更新日:2019年1月29日

ここから本文です。

ゆうがお

栽培の歴史

 

南都留地域では古くからゆうがおが栽培され、味噌汁やお吸物の具、しょう油あんかけ等にして食されてきた。一般にかんぴょうの原料として栽培されている「だるま型」のものとは形状が違い、筒状で長い。肉質は「だるま型」と変わりなく、かんぴょうにすることもできる。富士吉田市に青果市場が設立し、ゆうがおの需要も増えてきた昭和40年頃から、都留市内の各地で市場出荷向けの栽培が盛んに行われるようになった。高齢化や価格の低下などから栽培者は減少したが、現在も夏場になるとスーパーや直売所、八百屋の店頭などに並ぶほか、家庭菜園でも多く栽培されており、地域の代表的な野菜の一つとなっている。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部富士・東部農務事務所 
住所:〒402-0054 都留市田原三丁目3-3南都留合同庁舎 2 階
電話番号:0554(45)7830   ファクス番号:0554(45)7833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について