみたいな、いやいや水から飛び上がったイルカのようだ、といろいろ想像をかき立てられます。何か動物であることは確かなのですが、何かの動物を抽象化して表現しているのだろうということで抽象文と呼ばれています。ほんとうのところはどうなのでしょうか、その謎にせまってみます。

今週のトピックスを見る遺跡トピックス一覧を見る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について