更新日:2021年7月26日

ここから本文です。

やまなし幼児教育センター

 幼児期は、心も体も、そして人間関係も大きく成長・発達し、生涯にわたる人格形成の基礎を培う重要な時期です。また、この時期の教育の在り方が義務教育及びその後の教育の基礎となります。
そのため、幼児一人一人の発達や特性に応じ、遊びを通した総合的な指導や援助を行うことができる質の高い幼児教育が求められます。
山梨県教育委員会では、諸機関と連携し、社会の変化や課題、幼児教育の現状や本県の特長を明らかにし、生きる力の基礎を培う幼児教育の一層の充実と振興を図るために「やまなし幼児教育センター」を設置しました。

やまなし幼児教育センター

 

お知らせ

  • 令和3年度幼児教育アドバイザー訪問事業の実施要項等を掲載しました(令和3年7月26日)
  • やまなし幼児教育センターのページを開設しました(令和3年3月30日)

質の高い幼児教育の推進

 

ページの先頭へ戻る

発達や学びをつなぐ

 

ページの先頭へ戻る

調査・研究

幼児教育実態把握に関する調査

 本県では、幼児教育の充実を図ることを目的として、県内の幼稚園・保育所・認定こども園や小学校及び家庭等における幼児教育の実態を把握し、「幼児教育振興プログラム」の策定、それに関わる今後の施策の具体化に活用するための調査を行いました。

山梨県幼稚園教育研究協議会

 本協議会は、文部科学省からの委嘱を受けた「幼稚園教育理解推進事業」の一環で、幼稚園の教育課程の編成及び実施に伴う指導上の諸問題、幼稚園を取り巻く子育て支援活動・預かり保育、保幼の連携等に係る諸問題についての専門的な研究協議等を行うとともに、その成果を研究発表会等を通じて情報発信することで、本県における幼稚園教育の振興・充実を図ることを目的としています。

 令和2年度は、2つの協議主題について、事例を基に議論する予定でしたが、コロナウイルス感染症蔓延防止のため、書面による協議を行いました。書面協議や講師の指導・助言により、各委員は実践の改善を行う等、研究を深めてきました。

 本協議会で提案された各園の実践事例の詳細については、「令和2年度山梨県幼稚園教育研究協議会報告書」としてまとめ、各幼稚園等に配付しました。

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会教育庁義務教育課 
住所:〒400-8504 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055-223-1765   ファクス番号:055-223-1759

やまなし幼児教育センター
住所:〒400-0016 甲府市武田4-4-37 山梨大学J号館
電話番号:055-220-8143 ファクス番号:055-220-8145

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について